GEMFOREX のロスカット水準は?他 FX 業者との比較など

気になるGEMFOREXのロスカット水準について

GEMFOREXのロスカット水準は20%マージンコールは50%です。

国内FXの水準はだいたい50%なのに対して、海外FXはほとんどのFX会社が20%となります。
この水準が低い方が強制決済される可能性は下がります。

このページでは、基礎知識の解説から証拠金維持率の計算方法やレバレッジとの関係、有効証拠金を増やして回避する方法やGEMFOREXがロスカットに強い理由などを説明していきます。

ロスカットとは?

ロスカットとは?

まず最初に、ロスカットとは何か?

ロスカットが行われるタイミングや条件などについてみていきましょう。

ロスカットとは?

ロスカットとは、注文をしてポジションを持った状態で、決められた水準の含み損が出たら強制的に損切りされるルールです。

強制的に決済されると聞くとトレーダーにとっては不利益なルールに聞こえますが、ロスカットはトレーダーの資金を守るルールです。

ロスカットルールが無い場合、予想に反した結果になっても自ら決済をしない限り含み損は増え続けてしまいます。

そこでロスカットがあれば、大きな損失を負う前に強制的に決済をして損失を拡大させずに止めてくれます。

証拠金維持率とは?

ロスカットは決められた水準の含み損が出た時点で強制決済されると先述しましたが、“決められた基準”のことをロスカット水準と呼びます。

このロスカット水準には証拠金維持率が大きく関わってきます。

証拠金とは、FX口座にある残高のことで取引を行うに当たって担保となるお金を指します。

証拠金維持率とは、取引している金額に対する証拠金の割合を指します。

詳しく説明していきます。

必要証拠金

まずは必要証拠金について。

必要証拠金とは、取引に最低限必要となる証拠金です。

最大レバレッジが1000倍のGEMFOREXの場合は、1000万円のポジションを保有する為の必要証拠金は、1万円です。

1000万円(注文する合計金額)÷1000(最大レバレッジ1000倍なので)=1万円(必要証拠金)

有効証拠金

続いて、有効証拠金とは?

FX口座残高となる証拠金から、評価損益を差引した金額を有効証拠金と言います。

(例)
FX口座に証拠金が、5万円あるとします。

保有ポジションの評価損益がプラス1万円の場合は、有効証拠金は6万円となります。

5万円(証拠金)+1万円(評価損益)=6万円(有効証拠金)
※スプレッドは0とします。

証拠金維持率の計算方法

これらを利用して、先ほど説明した証拠金維持率の計算式に当てはめていきます。

有効証拠金÷必要証拠金×100=証拠金維持率

に、必要証拠金を1万円として当てはめると、

有効証拠金(6万)÷必要証拠金(1万)×100=証拠金維持率(600%)

というように、ロスカットにとって大切な数字となる証拠金維持率を導き出すことができます。

証拠金維持率に関して理解が浅いと、トレードを行うに当たってとてもリスクになるのでしっかり理解しておくことをオススメします。

GEMFOREXのロスカット水準は20%

パソコンに向かってロスカット水準の比較している人

GEMFOREXのロスカット水準は20%です。

証拠金維持率が20%以下になれば強制ロスカット決済が行われます。
(2018年12月10日以前は証拠金維持率50%以下でロスカットでした)

これはミラートレード・EAを利用してもmam口座であっても同くロスカットは行われます。

GEMFOREXなら初心者でも理論上利益が出る両建てを利用したアービトラージという取引方法でも20%を切ればロスカットは執行されます。

マージンコールは50%

GEMFOREXのマージンコールは50%です。

マージンコールとは、ロスカット水準20%が近づいてきた時にFX会社の方で決められた証拠金維持率になれば、もうすぐロスカットですよ!とお知らせをしてくれるサービスです。

GEMFOREXの場合はGemForexに登録したアドレスに、メールによってマージンコールが通知されます。

他社との比較

ロスカット水準はFX業者によって様々です。

GEMFOREXとその他の海外FX業者のロスカット水準を比較してみます。

FX業者 最大レバレッジ ロスカット水準
GEMFOREX 最大1000倍 20%
iforex 最大400倍 0%
XMTrading 最大888倍 20%
TitanFX 最大500倍 20%
AXIORY 最大400倍 20%

海外FXのメジャーどころは、GEMFOREX含めほぼほぼロスカット水準は20%となっています。

iforexのみロスカット水準0%と、他業者に比べてロスカットされにくくなっています。

しかし、iforexは他業者と比べて最大レバレッジが低めに制限されていますので、同じ通貨数での取引を行った場合に最大レバレッジが高い業者とくらべて必要証拠金が高くなるのでスタート時点から証拠金維持率が低い状態からのスタートとなります。

具体的なGEMFOREXのロスカット例

黒板にGEMFOREX のロスカットを説明している人

それでは、どれくらいの値動きがあった場合にロスカットされてしまうのかを、実践をイメージしてリアルな数字を入れて説明していきます。

実際のトレードではMT4・MetaTrader 4(MT5非対応)にログインして行います。

改めてお伝えしておくと、GEMFOREXのロスカット水準は、証拠金維持率が20%以下になった場合です。

証拠金維持率の計算式は以下になります。

有効証拠金÷必要証拠金(注文価格/最大レバレッジ)×100=証拠金維持率

FX口座に1万円の残高があります。

1ドル=100円の時に1lot(10万通貨)を購入します。

100円×10万通貨=1000万円(1000倍レバレッジを利用して、必要証拠金は1万円)

有効証拠金(1万円)÷必要証拠金(1000万/1000倍=1万円)×100=証拠金維持率(100%)

この証拠金維持率が100%から20%になるには?

逆算して考えると

有効証拠金(??円)÷必要証拠金(1000万/1000倍=1万円)×100=証拠金維持率(20%)

この計算式に当てはめると、有効証拠金が2000円になると証拠金維持率が20%となるので、有効証拠金が元の1万円から8000円減ってしまうとロスカットとなります。

有効証拠金が8000円減るということは、レートがいくら変動した場合かというと、

8000円÷10万通貨=0.08円

0.08円レートが下がることでロスカットとなってしまいます。

0.08円と聞くと、ほんの少しだけの変動でロスカットされてしまうということですね。

小さなレートの変動でもできるだけロスカットされないようにするには、FX口座の残高を増やして有効証拠金を増やすと証拠金維持率を保つことが出来てロスカットされにくくなります。

資金に余裕がある場合はこの方法で対処することが可能です。

レバレッジとの関係

改めて、
GEMFOREXのロスカット水準は20%。GEMFOREXの最大レバレッジは1000倍です。

ロスカット水準にレバレッジは大きく関わってきます。

レバレッジが高いほど証拠金維持率の変動は大きくなる

レバレッジが高いほど、証拠金維持率の変動は大きくなります。

例を出して説明しますと、

レバレッジ25倍の例

FX口座に5万円あるとします。

そこでレバレッジ25倍をかけて100万円分(1万通貨)の注文を出します。

必要証拠金は4万円。有効証拠金は5万円です。

この時点での証拠金維持率は、

5万円÷4万円×100=証拠金維持率125%

ここで1ドル=99円に変動するとします。

すると1円×1万通貨=1万円の損失となるので有効証拠金が4万円になります。

4万円÷4万円×100=証拠金維持率100%

となります。

レバレッジ100倍の例

FX口座に5万円あるとします。

そこでレバレッジ100倍をかけて400万円分(4万通貨)の注文を出します。

必要証拠金は4万円。有効証拠金は5万円です。

この時点での証拠金維持率は、

5万円÷4万円×100=証拠金維持率125%

ここで1ドル=99円に変動するとします。

すると1円×4万通貨=4万円の損失となるので有効証拠金が4万円になります。

1万円÷4万円×100=証拠金維持率25%

同じ1円の変動で比較すると、レバレッジ25倍の場合は証拠金維持率が25%下落したのに対して、レバレッジ100倍の場合は証拠金維持率が100%下落しています。

高いレバレッジを掛けることはロスカット水準となる証拠金維持率に注意と確認が必要です。

回避する方法

強制ロスカットを完全に回避することはできませんが、ロスカットされにくくする方法を紹介します。

FX口座残高を増やす

証拠金維持率は必要証拠金に対する有効証拠金の割合で計算されます。

有効証拠金が減少すれば証拠金維持率も下がってロスカットされる可能性が高まります。

ポジションでの損失が増えて有効証拠金が減少してきても、FX口座残高に入金をすることで有効証拠金を増やして証拠金維持率を高めることができます。

ただし、この方法はロスカット回避する為の施策であり大きな損失につながる可能性もあるので最終手段とお考えください。

その他にロスカット回避のためにポイントは、先述しましたが大きなレバレッジには注意することです。

GEMFOREXが強い理由

GEMFOREXが他業者に比べてロスカットに強い理由を説明します。

ボーナスは証拠金に使える

ボーナスを証拠金として払っている画像

GEMFOREXの豪華すぎるボーナスキャンペーンは有名です。

新規口座開設することで2万円分のボーナス得られる“未入金ボーナス”や、入金した金額と同じ分のボーナスがもらえる“100%入金キャンペーン“、その他にも”お友達紹介キャンペーン“”他社から乗り換えキャンペーン“など様々なボーナスキャンペーンを定期的に行っています。

もちろん、GEMFOREXのボーナスは証拠金として利用することが可能です。

GEMFOREXのボーナスをゲットすることで有効証拠金が増え、ロスカットされにくくすることが可能です。

GEMFOREXボーナスキャンペーンの詳細についてはこちらの記事をどうぞ

サーバーダウン中に起きた例

サーバーダウンが起きて困っている人

2019年4月10日にGEMFOREXのサーバー障害が起きました。

その際GEMFOREXユーザーはログインすることができなく、何もできないままロスカットされていた方々もいたようです。

しかし、このトラブルに対してのGEMFOREXの対応が話題になりました。

なんと、サーバー障害でトレードができなくて出た損失に対して補填を行ったのです。

通常、同じ様なことが起こった場合はメールで謝罪文を送って終わりくらいの対応が多い中、このGEMFOREXの対応は神対応だと話題になり、GEMFOREXはサポートが素晴らしいと逆にGEMFOREXは評判上げました。

海外の会社なのに、サポートが日本語対応していたり、サポートスタッフに日本人がいたりと、トラブルが起きた時でも日本語で相談できるので安心できます。

レートの変動によるロスカット以外のシステム障害などから起きるロスカットなどは、サポートサービスが充実しているGEMFOREXなら安心です。

GEMFOREXの評判についてはこちらの記事をどうぞ

GEMFOREXなら安心

GEMFOREXのロスカットについてまとめると、

GEMFOREXのロスカットまとめ
・ロスカット水準は、証拠金維持率20%・マージンコール50%
・海外FX業者はほとんどが同じ水準20%
・レバレッジが高いと証拠金維持率の変動は大きくなる
・追証などロスカットを防ぐ方法はある
・システム障害中のロスカットに対してGEMFOREXは損失補填を行った過去あり

ロスカットがあることで、自分の望んでいないタイミングで損切りされることがありますが、それは資産を守るためのシステム。

1000倍レバレッジ、豪華ボーナスやサポート体制などGEMFOREXはロスカットに強いFX業者です。
是非、新規口座2万円ボーナスを利用してGEMFOREXを利用してみてください。

 

gemforexの「3つ」の魅力

① 日本人経営で金融ライセンスあり

② 安全でとにかく出金が早い   

③ ボーナス2万円で軍資金ゼロ   

Twitterでフォローしよう