GEMFOREXのノースプレッド口座

GEMFOREXのスプレッドはXM等他社と比較しても狭い

スプレッドの狭さはトレードの利益に大きく関わってきます。

GEMFOREXのスプレッドは、基本的には変動ですがノースプレッド口座の米ドル円のみ0.3pipsと固定されています。
この米ドル円0.3pipsだけ見ても他FX会社と比較してもかなり狭いスプレッドです。

このページでは、GEMFOREXの口座タイプ別のスペック紹介、他社とのスプレッドの比較、オススメのトレード方法などを紹介していきます。

GEMFOREXの取引口座の種類

ほとんどの海外FX会社は通常のスタンダード口座とスプレッドが狭いゼロスプレッド口座の2種類の口座を用意しています。

GEMFOREXも同じように、スタンダードタイプの口座であるオールインワン口座と、ゼロスプレッド口座であるノースプレッド口座の2種類があります。

オールインワン口座とノースプレッド口座のスペック比較

こちらがGEMFOREXのオールインワン口座とノースプレッド口座のスペック比較表です。

口座タイプ オールインワン口座 ノースプレッド口座
基本通貨 USD/JPY USD/JPY
ロット数 0.01Lot~ 0.01Lot~
初期預託金 100円($1)~ 30万円($3,000)~
レバレッジ 1,000倍 1,000倍
主要通貨のスプレッド 1.4pip~ 0.0pip~
手数料 無料 無料
予約注文 指値、逆指値 指値、逆指値
チケット単位のロット制限 30Lot 30Lot
ヘッジ可否 ヘッジ可否 ヘッジ可否
利用制限 特に制限はありません。裁量からEA、ミラートレードサービスなど制限なく、1つの口座でご利用頂けます。 裁量トレード専用口座となりますので、EA・ミラートレード利用不可、インディケータ可となります。ボーナス対象外

ノースプレッド口座のオールインワン口座との大きな違いをまとめると、

ノースプレッド口座のオールインワン口座との違い
スプレッドが狭い
初期預託金が30万円から
EA・ミラートレードが使えない
ボーナス対象外

中でもスプレッドの広さは大きく違います。

それでは、オールインワン口座とノースプレッド口座のスプレッドを比較していきます。

スプレッドの比較

以下は主要通貨ペアのオールインワン口座とノースプレッド口座のスプレッドです。

口座タイプ オールインワン口座 ノースプレッド口座
USD/JPY 1.4 0.3
AUD/CAD 2.5 2.4
AUD/JPY 1.6 0.6
AUD/NZD 2.3 1.9
EUR/JPY 1.5 0.5
GBP/JPY 1.9 1.0
NZD/JPY 2.1 1.2
EUR/USD 1.4 0.3
USD/CAD 2.0 0.8

 

GEMFOREXには34種類の通貨ペアが用意されていますが、どの通貨ペアをとってみてもオールインワン口座よりノースプレッド口座の方が圧倒的にスプレッドは狭くなります。

スプレッドは狭いですが、その他でオールインワン口座にない制限もあるので紹介していきます。

メリットとデメリット

ノースプレッド口座のメリットとデメリット

GEMFOREXが2つの種類の口座を用意しているのは、トレードスタイルによって自分にあった種類の口座を選べるようにしてくれています。

オールインワン口座にはないノースプレッド口座のメリットとデメリットを紹介します。

メリット

ノースプレッド口座のメリット
ノースプレッド口座を利用するメリットを確認して自分にあった口座を開設しましょう。

スプレッドは圧倒的な狭さ

何といってもノースプレッド口座の1番の魅力はスプレッドの狭さです。

スプレッドが広いと、同じ利益を得てもスプレッド分がマイナスとなるのでスプレッドは狭ければ狭いほどトレードするにはお得です。

特にトレード回数が多い短期トレードを自分のスタイルとしている人にはノースプレッド口座が合っています。

手数料は0円

手数料は0円

ほとんどの海外FX業者は基本的に低スプレッド口座の場合は取引手数料が必要となりますが、GEMFOREXの手数料は無料です。

いくらスプレッドが狭くても手数料が高ければせっかくの利益を削られてしまいます。

口座タイプ 手数料
GEMFOREX(ノースプレッド口座) 無料
XM(XMZero口座) 10万通貨あたり往復10ドル
AXIORY(ナノスプレッド口座) 10万通貨あたり往復6ドル
TitanFX(ブレード口座) 10万通貨あたり往復7ドル
HotForex(ゼロスプレッド口座) 10万通貨あたり往復8ドル

スキャルピングスタイルがおすすめ

スキャルピングスタイルの方は間違いなくノースプレッド口座でトレードをすると良いです。

GEMFOREXのノースプレッド口座がスキャルピングに向いている理由を3つ紹介します。

・スプレッドが狭い

スキャルピングは小さな利益を狙ったトレードを繰り返すため、手数料がなくスプレッドが狭いノースプレッドはスキャルピングにオススメです。

・約定力が高い

スキャルピングは小さな値幅で利益を狙うので狙った価格で約定することがとても大切になります。

スリッページで約定価格がズレると、小さな利益が更に小さくなってしまい、何度もトレードを繰り返すスキャルピングの場合は小さな損失がトレードの回数分積み重なって大きな損失となってしまいます。

GEMFOREXの約定力は99.79%です。

・最大レバレッジが1000倍

スキャルピングは小さな利益を狙って何度もトレードを行うスタイルです。
高いレバレッジを利用すれば、スキャルピングでも大きな利益を狙うことができます。

デメリット

ノースプレッド口座の注意点
ノースプレッド口座にはオールインワン口座にはない、口座利用に関する条件がいくつか存在します。

ノースプレッド口座のデメリットを確認し、これらの条件が合わない場合はオールインワン口座にするか、はたまた別業者にするか考える必要があります。

ボーナスキャンペーンは対象外

GEMFOREXでは、豪華なボーナスキャンペーンがたくさん用意されています。

新規口座開設時に付与される未入金ボーナスや、入金額と同じ額のポイントが付与される100%入金ボーナスなど定期的にたくさんのボーナスキャンペーンを行っています。

しかしながらこれらのボーナスキャンペーンは、ノースプレッド口座には対応しておらず、オールインワン口座のみとなっています。

ミラートレードとEAの自動売買はできない

GEMFOREXでは、自動売買システムであるMetaTrader4(MT4)上で利用可能なEAとミラートレードが無料で使い放題なのですが、ノースプレッド口座は、裁量トレード専用の口座となるので利用することができません。

こちらもボーナスキャンペーンと同じくオールインワン口座のみで利用可能となります。

初回の入金額は30万円から

オールインワン口座は、未入金ボーナスもあったり初期委託金も100円から可能なのに対してノースプレッド口座は30万円からの初期委託金が必要となります。

30万円と聞くと高そうに感じますが、スプレッドが圧倒的に狭く取引手数料無料という魅力には適わないので初期時のみ30万円の負担は仕方ないと思います。

オールインワン口座から残高を移行することも可能ですので、そちらに残高がある場合は移行してノースプレッド口座を利用するのも良いです。

但し、オールインワン口座で得た未入金ボーナスや100%入金ボーナスは出金することはできません。それらのボーナスを元に得た利益は移動・出金することは可能です。

 

GEMFOREXと他海外FX会社との比較

海外FX会社のスプレッド比較

GEMFOREXは公式サイトにて、昨今のFX業者の低スプレッド争いには参加せずに安定したサービスを提供することに重きを置く旨を宣言しています。

しかし、低スプレッドに注力しないにも関わらずかなりの狭いスプレッドを実現させています。

今、このFX業界では低スプレッド競争が過熱しておりますが、しかし、トレーダーにとって肝心なのはそこではありません。一見、低スプレッドは非常に魅力的に感じてしましますが、そこにはリクオートが潜んでいたり、約定拒否が発生したりと、様々な運営上のバランス調整が存在します。見かけのスプレッドが狭いのがいいFX業者ではなく、タイトなスプレッドでありつつ、約定拒否やスリッページが発生せず、安定した取引環境を提供するなど、大切なのはサービスバランスだと考えます。

GEMFOREXは、非現実的な低スプレッド競争には不参加表明し、快適なサービスバランスを目指します!是非、他社様と比較し、GEMFOREXの現実的な提供スプレッドとサービスバランスを実感下さい。

GEMFOREXの通貨ペアとスプレッドについて

オールインワン口座の他海外FX業者との比較

GEMFOREXのオールインワン口座のスプレッドと、他海外FX業者のスタンダード口座のスプレッドを比較します。

GEMFOREX XM AXIORY TitanFX HotForex
USD/JPY 1.2pips 1.6pips 1.1pips 1.33pips 1.7pips
AUD/JPY 1.6pips 3.3pips 1.9pips 1.52pips 2.3pips
EUR/JPY 1.4pips 2.5pips 1.5pips 1.74pips 1.7pips
GBP/JPY 1.9pips 3.9pips 1.9pips 2.45pips 3.0pips
EUR/USD 1.2pips 1.7pips 1.1pips 1.2pips 1.2pips

ノースプレッド口座の他海外FX業者との比較

GEMFOREXのノースプレッド口座のスプレッドと、他海外FX業者のゼロスプレッド口座のスプレッドを比較します。

他FX業者は基本的に取引手数料が必要となりますが、GEMFOREXは無料です。
比較表の数字は取引手数料を込めた、スプレッド+取引手数料の数字となります。

GEMFOREX XM AXIORY TitanFX HotForex
往復手数料(pips相当) 無料 (+1.0pips) (+0.6pips) (+0.7pips) (+0.8pips)
USD/JPY 0.3pips 1.1pips 0.6pips 1.03pips 1.0pips
AUD/JPY 0.6pips 2.0pips 1.4pips 1.82pips 1.4pips
EUR/JPY 0.5pips 1.5pips 1.2pips 1.44pips 1.2pips
GBP/JPY 1.0pips 1.4pips 1.7pips 2.15pips 1.7pips
EUR/USD 0.3pips 1.1pips 0.9pips 0.9pips 0.9pips

GEMFOREXの口座開設の手順

GEMFOREXのノースプレッド口座の総評
ノースプレッド口座のメリット・デメリットについてみてきましたが、ノースプレッド口座で自分の描くトレードができそうでしょうか。

簡単にまとめると、ノースプレッド口座は、スプレッドが狭く取引手数料が無料なので細かな利益を狙った取引を多く行う人に向いています。

未入金ボーナスや100%入金ボーナスなどのボーナスがなく、EAやミラートレードを利用することができないのでそれらを目的としていた方には向いていないと言えます。

新規口座開設の手順

GEMFOREXのノースプレッド口座の開設の方法を見ていきましょう。

ネット上から簡単に口座開設することが可能です。

GEMFOREXのノースプレッド口座は2018年10月に無制限開放となりました。
2020年になった今も無制限開放は継続中です。

既にオールインワン口座を持っていて、ノースプレッド口座を追加で口座開設する方と、ノースプレッド口座から初めてGEMFOREXの口座を開設する方で口座開設の手順が変わってきます。

 

どちらも簡単に行えますので、ご自身に合った方で口座開設を行ってください。

 

すでにオールインワン口座を持っている方

GEMFOREXにすでに登録済の方でオールインワン口座をお持ちの方はとても簡単にノースプレッド口座を作ることが可能です。

まずは、GEMFOREXのユーザーマイページにログインします。

ユーザーマイページの左側にある、追加口座お申し込みをクリックします。

追加口座お申し込み

追加口座のお申し込み(お一人様5つまで)の中から、日本円口座(ノースプレッド)をクリックします。

日本円口座(ノースプレッド)口座開設

しばらくすると、保有口座リストにノースプレッド口座が追加されました。

保有口座リスト

初めて口座を開設をする方

GEMFOREXで初めて口座登録される方はこちらから。

GEMFOREXにてオールインワン口座もまだ持っていない人は、口座開設フォームから口座タイプを日本円口座(ノースプレッド)を選択し、名前メールアドレスを入力すれば申請完了。

ノースプレッド口座開設
申請をするとすぐに、登録したメールアドレス宛にメンバーシップ登録完了メールが届きます。

ここにマイページへのログインパスワードが記載されています。

続けてすぐに口座登録完了メールが届きます。

トレードスタイルに合せた口座開設

ノースプレッド口座のメリット・デメリットを考慮し、自分のトレードのスタイルに合った口座を選びましょう。

GEMFOREXのスプレッドまとめ
・オールインワン口座、ノースプレッド口座共にスプレッドは狭い
他海外FXと比較してもスプレッドは狭い
・ノースプレッドはスキャルピング向き
・ノースプレッドはボーナス対象外・EA利用不可

ノースプレッド口座は、スプレッドがほとんどなかったり、取引手数料が無料だったりと魅力満載なのですが、なんせ入金が30万と敷居が高めなことが唯一の欠点ですよね。

30万円を用意できそうにない人は、とりあえずオールインワン口座に登録して、未入金ボーナスや100%入金ボーナスなどを駆使してトレードを行い30万円まで残高を増やしましょう。

必要ならそこで貯めた資金をノースプレッド口座へ移動させて運用しましょう。

 

gemforexの「3つ」の魅力

① 日本人経営で金融ライセンスあり

② 安全でとにかく出金が早い   

③ ボーナス2万円で軍資金ゼロ   

Twitterでフォローしよう