逆張りの手法でも勝てるFX!

逆張り手法でFXで儲けていく方法とは

FXの取引を始めた読者の中にはどのようなFXの手法を利用していけばいいのかと悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

実は基本的なFXの手法として「順張り」と「逆張り」が存在しております。順張りと逆張りの手法を利用し、規則に沿ったFXを行っていくことで利益が出せます。

順張りと逆張りを理解する人

また順張りと逆張りのどちらの手法をFXで行っていけばいいのか分からなくても、この解説を読んだ後には、自分が順張りと逆張りどちらに向いているのかと分かるようになるはずです。

FXを始めて10年以上経つ管理人は大きな利益を出すためにも《逆張り》の手法をよく利用しています。

それでは実際に「順張り」と「逆張り」の手法とは何なのか、またそれらのメリットやデメリットを通して鉄板の稼ぎ方を見ていきましょう。

基本的な戦略と利益を狙っていく方法

FXの基本的な戦略として「順張り」「逆張り」という手法があります。

順張りと逆張りをFXのレートの動きに合わせてどのような流れで行っていくのかという違いです。

FXのレートの動き方には相場が上昇していく「上昇トレンド」、下降していく「下降トレンド」、昇降を繰り返し動きが少ない「横ばいトレンド(レンジ相場)」の3つがあります。

上昇トレンドと下降トレンドと横ばいトレンドのチャート

これらの相場の時にどのようにFXの取引を行っていくかが重要になりますが、手法はいたってシンプルです。

FXの日足などのローソク足チャートで相場が分からなくても、FXチャートにインジケーター(indicator)というい指標を表示させることで視覚的に分かりやすくなります。

今後、順張りや逆張りのどちらの手法を行っていけばいいのかもちゃんと理解できるようになります。


FXの順張りという手法とは

順張りの手法は、一定方向へ動くFXのトレンドに合わせて利益を得ていく手法です。

トレンドが上昇している時に安い価格で購入し、
トレンドが下降している時に高い価格で売却し利益を得ます。

FXの順張りの説明のためのチャート


FXの逆張りという手法とは

逆張りの手法とは、FXのトレンドの方向とは反対に転換を狙って利益を得ていく手法です。

トレンドが上昇している時に今後下降するだろうと予想し高い価格で売却し、
トレンドが下降している時に今後上昇するだろうと予想し低い価格で購入し利益を得ます。

FXの逆張りの説明のためのチャート


順張りで利益を拡大させていく方法

FXの手法「順張り」のメリットとデメリットについて解説していきます。

FXの手法:順張りのメリット

利益を拡大させることが可能

ダウ理論の記事で解説している通り、明確なシグナルが出るまではトレンドは継続していきます。
参考:ダウ理論とは

つまり一度トレンドが発生すると継続する傾向があります。

適切なポイントでエントリーと決済をすることで、順張りの手法を用いて利益を出すことが可能です。

順張りと逆張りについて確認する様子


FXの手法:順張りのデメリット

レンジ相場で利益を見込むことが難しい

順張りはトレンドの流れに沿ったFXの手法なので、トレンドの動きがないレンジ相場では
順張りを用いて利益を出すことは難しいです。

また相場全体の中でレンジ相場は7~8割、上昇トレンドと下降トレンドは2~3割と言われています。
そのため、FXでの順張りの手法はエントリーするチャンスが少ないということも言えます。


逆張りで勝率アップ

次にFXの手法「逆張り」について確認していきましょう。

逆張りの手法は順張りとは違いダウ理論による明確な言及がありません。
利益は伸ばしにくいですが、その反面で細かく利益を確定することができます。

またトレンドが転換された場合には大きな利益を見込むことができるFXの手法だと言えます。

逆張りは大きな利益を見込める手法

それでは逆張りの手法についてのメリットとデメリットについてもしっかりと確認していきましょう。


FXの手法:逆張りのメリット

レンジ相場時にも利益を得やすい

相場の動きが少ないレンジ相場では一定の幅をレートが昇降しています。

この幅で上限もしくは下限のラインに触れると高確率で価格が反転していきます。
この時に逆張りの手法を利用すると利益を得ることができます。

逆張りでレンジ相場でも高確率で利益を得られる

また前述したようにFXの取引では7~8割がレンジ相場と言われています。
レンジ相場では逆張りを行える機会が多く、利益を出せるポイントです。


FXの手法:逆張りのデメリット

難易度が高い

初心者にとっては逆張りは少々難しいFXの手法になります。
なぜなら発生しているトレンドとは逆方向に進んでいくという確固たる要素をFXチャートから分析する必要があります。

また予想がつきにくく、トレンドと反対にどれだけレートが進んでいくのかなども考えなければなりません。


FXの手法と各々の狙い方

上記で順張りと逆張りのメリットとデメリットを説明してきました。

実際にFXを行う時に自分は順張りか逆張りどちらの手法を利用してFXの取引をしていけばいいのかと疑問に思う人もいると思います。

順張りと逆張りどちらの手法を利用するか迷う人

そこで順張りと逆張りのFXの手法どちらに向いているのか、またそれぞれの手法を効率的に使える稼ぎ方について公開します。


順張りの手法がおすすめ:FX初心者や初中級のFXトレーダー

すでに解説したように、逆張りの手法はトレンドが転換されることを予想して相場とは反対にエントリーをして行く手法です。

FXのトレンドが転換されるという確実な根拠や自信がまだないFX初心者のトレーダーは堅実的に順張りをしていく手法を取ることをおすすめします。

初心者は順張りでFXを行うことがおすすめ

FXにはトレードの手法も様々ありますが、1日のうちに売買を完結させるデイトレードでは、トレンドの流れに沿って順張りをすることで一定の利益を見込むことができます。

スキャルピングという短時間の間で売買を行うFXのトレードでは、順張りをすることで高確率で利益を得ることができます。

トレンドは一定期間の間上昇や下降が続くので、単純に小さな利益を積み重ねることで勝てるFXのトレードを行うことができます。

利益になればすぐに決済して利益確定(利確)をすることもおすすめです。


逆張りの手法がおすすめ:中上級のFXトレーダー

逆張りは難易度が高く、中上級のFXトレーダーやプロ向きと言えます。

逆張りの手法で勝っていくためには、FXのトレンドの転換点をチャートの中から見つけなければなりません。

そして、FXの相場の流れが変わるタイミングを見計らって注文や決済をする判断力が必要です。

プロが逆張りでFXをしている様子

FXのトレードも十分に慣れてきてFXチャートの推測もできるようになってきたら、逆張りの手法を利用して大きな利益を積み重ねていくことも可能です。

逆張りの手法ではFXのトレードの転換ポイントを見つけることさえできれば大きな利益が見込めます。

トレンド転換になる一番安い時期に購入し、一番高い時期に売却をすることができれば、1回のFXのトレードで大きな利益を得ることが可能の手法がまさに逆張りです。


FXの手法とおすすめ海外FX業者

順張りと逆張りに向いている人ということで各々説明してきましたが、順張りと逆張りの両方の手法をFXで利用することも良いでしょう。

FXのトレンドの流れに沿って順張りで確実に利益を出しつつも、トレンドの転換ポイントが把握できれば、その後に逆張りの手法で攻めていくことも可能です。

FXの取引はギャンブルとは違い、法則通りに行うことが勝つFXに繋がっていきます。

FXは規則通りに行うことで勝つ

利益が出ているときは問題ないですが、反対に損失が出てしまった時は自分の財産を守るためにもいかに損失を少なく済ませられるかが重要になってきます。

FX初心者にありがちですが、もう少し待ったら損失を取り戻せるという勝手な判断をして損失を大きくしてしまっては傷口に塩を塗るようなものです。

事前に損切りするラインを決めておき、規則通りにFXの手法を利用してFXトレードを行っていくことも勝つために大切なポイントです。

GEMFOREX

今回はFXの手法である順張りと逆張りについて解説してきましたが、まずはFXの取引を行ってみて慣れてコツを掴むことが重要です。

管理人がランキングで1位として愛用中の「GEMFOREX」という海外FXの口座はレバレッジが1000倍などと高くかけることができるので、順張りの手法でFXの少ない利益を積み重ねていくときにも高レバレッジの設定をして効率よく稼いでいくことができます。

3分で口座開設も可能なのでぜひこの機会にFXの口座開設の申し込みをしてみてはいかがでしょうか?

GEMFOREX

今すぐ口座開設 手順を見ながら口座開設

今回は順張りと逆張りの手法について説明してきました。
ちなみに管理人のFXの主なトレード方法は逆張りのスキャルピング派です。

逆張りとスキャルピングの方式がよく分かる記事もあるのでぜひ参考にしてみてください。
参考:逆張りとスキャルピングのトレード方法とは(2018年)
参考:スキャルピングとは(2019年)

Twitterでフォローしよう