「TITANFX」の入金出金の安全性や評判

FXトレードにも慣れてきてだんだんFXの面白さも分かってくると、スキャルピング手法を使った取引に興味が湧いてくることと思います。

そこで選択肢として入れて欲しい海外FX業者の一つとしてTITANFXがあります。海外FX業者を選ぼうとする時には

「日本人トレーダーが多くて安心?」
「スキャルピング向け?」
「ビットコインが使える?」

などさまざま気になるテーマがありますが、TITANFXは本格志向のスキャルピングを好む日本人トレーダーに適しているFX業者です。

ここではTITANFXの特長とスペックにフォーカスして分かりやすく内容を集約したのでぜひ参考にしてみてください。きっと業者選びの手助けになることと思います。

TITANFXは安全?入金出金など評判は?

ではまずTITANFXにおける評判と安全性について説明していきます。

トップレベルの銀行で信託保全

TITANFXはFXをはじめとする様々なCFD(差金決済取引)を取り扱う海外FX業者です。

ニュージーランド証券投資委員会NZFSPから金融ライセンスを取得しており世界の銀行ランキングでトップレベルのナショナルオーストラリア銀行(NAB)による信託保全にて資金管理をしています。

NAB銀行は6000億ドル以上の資産を保有する大企業でもありますので倒産リスクとしての不安は全く要らないと思います。

TITANFXの24時間サポート体制

またTITANFXは日本語での電話、ライブチャット、メールサポートに24時間対応しています。

24時間のサポートをしているFX業者はTITANFXとXM以外にはなさそうなので、これ程のきめ細やかな顧客対応は業界一と言えるでしょう。


TITANFXはビットコインでも入金出金できる!

TITANFXの入金方法はクレジットカードや国内銀行入金(三井住友銀行)、ビットコイン入金などすべて原則的に手数料無料で利用できます。

出金に関してはクレジットカードとオンラインウォレットのmybitwalletが手数料無料で、海外銀行からの送金では約1700円ほどかかります。またビットコインでの出金は1%の手数料が掛かってきます。

またTITANFXではビットコインでの決済が可能で基本的に即時反映されるので他のFX業者よりは融通のきいているサービスを提供していると言えます。

通貨ペアUSD/円の500倍レバレッジとロスカット

次はTITANFXの最大レバレッジ500倍のFX取引をシュミレーションをしてみます。

最大レバレッジ500倍での利益とは?

自己資金1万円(証拠金)
通貨ペアを米ドル/円
1ドル=100円→103円に為替変動したとします。

レバレッジ10倍取引の場合
証拠金1万円×10倍=10万円
10万円で1000ドルを買い次のようになりました。
+3%変動で1,000ドル=10万円→103,000円。+3,000円利益
−3%変動で1,000ドル=10万円→97,000円。 −3,000円損失

レバレッジ500倍取引の場合
証拠金1万円×500倍=500万円
500万円で5万ドルを買い次のようになりました。
+3%変動で5万ドル=500万円→515万円。+15万円利益
−3%変動で5万ドル=500万円→485万円。−8,000円損失

上のようにTITANFXで1万円元手のでレバレッジ最大の500倍取引をした場合+15万円の利益を狙うことができます。

そして500倍の時の損失−8,000円に注目して下さい。これはTITANFXの規定の証拠金維持率20%にもとづいて自動的にロスカット(損切り)されています。

証拠金1万円の範囲内だけで損失を止められるように取引を終了させているものですのでTITANFXでは大損失を恐れず安心して取引に臨めるようになっています。

本人確認なしで登録からログイン、開始までの時間は?

では次にTITANFXで口座開設をして取引を始めるにはどのくらいの時間がかかるのでしょうか。

TITANFXは口座開設から取引開始まで何分かかる?

TITANFXではクイック口座開設が導入されており申込開始から驚きの10分以内で取引を始めることができます。

普通は本人確認用の必要な書類を提出し審査が求められますが、TITANFXはそれを後回しにすることによっていきなり取引を始められるというロジックになっています。

本人確認は出金の時までに準備しておけば良いです。

STEP1 名前、生年月日、住所など入力
STEP2 秘密の質問設定、規約に同意
STEP3 口座の選択、MT4をインストール
STEP4 口座に入金して取引開始

サイト管理人もTITANFXで新しく口座開設してみましたが、とりわけ急がずやったのにもかかわらず10分以内で取引開始までたどり着きました。

たとえば突然の勝負相場がおとずれた時にTITANFXでのクイック口座開設を利用すれば機会損失をしないですむかもしれません。

約定力、ブレード口座(ECN)、低スプレッドの魅力

次はTITANFXの他の様々なメリットを解説します。

マイナスを肩代わりするゼロカット

TITANFXではリーマンショックやスイスフランショックのような万が一の大暴落が発生した時でもFXトレーダーを保護するゼロカットが採用されています。

これは万が一の大暴落の時に証拠金の範囲内を越えてマイナスの損失が発生してもFX業者がそのマイナスを肩代わりしてくれるというものです。

マイナスになった証拠金を追加で請求されたり借金になってしまうということは起きないということです。

しかし国内FX業者ではゼロカットは採用されてないのでTITANFXならば大損失の不安なしに取引に臨めるメリットがあります。

約定スピード0.45秒の高水準

TITANFXは約定スピード0.45秒を提示しています。サイト管理人が実際に取引した感じでは買いの注文をクリックした瞬間に約定するほどで、問題ない感じでした。

速さは他の優秀なFX業者と同様な高水準なので申し分ないと言えます。

概念を覆すほどの低スプレッド

TITANFXは海外FXの中でも非常に狭いスプレッドを提供するブローカーとして定評があります。

その理由としてTITANFX独自のテクノロジーで最適な流動性を選択し、ベストな価格で取引できるように提供していると公言しています。

口座タイプは2つの中から選択することができZeroスタンダード口座(STP)、「手数料ある低スプレッド」のZeroブレード口座(ECN)があります。特にブレード口座(ECN)のスプレッドは海外FXのスプレッドの概念を覆すほどの狭さです。

TITANFXは実に技術開発の強いFX業者と言えます。


ビットコインで入金出金もできる!

海外FXでは取引口座への入金出金方法としてビットコイン決済のできる業者が2017年から徐々に増えてきています。まだあまり導入している業者がないですがTITANFXは早い段階から仮想通貨への取り組みを強化している先進的な業者です。

自身の保有するビットコインウォレットから指定したアドレスへ送るだけで口座への入金が完了します。ビットコイン決済は24時間利用できる利便性が高いサービスで機会損失を低減させてくれます。



GMOとビットコイン入金出金やレバレッジ等を比較

比較項目 TITANFX GMOクリック証券
ゼロカット・追証 ×
ハイレバレッジ
取引開始までの時間
スプレッド
約定力
ビットコイン入金出金

最後に国内FX業者として大手であるGMOのFXneoとTITANFXを比較してみました。ハイレバレッジが可能でスプレッドが極端に狭く、約定力が安定しているTITANFXはスキャルピングを好む中級者向けと言えるでしょう。

またゼロカットによる追加証拠金の請求の不安解消やビットコイン決済においても有利なTITANFXが断然自由度の高いFX業者と言えるのではないでしょうか。

TITANFXのまとめ

いかがだったでしょうか。TITANFXの特長は高いレバレッジ、極めて狭いスプレッド、ECN方式の口座、手厚い日本向けサポート、ビットコイン決済と海外FXならではの利点が多いです。

とくに高いレバレッジ、低いスプレッドでECN方式口座でのでのスキャルピングを好まれる本格志向のトレーダーにとってはもってこいのFX業者です。

合わせて日本向けサポートは24時間対応されていますので安心してトレードに専念できることと思います。ぜひ参考にして業者選びに役立てていただければと思います。

Twitterでフォローしよう