レジスタンスラインがFXの勝敗を決める!?

FX(為替)のテクニカル分析をネットで勉強したりチャートで相場を予測しても、予想とは反対にレートが上昇や下落することを体験した人もいるかもしれません。

実はFXのチャートに「ある線」を引くだけで今後のFXの相場が分かってしまうものがあります。

それがまさに「レジスタンスライン」「サポートライン」です。

管理人もレジスタンスラインやサポートラインを利用し、今後のFXの為替相場の流れを予想しています。また実際に利益を上げることができるのです。

レジスタンスラインを利用して利益を上げる

今回はFXのテクニカル分析でも必須のレジスタンスラインやサポートラインについての解説と、今後レジスタンスラインを利用して損失を抑えて勝率アップに繋がる必勝法を紹介していきます。

FXのレジスタンスラインとは一体何なのか?

FXのチャート分析や相場の流れを読むためにも重要なのが「レジスタンスライン」と「サポートライン」と言われるライン(線)です。

FXの相場を読むためにはレジスタンスラインが必要

FXや株などの投資を行うときには必ず分析が必要になります。FXには主に2つの分析方法があり、FXチャートを用いて行うテクニカル分析と経済の状況で判断していくファンダメンタルズ分析です。
参考:ファンダメンタルズ分析とは

今回はテクニカル分析を用いてレジスタンスラインやサポートラインについての解説を詳しくしていきます。

FXにおけるレジスタンスライン(上値抵抗線)とは

レジスタンスラインとは「上値抵抗線」と言われることもあります。英語にするとレジスタンスは反対という意味もありそこから来ています。

FXのレジスタンスライン(上値抵抗線)

レジスタンスラインはチャートの中の上値を結んだラインのことを指します。

基本的にはレジスタンスラインを上に越えないようFXの相場が反発し、上昇と下降を繰り返す傾向があります。

またレジスタンスラインまで通貨の価格が上昇する場合売りの注文が多く入るため、再度FXのレートが下降していきます。

FXにおけるサポートライン(下値支持線)とは

サポートラインとは「下値支持線」と言われることもあります。英語にするとサポートは支持という意味もありそこから来ています。

FXのサポートライン(下値支持線)

サポートラインはチャートの中の下値を結んだラインのことを指します。

基本的にはサポートラインを下に越えないようFXの相場が反発する傾向があります。

レジスタンスラインとは反対に、サポートラインまで通貨の価格が下降する場合買い注文が多く入るため、再度FXのレートが上昇していきます。

次に、FXのチャートのレジスタンスラインやサポートラインを活用した売り方や買い方について説明していきます。

テクニカル分析:使用方法と勝率アップの手法

ここからはFXにおけるレジスタンスラインやサポートラインの使用方法や利益を上げる稼ぎ方について解説していきます。

レジスタンスラインの使用方法と利益の上げ方

レジスタンスラインやサポートラインの引き方や稼ぎ方も至ってシンプルです。

初心者でも利用できるFXの手法なので、レジスタンスラインやサポートラインを活用して勝率を上げていきましょう。

ここでは3つをトレンド別に紹介していきます。

下降トレンド:レジスタンスラインでテクニカル分析

まずはFXのチャートに下降トレンドが発生した場合です。レジスタンスラインはサポートラインとは反対で、2つ以上の「上値」を繋ぎ合わせて形成します。

下降トレンドのレジスタンスラインで売りをする

基本的にレジスタンスライン付近まで通貨の価格が上昇して来ると反発してまた下降をしていく傾向があります。

よって、レジスタンスラインまで上がった時に「売り」の注文を入れます。

レジスタンスライン付近で売却をすることで高く売ることができ、下降トレンドの流れに乗り通貨の価格が低くなってから購入(決済)しましょう。

また値動きがラインよりも上へ突き抜けない限りは下降トレンドが継続していくため、ここでもトレンドの流れに沿って利益の拡大を狙えます。

ここで下値を繋いでラインに達して買い注文をすることと同じなのでは?と思う人もいるかもしれません。
上記のトレード方法は下降トレンドが急降下した際に損失が大きくなるリスクがあるため、下降トレンドの場合は上値を繋げるレジスタンスラインを引きましょう。

上昇トレンド:サポートラインでテクニカル分析

次に、FXのチャートに上昇トレンドが発生した場合は、2つ以上の「下値」を繋ぎ合わせてサポートラインを形成します。

上昇トレンドのサポートラインで買いをする

基本的にサポートライン付近に通貨の価格が下降して来ると反発してまた上昇していく傾向があります。

そのため、サポートラインまで下がった時に「買い」の注文を入れます。

サポートライン付近で購入することで安く買うことができ、上昇トレンドの流れに乗り通貨の価格が高くなってから売却(決済)をしましょう。

また値動きがラインよりも下へ突き抜けない限りは上昇トレンドが継続していくため、ポジションを保有して利益の拡大が狙えます。

サポートラインもレジスタンスラインと同様、上昇トレンドで上値にラインを引いてしまった場合リスクを伴います。
特にトレンドが急上昇した場合に損失を伴う可能性があるため、上昇トレンドの場合は下値を繋げるサポートラインを引きましょう。

横ばいトレンド:両ラインででテクニカル分析

最後はFXのチャートに横ばいトレンドが発生した場合は、安値にサポートライン、高値にレジスタンスラインをそれぞれ引きます。

レジスタンスラインとサポートライン

横ばいトレンドではこのラインの間を上昇と下降を繰り返します。

価格が上がったサポートライン付近では「売却」し、価格が下がったレジスタンスライン付近では「購入」します。

ポイントとしては2点以上の高値同士をレジスタンスラインで、安値同士をサポートラインで結び、FXの相場が傾いていないのかを確認しましょう。

横ばいトレンドの場合は値動きが小さいため、上記のようにFXの相場が高くなりレジスタンスラインに来た時に売却、安くなる時にはサポートラインに来た時に購入という逆張り手法で行っていくことがおすすめです。
参考:逆張りとは

横ばいトレンドの場合は、レジスタンスラインとサポートライン両方に線を引くことでより正確な値動きが分かります。

初心者が注意するべきポイント「ダマシ」とは?

テクニカル分析で注意するポイントとは

上記の様にレジスタンスラインやサポートラインを用いてFXチャートを利用してテクニカル分析をしていると、FXの相場が法則とは違う値動きをする場合も見受けられます。

例えば、レジスタンスラインやサポートラインを越えたにも関わらず、トレンド転換が起きずにまた元のトレンドが続くなどの場合もあります。

FXではこの現象を「ダマシ」と言います。

基本的には法則通り相場が動くFXですがレジスタンスラインやサポートラインの存在が絶対的ではありません。
法則に従わない場合もあるということを頭の片隅に入れておきましょう。

FXにはダマシと呼ばれる動きがある

レジスタンスラインやサポートラインを引いた後に、法則とは違う変化した値動きをしても、ダマシであると理解しておくだけでも損失となるリスクを防ぐことが可能です。

GEMFOREXのデモ口座でまずは練習を

今回はFXのチャートでサポートラインやレジスタンスラインを利用したテクニカル分析についてのポイントを解説してきました。

初心者の人の中にはまだ実際のFXで行うのは不安という人がいれば、FXの解説動画で勉強したり、FXデモトレードやFXバーチャルトレードでサポートラインやレジスタンスラインを実際に引いて練習してみるのも良いでしょう。

FXをデモトレードで練習する人

通常MT4というツールを利用してFXのトレードを行っていきますが、デモトレードでも同じツールやオプションまでも利用できるのは国内FX会社ではなく海外FX会社です。

中でも管理人がおすすめするのは海外法人のFX会社であるGEMFOREXです。
海外FXであればレバレッジも高くて利益も効率良く狙いやすいです。

理由として無料でデモトレードの口座を開設でき、さらに本番のFXの口座も開設するだけでボーナスが貰えるからです。
参考:GEMFOREXデモ口座開設

初期費用を抑えたい、お小遣いの限りがあるという大学生や主婦も生活費からお金を出さずにFXのトレードができるのは嬉しいお話です。

さらにボーナスの評判がとても良いGEMFOREXでは入金ボーナスが不定期で開催されているので、お金が貰えるキャンペーンが行われている時期を狙って入金することがポイントです。

GEMFOREX

今すぐ口座開設手順を見ながら口座開設

FX取引用の口座開設をしておくとキャンペーンのお知らせが自動で来るので、その時に入金してお金をゲットしましょう!

ボーナスゲットに成功したら次は実際にFXで利益を上げていきましょう。