逆張りスキャルピングの基本と応用

反転を狙うトレード手法の基本と応用

FX逆張り投資手法

FXを始めたものの、どんなトレード手法で勝率を上げれるのだろう?と悩みませんか?

ここではトレーダー歴10年をこえる管理人がもっとも良く使う「逆張りスキャルピング手法」を解説します。

管理人は10年間この逆張り投資法を使って生計を立ててきたと言っても過言ではなく、紛れもない逆張り投資家です。

FXで生計を立ててきた

FXは奥が深くテクニカルで様々なトレード手法で勝率を上げている強者のトレーダーが多くいますので、その中の1つの手法として参考にしていただいて結構です。

今日、明日で完璧に逆張りスキャルピング手法をマスターすることは到底できませんが、少しづつ分析能力を高め、実践で活かしながら日々の鍛錬を繰り返しましょう。

トレードスタイルも様々ですので、1つの引き出しとして逆張りスキャルピングを是非学んでみて下さい。



逆張りFX投資手法

まず逆張りとは何なのかについて説明します。

逆張りとは

逆張りとは投資手法の1つでFXだけでなく株式投資やその他の金融投資においても行なわれる手法です。

FXトレードにおける逆張りとは、下降トレンドの相場の反転を狙って買い注文をいれること、上昇トレンドの相場の反転を狙って売り注文をいれることを意味します。

狙いを定める

そして相場チャートのトレンドがそのまま継続してしまえば損失を被ります。

つまり現在の相場におけるトレンドに逆らって反転を狙うことを意味するので逆張りと呼びます。

反対に順張りとはトレンドが継続すると予測して売買注文を入れることを意味します。

関連記事:トレンドとは

FXとは理論的にゼロサムゲームです。

関連記事:ゼロサムゲームとは
FXは引っ張りあいのようなもの

つまり逆張りの人が利益を得る一方、順張りをしている人は損失を被っています。

逆張り順張り関係なく予想が正しかった方の人だけが利益を出します。

逆張りとスキャルピングの相性は抜群

逆張りを使いながらスキャルピング手法を用いることを逆張りスキャルピングと言います。

逆張りとスキャルピングの組合せは投資家の思考心理の関係から、とても相性が良いものであるとされています。

相性が良い

スキャルピングは超短期で売買取引をくり返す手法で、1日で取引を完結させるデイトレよりも更に小刻みに行うトレードです。

関連記事:スキャルピング入門

数秒や数分間の間に相場チャートの価格変動が激しく動くとスキャルピングトレードをするチャンスがやってきて投資家の思考心理に変化が現れます。

その変動によって利益が拡大するならば反転をする前に利益確定をしようという心理が働きます。

そしてポジションを持っていない時は、激しく相場が変動したからそろそろ反転が起こるはずだ、という心理が働きます。

関連記事:ポジションとは

これら2つの心理によって、実際の相場で反転が生じることが多いです。

反転の予想を上手く狙って逆張り買いを実行すれば成功するということです。

関連記事:逆張りスキャルピングならGEMFOREXがおすすめ




トレンド相場でのリスクと勝率を上げる基本の方法

では、逆張りにはリスクや危険性というものがあるのでしょうか?

逆張りにも危険なことはある?

逆張りをする時には、それに伴う危険性を十分に理解しておかなければなりません。

最大の危険は逆張りのポジションをとったにも関わらずトレンドラインが反転せずに同じ方向に継続する場合です。

この状況はまさに、逆張りを入れた自分は損失を被り、逆に順張りを入れている人は利益を手にするという構図が出来上がってしまいます。

逆張りとは「落ちてくるナイフを掴むと」表現されることがあります。

落ちてくるナイフ

ナイフを掴み上げることができれば、つまり相場が反転すれば利益を見込め、逆にナイフの勢いが止まらなければ大損傷(大損失)を受けることになります。

逆張りを狙うときはナイフが落ち続けるかもしれないリスクや危険があることも十分に頭に入れておきましょう。

逆張り手法の勝率を上げる方法

では逆張りの危険を抑える方法も紹介します。

*1つ目は自分で決めた損切りルールを必ず守ることです。落ちてくるナイフの勢いが止まらなくても損切りを決めておけば傷を最小限にとどめることが可能です。

*2つ目は多くの人が反転と判断するような局面だけを狙って逆張りスキャルピングをすることです。基本的な相場の反転を判断できるほどの分析力を付けて、反転を見極められるスキルを少しでも本格的にしていくことが逆張り手法の勝率アップに繋がります。

日々鍛錬




エンベロープ(日本語で封筒)等の指標でシグナル分析

逆張りを使ったその他の手法も紹介します。

ローソク足とストキャスティクスを掛け合わせる手法

逆張りをする上での反転のタイミングを判断するには様々な方法があります。

その1つとしてローソク足とストキャスティクスを用いる手法があります。

関連記事:ローソク足とは
関連記事:ストキャスティクスとは

ローソク足を大きくみていると「w」や「wの逆の形」を形成する時があります。

管理人はこれらが発生すると原則的に相場の反転を示すサイン(シグナル)であると考え出す場合が多いです。

このように自分なりのルールを決めることも重要です。

ストキャスティクスとはトレンドが弱い相場において買われすぎ、売られすぎの指標を表示するツールです。

ストキャスティクスの2本の線がクロスした時が相場の反転と捉える分析材料になります。

ローソク足とストキャスティクスの両方の分析材料をかけ合わせながら反転のサインを素早く判断することが逆張りの勝率を上げるコツです。

エンベロープを活用する逆張り

反転を見極める手法としてエンベロープを活用する方法もあります。

エンベロープという英語を日本語に直すと封筒を意味します。

移動平均線から上下に一定の距離を置いて引いた線のことで3本の移動平均線が並んでいる状態です。

上下の線でローソク足チャートが挟まれて封筒に収まっているように見えるためにエンベロープと呼ばれています。

チャートが線からはみ出したら反転のシグナルと判断するのがエンベロープを活用する手法です。

エンベロープ手法は容易に逆張りスキャルピングのエントリーポイントを決められるのでよく重宝されるテクニックの1つです。
関連記事:逆張りスキャルピングならGEMFOREXがおすすめ




スキャルピングに適した海外FX会社のランキング順位

逆張りは予想した反転が起こらなければ損失を被るリスクがあります。

そのために損切りを行うことを必ず守りましょう。

それでも突然の大暴落などの価格変動により損切りが遅れて大損失を被る可能性もあります。

そのような時でも海外FXではゼロカットと呼ばれる安全なシステムがありますが、国内FXでは殆ど導入されていません。

ゼロカットとは簡単に説明すると、大暴落のようなときにやむを得ず証拠金の範囲内を超えてマイナス(借金になる可能性あり)が生じるはずの時に、マイナスを全て帳消しにしてくれるというシステムです。

全て帳消し

そういった部分も含めて逆張りスキャルピングをするならばゼロカットを導入している海外FXを強くおすすめします。

中でも一押しはGEMFOREXです。

たった3分で口座開設して今すぐ1000倍取引!

GEMFOREXは管理人が5年以上取引している海外FX会社で、毎月2回開催される100%入金ボーナスには必ずエントリーして取引しています。

GEMFOREXにはとんでもない裏技があるので是非チェックして下さい。

関連記事:GEMFOREXの掛け金2倍にさせる裏技GEMFOREXのボーナスを使った裏技

国内FXではスキャルピングに制限を掛けられてしまうので逆張りスキャルピングは海外FXでなければ使うことができません。

その中でもスキャルピングトレード無制限のおすすめ業者のランキングと、それぞれの性格は以下のようになります。

キーワードで記事を探す

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

最新記事

PAGE TOP