レバレッジなしでFXをするとより安全に利益を狙える

FXにはレバレッジを使うことが醍醐味とされていますが、ではもしレバレッジなしで取引をした場合はどうなるのでしょうか。

実はFXにてレバレッジなし取引をした場合は、本質的に外貨預金と同じような資産運用の仕組みに当てはめられます。

ではFXのレバレッジなし取引と外貨預金では、何が違うのでしょうか、またどちらが有利な投資なのでしょうか。

それはFXのレバレッジなし取引です。

長年のトレード経歴にて管理人の行っているトレードスタイルは、海外FX会社を利用してFXのレバレッジなし取引にて自己資産80%を運用し、残りの20%をハイレバレッジのスキャルピングトレードです。
何もないところから資産を増やせる

近年は仮想通貨FXも取り入れていますが、それも飽くまで自己資産の20%以内に含みます。

外貨預金をするなど、資産運用を考えられているならばFXのレバレッジなし取引を使った資産運用を学んでみましょう。

管理人も長年にわたり、実際に実行している方法なので堅実なトレードスタイルとして自負しています。




FXでレバレッジなしで長期的に安全に大利益を狙う

FXといえばレバレッジというものがあり、国内FXであれば最大25倍、海外FXであれば数千倍ものレバレッジを掛け金に活用し取引をすることができます。

関連記事:レバレッジとはFXのレバレッジでローリスク・ハイリターンを狙う方法

では、もしレバレッジ無しで取引をした場合はどうなるのでしょうか。

レバレッジなしでFXの取引をするということは、つまり自己資金として入金した金額の同額の掛け金(証拠金)で取引をすることと同じになります。

実はレバレッジなしであっても長期的に投資をすれば大きな利益を狙える可能性があります。

そしてFXにおける通貨ペアを上手く選択すれば安全にスワップ金利を多く受け取ることも可能です。

関連記事:スワップ金利(スワップポイント)とは毎日スワップポイントがもらえる預金のような感覚

さらには、FXのレバレッジなし取引を外貨預金などと比較すると手数料が圧倒的に安いという魅力があります。

FXにおけるレバレッジなし取引があるという選択肢も頭の中に入れておきましょう。




外貨預金に無しの魅力(毎日高金利、満期無しで安全)

では、FXのレバレッジなしと外貨預金の違いをもう少し深く解説します。

国内FXでは最大25倍のレバレッジを掛けることができます。

仮に40万円の自己資金ならば1000万円の取引が可能です。

つまりレバレッジなし取引ならば、FXの取引においてレバレッジ1倍を掛けて40万円の自己資金で40万円の取引をするということです。

外貨預金とは、その名の通り外貨にて預金をすることです。

日本のマイナス金利政策により、日本円の預金では金利に期待を持つことができないことから自己資金を高金利の外貨に交換して預け入れておくことが外貨預金です。

FXのレバレッジなし取引と外貨預金は說明だけを読むと違うことのようですが、同じことのようでもあります。

結論から言うとFXのレバレッジなし取引が断然魅力があります。

その詳しい内容を解説していきます。

FXのレバレッジなし取引は外貨預金よりも高金利

FXのレバレッジなし取引では外貨預金よりも高金利なスワップポイントが受け取ることができます。

FXにおけるスワップポイントは外貨預金の金利よりも高めに設定されているので、近年では外貨預金の代わりにFXのレバレッジなし取引での運用をする人が増加しています。

FXのレバレッジなし取引は毎日金利が貰える

FXのレバレッジなし取引であればスワップポイントとして毎日金利を受け取ることが可能です。

一方、外貨預金では一般的に半期または四半期に一度づつのような形で金利を受け取ります。

FXのレバレッジなし取引の毎日受け取れる手軽さも外貨預金よりも優れています。

FXのレバレッジなし取引なら、いつでも日本円に換金できる

外貨預金には契約満期というものがありその時点が訪れるまでは途中解約が原則的にすることができません。

一方、FXのレバレッジなし取引であればいつでも安全に解約をすることができます。

さらには、FXのレバレッジなし取引は土日を除けば24時間いつでも保有している外貨を直ぐに日本円に換金することができるメリットもあります。

FXのレバレッジなし取引は外貨預金よりも手数料が160倍も安い

外貨預金に比べてレバレッジなし取引は取引手数料も安いです。

日本円で外貨を購入する時、外貨預金における為替レートはレバレッジなし取引よりもにおおよそ1%高く、預けていた外貨を日本円に再び売却すると、往復で2%の手数料になります。

一方FXのレバレッジ取引であれば為替レートが往復でおおよそ0.012%に定められています。

よく見ると、おおよそ取引手数料は160倍もの違いがあります。

手数料とは言え侮れません、レバレッジなし取引が外貨預金よりも断然に優れていることを実感できることと思います。




やり方の一例(強制ロスカットも無しで安全)

次は、レバレッジなし取引の一例を上げてみます。

*トルコリラ/円
*レバレッジなしで買い注文エントリー
*数ヶ月、数年で利益確定

買い注文のタイミングがとても重要になってきます。

月足チャートを見ながら過去1年間の最も安い価格帯に合わせて購入しましょう。

あとは利益が大きく生じるまで待ちます。

損失が出る可能性は0%ではありませんが、過去1年間の最安値よりも価格が高くならないことはほぼないです。

そして、FXのレバレッジなし取引ですので長期的な視点で見ながらスワップ金利も大きく期待します。

トルコリラのスワップ金利はおおよそ年利で7%です。

株式投資の平均的な利回りは年利5%と言われているのでFXのレバレッジなし取引の方が有利です。

その他、利回りの良い外貨として管理人のおすすめは豪ドル、NZドルがおすすめです。

エントリー時期や最安値などの兼ね合いを考えながらチェックしてみると良いと思います。

因みにFXのレバレッジなし取引では強制ロスカットはほぼないです。

仮に証拠金維持率が50%だとして、レバレッジなし(1倍で現物価格)のFX取引の場合。

1USD=80円で1万通貨分のUSDを購入したならば、証拠金が80万円となります。

もし証拠金維持率が50%となるのであれば、1USD=40円とならなければなりません。

こんなことは現実的に起こるようなことではないので例外として考えて大丈夫です。




高倍率取引も同時可能なゼロカット(借金回避)の会社

ここまでの解説を総括すると外貨預金にはあまり魅力を感じられないと思いますが、今もなおシニア層へ根強い人気があります。

その理由は単純で、シニア層の人々にとっては銀行に安心感と親近感があります。

しかし、FXは若者へ断然に人気があります。
FXは若者に外貨預金はシニア層に人気

インターネット上で全てが完結できて、銀行のような窓口でのやり取りというものが殆どありません。

関連記事:FXと外貨預金どっちが儲かる?

そういった理由もあり「取引手数料」や「金利」の安さの違いが顕著に出ています。

というわけで、外貨預金を少しでも考えているならば、代わりにFXのレバレッジなし取引を活用することをおすすめします。

因みに、管理人の投資方法は、外貨預金による運用の代わりに資産の80%をFXなしレバレッジ取引にて運用をしながら残りの20%をハイレバレッジによるスキャルピング手法を使い取引しています。

レバレッジなし取引と、ハイレバレッジFXの両方を最大レバレッジ1000倍トレードのできるGEMFOREXで行っています。

GEMFOREXは海外FX会社ですのでゼロカットシステムが導入されているので、証拠金マイナス時の強制ロスカットの心配や、借金の心配も一切ないメリットもあります。

またGEMFOREXでは定期的(毎月2回程度)に100%入金ボーナスキャンペーンが開催されるので、そちらの方には必ず入金してエントリーしています。

かなりお得な裏技として使えるのでチェックしてみてください。

因みにGEMFOREXは、たった3分でトレード開始できます。

関連記事:GEMFOREXの100%入金ボーナスキャンペーンとは


Twitterでフォローしよう