GEMFOREXのノースプレッド口座

GEMFOREXのノースプレッド口座の評判は良いのか?

海外FXには、口座タイプを2種類用意しているFX業者がたくさんあります。

どちらもFX業者によって呼び方は違ってくるのですが、2つの口座にはそれぞれ違いがあります。

どういった2種類がある?
・スタンダードタイプ口座(STP)
・ゼロスプレッド口座(ECN)

スタンダードタイプ口座(STP)は、トレーダーから発注があり、FX業者のシステムを介してインターバンクとの売買が成立します。
対して、ゼロスプレッド口座(ECN)は、トレーダーから発注があり、直接インターバンクとの売買が成立します。

ここではGEMFOREXに用意されている、ゼロスプレッド口座(ECN)であるノースプレッド口座の評判について説明します。

ノースプレッド口座とは?

ノースプレッド口座とは?
ノースプレッド口座は、トレーダーの注文を為替ディーラーが間に入らずにインターバンクと直接取引を行うNDD方式での取引が行われます。

NDD方式の中にも、STPとECNがあります。

STPとECNの違いとは
STPは、トレーダーからの発注をFX業者のシステムを介してインターバンクとの売買が成立します。FX業者を介す時にはスプレッドを上乗せしてあります。

ECNは、トレーダーからの発注をFX業者のシステムを介さずにインターバンクと売買を行うのでスプレッドがありません。FX業者には利益から手数料が支払われます。

ECNの中でも、GEMFOREXが用意しているECNが、ノースプレッド口座です。

GEMFOREXにおける取引口座の種類

GEMFOREXに用意された口座は、スタンダードタイプ口座(STP)であるオールインワン口座と、ゼロスプレッド口座(ECN)であるノースプレッド口座があります。

オールインワン口座のオールインワンとは、これは日常でもよく使われる“複数の必要なものがひとつにまとまっていること”です。

ノースプレッド口座のスプレッドとは?

FX取引で通貨を交換する場合に売値と買値で価格に多少の差があります。

この差をスプレッドと言います。

例えば、
日本円/アメリカドルの通貨ペアで、

売値(Bid)が109.48円
買値(Ask)が109.51円 の場合は

売値と買値の差が0.03円(3銭)。
この0.03円(3銭)をスプレッドと言います。
この3銭がコストとしてFX業者の取り分となります。

こちらがオールインワンとノースプレッドのスペック比較表です。

口座タイプ オールインワン口座 ノースプレッド口座
基本通貨 USD/JPY USD/JPY
ロット数 0.01Lot~ 0.01Lot~
初期預託金 100円($1)~ 30万円($3,000)~
レバレッジ 1,000倍 1,000倍
主要通貨のスプレッド 1.2pip〜 0.0pip~
手数料 無料 無料
予約注文 指値、逆指値 指値、逆指値
チケット単位のロット制限 30Lot 30Lot
ヘッジ可否 ヘッジ可否 ヘッジ可否
利用制限 特に制限はありません。裁量からEA、ミラートレードサービスなど制限なく、1つの口座でご利用頂けます。 裁量トレード専用口座となりますので、EA・ミラートレード利用不可、インディケータ可となります。ボーナス対象外。

主要通貨ペアにおけるオールインワンとノースプレッドのスプレッド比較

GEMFOREXには様々な通貨ペアが用意されていますが、どの通貨ペアをとってみてもオールインワン口座よりノースプレッド口座の方が圧倒的にスプレッドは狭くなります。

以下は主要通貨ペアのオールインワン口座とノースプレッド口座のスプレッドです。

口座タイプ オールインワン口座 ノースプレッド口座
USD/JPY 1.2 0.3
EUR/USD 1.2 0.3
USD/JPY 1.2 0.3
AUD/CAD 2.5 2.4
AUD/JPY 1.6 0.6
AUD/NZD 2.3 1.9
EUR/JPY 1.4 0.5
GBP/JPY 1.9 1.0
NZD/JPY 2.1 1.2
EUR/USD 1.2 0.3
USD/CAD 1.5 0.3

 

ノースプレッド口座のメリットとデメリット

ノースプレッド口座のメリットとデメリット
先ほどの、オールインワン口座とノースプレッド口座の比較表にあるようにそれぞれに良いところ悪いところ・できることできないことが存在します。

オールインワン口座にはないノースプレッド口座のメリットとデメリットを紹介します。

ノースプレッド口座のメリット

ノースプレッド口座のメリット
ノースプレッド口座のメリットを考えて、自分にはオールインワン口座よりノースプレッド口座の方が向いている・得があると思えばノースプレッド口座を開設しましょう。

スプレッドは圧倒的な狭さ

ECNは、STPと違って、トレーダーから発注があった後にFX業者のシステムを介さずにそのままインターバンクとの売買が成立しますのでスプレッドがかなり狭いのです。

スプレッドが広いと、同じ取引をしても利益を圧迫するだけなので、スプレッドは狭ければ狭いほどトレードするにはお得です。

手数料は0円

手数料は0円
ECN口座の場合は、スプレッドとは別に取引手数料が掛かってきます。
そんな中、GEMFOREXのノースプレッド口座の場合は手数料が無料です。

また、ECN口座の取引手数料は必要経費とみなされるので、確定申告の際に経費として計上することが可能です。

他者のFX業者は取引手数料を取っている中、GEMFOREXのノースプレッド口座は取引手数料無料、スプレッドは圧倒的な狭さとなります。

 

GEMFOREX
ECN:ノースプレッド口座:取引手数料なし

 

AXIORY
ECN:ナノスプレッド口座:取引手数料あり

 

TitanFX
ECN:ブレード口座:取引手数料あり

 

XMTrading
ECN:XMZero口座:取引手数料あり

 

スキャルピングも可能

スキャルピングは小さな利益を狙ったトレードを繰り返すため、ECNは基本的にスプレッドが狭いのでスキャルピングに向いているとされています。

GEMFOREXのノースプレッド口座の場合はスプレッドも狭く手数料も無料なのでスキャルピング目的での口座を探している人にはぜひともオススメです。

ノースプレッド口座であるが故の条件と注意点

ノースプレッド口座の注意点
ノースプレッド口座にはオールインワン口座にはない、口座利用に関する条件がいくつか存在します。

希望するtradeを行うにあたってこれらの条件が合わない場合はオールインワン口座にするか、はたまた別業者にするか考える必要があるのでしっかりと確認しておきましょう。

ボーナス・キャンペーンは対象外

GEMFOREXでは、たくさんにボーナスキャンペーンが用意されています。
新規口座開設時に付与される未入金ボーナスや、入金額と同じ額のポイントが付与される100%入金サービスなど定期的にたくさんのボーナスキャンペーンを行っています。

しかしながらこれらのボーナスキャンペーンは、ノースプレッド口座には対応しておらず、オールインワン口座のみとなっています。

ミラートレードとEAの自動売買はできない

GEMFOREXでは、自動売買システムであるMetaTrader4(MT4)上で利用可能なEAとミラートレードが無料で使い放題なのですが、ノースプレッド口座は、裁量トレード専用の口座となるので利用することができません。こちらもオールインワン口座のみで利用可能となります。

初回の入金額は30万円から

オールインワン口座は、未入金ボーナスもあったり初期委託金も100円から可能なのに対してノースプレッド口座は30万円からの初期委託金が必要となります。

30万円ときくと高そうに感じますが、スプレッドが圧倒的に狭く取引手数料無料という魅力には適わないので初期時のみ30万円の負担は仕方ないと思います。

オールインワン口座から残高を移行することも可能ですので、そちらに残高がある場合は移行してノースプレッド口座を利用するのも良いですね。

但し、オールインワン口座で得た未入金ボーナスや100%入金ボーナスは出金することはできません。それらのボーナスを元に得た利益は移動・出金することは可能です。

 

スプレッドの狭い他の海外FX会社との比較

海外FX会社のスプレッド比較
中でもGEMFOREXのECNノースプレッド口座は他者の海外FX業者と比較しても圧倒的にスプレッドが狭くなっています。

 

GEMFOREX
ECN:ノースプレッド口座:0.0pips~

 

AXIORY
ECN:ナノスプレッド口座:0.3pips~

 

TitanFX
ECN:ブレード口座:0.2pips~

 

XMTrading
ECN:XMZero口座:0.0pips~

 

GEMFOREXのノースプレッド口座の総評

GEMFOREXのノースプレッド口座の総評
ノースプレッド口座のメリット・デメリットについてみてきましたが、自分の描くトレードができそうでしょうか。

簡単にまとめると、ノースプレッド口座は、スプレッドが狭く取引手数料が無料なので細かな利益を狙った取引を多く行う方に向いている。

未入金ボーナスや100%入金ボーナスなどのボーナスがなく、EAやミラートレードを利用することができないのでそれらを目的としていた方には向いていないと言えます。

GEMFOREXのノースプレッド口座開設の手順

それでは、GEMFOREXのノースプレッド口座の開設の方法を見ていきましょう。
ネット上からとても簡単に口座開設することが可能です。

GEMFOREXのノースプレッド口座は2018年10月に無制限開放となりました。
2019年になった今も無制限開放は継続中です。

既にオールインワン口座を持っていて、ノースプレッド口座を追加で口座開設する方と、ノースプレッド口座から初めてGEMFOREXの口座を開設する方で口座開設の手順が変わってきます。

 

どちらも簡単に行えますので、ご自身に合った方で口座開設を行ってください。

 

すでにオールインワン口座を持っている方

GEMFOREXにすでに登録済の方でオールインワン口座をお持ちの方はとても簡単にノースプレッド口座を作ることが可能です。

まずは、GEMFOREXのユーザーマイページにログインします。

ユーザーマイページの左側にある、追加口座お申し込みをクリックします。

追加口座お申し込み
追加口座のお申し込み(お一人様5つまで)の中から、日本円口座(ノースプレッド)をクリックします。

日本円口座(ノースプレッド)
しばらくすると、保有口座リストにノースプレッド口座が追加されました。

保有口座リストにノースプレッド口座が追加

初めてノースプレッド口座を開設をする方

GEMFOREXにてオールインワン口座もまだ持っていない人は、口座開設フォームから口座タイプを日本円口座(ノースプレッド)を選択し、名前とメールアドレスを入力すれば申請完了。

口座開設申請
申請をするとすぐに、登録したメールアドレス宛にメンバーシップ登録完了メールが届きます。ここにマイページへのログインパスワードが記載されています。

続けてすぐに口座登録完了メールが届きます。

ノースプレッド口座にチャレンジするための秘訣

ノースプレッド口座にチャレンジ
ノースプレッド口座は、スプレッドがほとんどなかったり、取引手数料が無料だったりと魅力満載なのですが、なんせ入金が30万と敷居が高めなことが唯一の欠点ですよね。

30万円を用意できそうにない人は、とりあえずオールインワン口座に登録して、未入金ボーナスや100%入金ボーナスなどを駆使してトレードを行い30万円まで残高を増やしましょう。

そこで貯めた資金をノースプレッド口座へ移動させて、運用しましょう。

ノースプレッド口座についての評判についてみてきましたが、それぞれのトレードスタイルがあることでしょう。

・毎日深夜にトレードを行う人
・早朝トレードを行っている人
・平日だけのトレードと決めている人
・ゴールデンウィークも休まずトレードをしている人
・今年からFXを始めた人
・2006年や2010年頃から始めて本日に至る人
・FXを使って小銭を稼ぎたい人
・一攫千金大儲けを狙っている人

FX利用者が増えれば増える程たくさんのスタイルが生まれます。

ノースプレッド口座のメリット・デメリットを考慮し、自分のトレードのスタイルに合った口座を選びましょう。

 

 

Twitterでフォローしよう