海外FXのハイレバトレード

FXには海外FXと国内FXの2つに大きく分けられますが、あまり一般的に知られていない海外FXにはどのような魅力があるのでしょう。

国内FXと海外FXの両方を合わせて10年以上トレード経験してきた管理人がお教えしましょう。

海外FXのメリットはハイレバトレードとゼロカットです。

ここではハイレバとゼロカットとは一体何なのか、そしてハイレバのメリットを活用したトレード手法まで解説します。
両建てイメージ

ハイレバとゼロカットの2つの要素を同時に上手く扱えれば、それは「ローリスク・ハイリターン」と捉えられます。

そんなことがあり得るのか?と疑問を持たれるかもしれませんが理論的には正しいです。

管理人からすれば、まさに知らぬが損です。

是非海外FXのハイレバとゼロカットの良さを知ってもらい、国内FXのリスクの高さを知ってもらいたいものです。




海外FX業者の少額投資のやり方と、無借金のメリット

まずは海外FXにおけるメリットとしてハイレバとゼロカットを紹介します。

少額投資で利益を狙うハイレバ

海外FXのメリットとしてまず挙げられるのは、ハイレバトレードです。

ハイレバとは、FXにおけるレバレッジ倍率の高い取引のことをいい、自己資金の証拠金よりも何倍もの掛け金を掛けてハイレバレッジ取引をすることを言います。

FXとは自己資金を担保の証拠金として預入れて、このハイレバレッジ取引をすることが醍醐味です。

レバレッジはその名の由来からてこの原理からきており、小さな力で大きなものを動かすというやり方からきています。

てこの原理から一攫千金のイメージもできることと思います。

国内FXでもハイレバレッジ取引はできますが最高倍率は25倍までと規制されております。

一方、海外FXは日本の規制の監督下には置かれていないのでレバレッジへの規制はありませんので100倍以上のハイレバトレードが殆どで、中には1000倍を超えるような海外FX業者もあります。

中でもGEMFOREXであれば自己資金ゼロでFXを始められるボーナスキャンペーンも定期的に開催しているのでぜひチェックしてみて下さい。

ちなみに管理人も100%入金ボーナスキャンペーンに毎月欠かさずエントリーしています。


例えば自己資金が1万円の時、25倍のレバレッジ取引をすると25万円の取引ができます。

この時に為替変動により2%の動きがあるとするならば5千円の利益を狙える計算になります。

一方、海外FXで1000倍のハイレバトレードができるとした場合、必要な自己資金はたったの250円で済みます。

為替変動が2%動いたとした時の利益5千円は証拠金の20倍にも相当します。

ハイレバ1000倍を使って、たった250円から5千円を稼ぎ出したことになりますね。

関連記事:1000倍ハイレバトレードのできるGEMOREX
関連記事:GEMFOREXならたった5分で取引開始

海外FXのゼロカットのメリット

海外FXにおける2つ目のメリットは追証なしのゼロカットシステムです。

国内FXではトレードをしている時に含み損失が膨らむと担保として預けている証拠金の維持率が下がっていきます。

各業者によって定められた証拠金維持率よりも下回らないよう、追加で証拠金を預け入れるよう求められます。

これを追加証拠金といい略して追証と言います。

追証が発生した場合は自己資金の預入により取引中のトレードは継続できますが、預け入れなかった場合は強制ロスカットが実行されてトレードを強制的に終了させられます。

関連記事:強制ロスカットとは

強制ロスカットは証拠金維持率に応じて作動しますが、万が一の事態(スイスフランショック、リーマンショックなど)が起きた場合、FX業者側も制御のできない事態に陥る可能性があります。

業者側も制御できない

緊急事態により強制ロスカットさえも通り越して自分の証拠金の範囲内を越えたマイナス(負け)が発生する可能性があるということです。

マイナスが大きすぎるということは自己資金の範囲を越えていることと同じですので、事実上の借金を背負うこととなります。

一方、海外FXでは追証を求められることはありません。

ゼロカットシステムが作動するからです。

ゼロカットとは簡単に言うと、緊急事態に発生する証拠金の範囲内を越えたマイナスを全てゼロとして帳消しにしてくれるというシステムです。

追証を求められて緊急事態のマイナスによる損失保証をしてもらえない国内FXよりは海外FXのゼロカットは非常にリスクの低い仕組みだと言えます。

関連記事:ゼロカットとは




ハイレバトレードのリスク回避

これまでの說明でおおよそ理解していただけたと思いますが、ハイレバが危険でギャンブルのようだという考え方は実は先入観に過ぎません。

先入観

むしろ国内FXでのレバレッジ取引が危険のように感じていただけたと思います。

ハイレバトレードにてリスクを抑えて利益を狙うためには海外FXのゼロカットシステムを利用するだけなのです。

トレード歴10年以上の管理人は国内、海外の両方でハイレバトレードをしてきました。

FXトレーダーたちの意識として、海外FXのハイレバは危険だという先入観は想像以上に強いように思います。

しかしながら管理人の出した答えはこれです。

国内は海外ほどのハイレバがなく機会損失で、とんでもない追証による借金の可能性がある。

海外はハイレバでの勝ちの可能性が高く、ゼロカットで借金の心配は一切いらない。

いかがでしょうか。実にこの通りの状況をトレーダーの皆さんにも分かっていただけたらと思います。




おすすめトレード方法は超短期取引と計算高い窓埋め

次はハイレバトレードを活用してできる具体的なトレード手法を解説します。

1000倍ハイレバスキャルピングトレードのシュミレーション

スキャルピングトレードと呼ばれるもので、超短期間(数秒から数分単位)で多数回のトレードを繰り返す手法です。

超短期間でのトレードになるので1回に取れる利益も小さいですが、この超短期トレードを何回も繰り返すことで利益を積み重ねていく方法が醍醐味です。

そしてこの多数回行なわれていくスキャルピングにハイレバトレードを組み込むことで全ての利幅を大きくしていくことがこのトレード手法の魅力です。
利益を積み重ねる効率を上げる

1万円の証拠金で1000倍のハイレバを掛けた時、1000万円分のトレードが可能です。

この時為替変動が0.1%だったとしても1回のハイレバトレードで1万円の利益を出せますので、これを10回繰り返すだけで10万円の利益を出すことができます。

もちろん予測に反した動きがでてもゼロカットが作動して大損失(借金)のリスクも伏せぐことが可能です。

窓埋めによるハイレバトレード

ハイレバトレードを活用してできるもう一つのおすすめトレード手法は窓埋めのハイレバトレードです。

まず窓開けという言葉があります。

窓開けとは、為替チャートにおけるローソク足の間に大きな空間が生じている状態を言います。

関連記事:ローソク足とは

窓開けは外国為替市場が週末にクローズした時の終値と翌週にオープンした時の始値において大きな価格差がある場合に生じます。

為替市場がクローズしてる間に相場が動く大きな出来事があることにより翌週のオープンの際に売買が激しくなるときに起こる現象です。

為替チャートにおいて窓が開いたように見えるのでこのように呼ばれます。

そして窓埋めとは、窓開けに伴う反動による値動きのことを言います。

ローソクチャート上で開いた窓が閉まるように見えることからそう呼ばれます。

100%とは言いませんが、窓開けの原因のニュースなどの要因を精査しながらファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の両方の側面から窓埋めを予測計算することでより高確率な窓埋めのハイレバトレードができます。




最高満足度の海外FX会社GEMFOREXがおすすめ

ハイレバトレードにはリスクが伴いますが、海外FXにて採用されているゼロカットシステムにより大損失(大借金)からのリスクを回避できます。

そしてハイレバトレードを活用したハイレバスキャルピングと窓埋めハイレバトレードの効率的な利益を狙える手法も紹介しました。

国内FXでは海外FXほどのハイレバは取り入れられておらず最大25倍の規制があります。

ハイレバをするためには海外FXを使うことが必須になってきます。
海外FX

このサイトでは管理人が自ら体感したうえで安心と信頼のおける厳選した海外FX業者をおすすめします。

ボーナス面、安心面、サービス・サポート面などさまざまな側面から各FX業者の格付評価もしていますのでぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事:海外FX業者の格付評価

その中でも総合評価をすると、管理人のイチオシはGEMFOREXです。

自己資金ゼロでFXを始められるボーナスキャンペーンも定期的に開催しているのでぜひチェックしてみて下さい。

ちなみに管理人も100%入金ボーナスキャンペーンに毎月欠かさずエントリーしています。


Twitterでフォローしよう