逆張りとは?利益を積み重ねる逆張り手法も紹介

順、逆張りFX投資法

FXトレードで「逆張り順張り」という言葉をよく耳にすることと思います。

これは一体何でしょうか。

順張りという言葉は後ほど說明します。

逆張りは「相場がそろそろ逆に反発するかも」と自己分析で狙いを定めて買いか売りにポジションを取ることをいいます。

関連記事:ポジションとは
狙いを定める

実は、トレーダー歴10年以上の管理人は逆張り投資家で、FXトレードをする時にメインで使う手法です。

ここでは逆張りが一体どういうものなのかを解説をして、そのリスクや具体的な取引手法を説明します。

逆張りを活かしたスキャルピングトレードやデイトレなどは利益を重ねることに魅力があります。

さらに逆張り投資法は取引回数も多くゲーム感覚のような面白味があります。

積み重なる大きな利益を出した時の快感は格別なものです。

FXトレード手法における代表的な逆張り手法とは、どのような魅力があるのか見ていきましょう。




どんな意味?FX投資手法?トレンドに乗る順張り?

まずは逆張りがどういうものかということから説明します。

逆張りとはなに?

逆張りとはその名の通り相場の流れに逆らうFXにおける取引手法を意味します。

価格の相場が急激に下落した時に買い注文を入れたり、反対に相場が急騰した場合に売却したりする方法で、難易度の高い取引手法です。

逆張りは難易度の高い取引手法
特に優れた投資手法ではないですが、なぜかこの取引手法を頻繁に使うトレーダーが多いです。

安く買いを入れたい、資金に余裕があるトレーダーには向いている取引手法かもしれません。

安く買おうとしているのに資金に余裕がある人という部分が矛盾していそうに考えられます。

逆に損切りをするのが苦手な思考の性格の人は逆張りは向いていません。

これらの理由は後ほど説明します。

逆張りと順張りの違いとは

逆張りの反対の投資手法として順張りがあります。

単順に逆張りの反対の意味とすれば簡単に理解できるかもしれませんが、順張りとは別の言い方をすれば相場の流れに乗っかる投資手法です。

順張りとは相場の流れに乗っかる投資手法

価格相場が上がっている時に買いに入り、価格相場が下がっているときには売りに入るということで、逆張りとは全く逆の手法です。

逆張りと順張りの違いは、買いと売りのタイミングです。

逆張りは急落している時に買いに入るのに対して、順張りは相場チャートでいう上昇トレンドラインに乗っかって買いに入ります。

こういったタイミングだけでなく思考自体の違いもあります。

順張りは相場の動きが正しいと考えて実行するのに対して、逆張りは相場の動きが今から変わるだろうと自身の分析が正しいと判断しているパターンが多いです。




特性が原因でリスクもあるが、勝率が高く利益率も良い

次は逆張りをすることでどういったリスクがあるのか説明します。

無意識な逆張りに注意

FXや株式投資の初心者だけに言えることではないですが、安いから買ってみよう、高いから売ってみようと考えて知らぬ間に逆張りの取引をしているパターンは多いです。

なぜならば逆張りの概念は、安くて買いやすいというように、投資への障壁が低く感じられるためだと考えられます。

FXトレードの初心者や勝率の低い段階では、自己資金に余裕がないために安上がりに済ませようという思考になりがちです。

自己資金に余裕がないために安上がりにすませよう

そのためそのような思考からの逆張りの投資手法をすることはお勧めしません。

逆張りだけでなく、どんな投資手法であれチャート分析をしっかりとした上での取引がなされるべきです。

簡単な根拠で逆張りをすると、たまたまうまくいくことがあれど、曖昧なまま知らないうちに大損失を出してしまう可能性があるので注意をしておきましょう。

逆張が危険な理由

逆張りを好んでトレードする人は多いですが、それがリスクだと考える人も多いです。

なぜ逆張りにはリスクがあるといわれるのかは、取引手法の特性に原因があります。

逆張りは高い確率での成功が期待される投資手法でありますが、暴落時に買いをいれてしまいそのままの下降するトレンド相場が加速した時に大損失してしまう危険も潜んでいます。

相場トレンドが加速して大損失になる危険がある

時にはやむを得ず損切りをしなければならない局面もあり他のトレード手法よりもリスクがあるとも言われます。

リスクがあり自身の分析能力を信じて取引をするため、敷居が高いと感じる投資手法ですが、利益率は高く、コツさえつかめれば勝率もあげられるものでもあります。

自己資金に余裕があればFX逆張り手法を積極的に取り入れても良いかもしれません。




指標予想の分析手法と反発狙い手法、損切りについて

次は逆張りを活かした取引手法を2つほど紹介します。

ストキャスティクスで分析する逆張り手法

FXをする時に一度に長時間やるのではなくなるべく短時間での取引で完結させたい場合はスキャルピングに使える逆張りのトレード手法が有効です。

ローソク足とストキャスティクス(トレンドのない相場での買われすぎや売られすぎを判断する逆張りのためのツール)を活用して分析します。

関連記事:ローソク足とは

まず1分足か5分足チャートにてストキャスティクス表示をして、天底(相場の最高値と最安値)を分析しましょう。

そしてローソク足のパターンをさらに分析していきます。

逆張りなので買いの時は、ダブルボトム、トリプルボトム、逆三尊。

売りの時はダブルトップ、トリプルトップ、三尊。

その中でも逆三尊のパターンが最も勝率が高いです。

表示させたストキャスティクスの2本の線のクロスとローソク足の反転の形が同時に発生する時に有利なポジション(売買注文)を取ることができます。

いかに正確な指標を予想できるかが重要になるので分析力が求められますが、それほど難しいものでもありません。

反発を狙う逆張り手法、スキャルピング

逆張りを使ったもう一つのトレード方法は反発を狙ったスキャルピング手法です。

関連記事:スキャルピングトレードとは

相場が急騰したり急落した時に反発して少し戻ってくるという減少がFXではあります。

この反発を狙ってスキャルピングで利益を重ねることができます。
スやるピングの魅力

スキャルピングトレードはこれを行うタイミングが非常に重要なテクニックで、上手く見極めることができれば大きな利益を狙えます。

但し、反発してこないでそのまま上昇や下落が続くことがあるので損切りのタイミングを間違えないように注意しておかなければなりません。




逆張りはGEMFOREXがお勧め

FXトレードにおいて逆張りは中級以上のトレーダーにおすすめする手法です。

とくにスキャルピングトレードによく使われる手法で管理人もこの手法で逆張りを狙うトレードがメインです。

なにより細かく利益を積み重ねるところが非常にゲーム感覚に近くて1番自分に合っています。

利益を積み重ねるところがゲーム感覚に近い

損切りしてマイナスをだす時も当然ありますが、トータルしてかなりプラスで利益を出しています。

ストキャスティクス等の逆張りの基本的なテクニカル分析を使うことも勿論ですが、それよりも毎日の数十回のスキャルピングトレードをする上で失敗要因と成功要因を自分の中で必ず納得していきながらスキルをアップデートしていきます。

そうすることによって知らぬ間に自分だけのセオリーといいますか分析能力のコツというものが備わってきます。

そうなってきたらしめたものです。

あとはなるべく損をしないで場数を踏んでいけばいつの間にか本格的なスキャルピングトレーダーになっていることと思います。
強者のトレーダー

管理人はそんな道を辿ってきたのでぜひ初心者トレーダーの方もぜひ積極的に場数を踏んで挑戦してみてほしいものです。

スキャルピングで利益を重ねた時の快感はたまりません。

ということで逆張りのスキャルピングをするなら借金リスクのないゼロカットを導入している海外FXが断然おすすめです。

中でもGEMFOREXであれば自己資金ゼロでFXを始められるボーナスキャンペーンも定期的に開催しているのでぜひチェックしてみて下さい。

ちなみに管理人も100%入金ボーナスキャンペーンに毎月欠かさずエントリーしています。


Twitterでフォローしよう