FXのテクニカルなスキャルピング取引

 

10年ぐらい前の話ですが、管理人がちょうどFXを始めて1ヶ月ぐらいの時にとある交流会へ行きました。

その交流会は個人投資家の集まりだったのですが、実はそこで偶然出会ったトレーダーの人がきっかけで管理人はスキャルピングの魅力に気づきました。

それまではスキャルピングなんて小難しく上級者のする取引方法だという先入観を持っていました。

しかしスキャルピングはテクニックを重視するような感覚で、初心者だった自分でもみるみるうちにスキャルピングで利益を叩き出せるものだとわかりました。

それから1ヶ月ほど得意げになりながらスキャルピングで利益を積み重ねていきました。

が、しかし突然、口座は凍結させられました。笑

口座凍結

このとき国内FX会社ではスキャルピングをしてはいけないものだと気づいたのです。

それから 最近はもっぱら海外FX会社でスキャルピングかデイトレードぐらいしかやらなくなりました。

スキャルピングは夕食後に自宅でもサクッと利益を出せてゲーム感覚で取引することができます。

スキャルピングはゲーム感覚で行える

さらに、海外FX会社であれば、初期投資金額が5万円でも10万円に増やして始めることができるなど、思いがけないほどのお得な魅力も隠されています。

スキャルピングは超短時間で利益を出す手法

FX取引では様々なトレード方法があり、大きく4つに分けられます。

スキャルピングとは利益を積み重ねるもの

*スキャルピング
・1回のトレードは数秒から数十秒
・1日に何回もトレードを繰り返す

*デイトレード
・1回のトレードは数分から数時間
・1日に数回トレードを行う

*スイングトレード
・1回のトレードは数日から数ヶ月
・月に数回トレードを行う

*長期トレード
・1回のトレードは数ヶ月以上
・年に数回のトレードを行う

スキャルピングトレードとは、昔アメリカのインディアンが行なっていた「スカル(頭)の皮を剥ぐ」という意味からきており、薄い皮を剥ぐように利益を薄く獲得していくイメージです。

薄くコツコツ利益を積み上げるのがスキャルピング

つまり、スキャルピングとは4つのトレードの中でも最も短い時間で行える取引で、短い取引を何回も繰り返すことで小さい利益を積み重ねていきます。

スキャルピングは国内FX会社に歓迎されない

またスキャルピングは一般的に海外FX会社では可能なのですが、国内FX会社では取引を嫌がられます。

先程言ったように管理人は国内FX会社でスキャルピングの取引を行い、口座を凍結させられたことがあります。

なぜ凍結させられたのでしょうか。

その理由は、国内FX会社は取引の中で「呑み」という行為を行っており、トレーダーからの売買注文を操作する事と関係があるからです。

取引所は注文を操作する

国内FX会社はトレーダーからの売買注文をそのまま市場に流さない事が多く、売買注文から売買成立するまで(約定力)に時間がかかります。

国内FX会社はスキャルピングのように短時間に何回も取引を行われると、数多い約定に対応しきれなくなり、スキャルピング自体を嫌がります。

つまり、それが管理人の口座凍結に繋がったということです

一方で、海外FX会社はトレーダーからの注文をそのまま市場に流しているので、約定力(売買注文から売買成立までの時間)が高く、むしろスキャルピングのような取引の回数の多いトレードは大歓迎されます。

スキャルピングトレードはむしろ歓迎される

より詳しい取引の仕組みに関しては下の関連記事をチェックしてください。

関連記事:海外FX会社がスキャルピングを歓迎する理由



短期間相場の値動きで利益を出す基本とポイント

スキャルピングがどのようなものかわかったところで次にどんな魅力があるか具体的に見ていきましょう。

スキャルピングは俊敏さがウリ

スキャルピングは、超短期の取引でポジションを保有する時間も短いものです。

ポジションとは、通貨の「買い(売り)」を行なってから「売り(買い)」を行うまでの状態を示します。

関連記事:ポジションとは

スイングトレードのように1日を超えてポジションを保有するということは、寝ている間などに起きる大暴落の影響で大きな損失を受ける可能性もあります。

一方でスキャルピングは超短期売買でポジションを長く保有しないので、「買い」や「売り」を為替相場に合わせ、俊敏な取引を行うことができ、より利益の可能性を高められます。

俊敏な取引が可能

例えば、スイスフランショックなどの大暴落においてもスキャルピングならば空売りを利用して利益を獲得することも可能でした。

関連記事:空売りとは

このようにスキャルピングは、為替相場の急激な変化にも俊敏で柔軟に対応のできる魅力的なトレード方法です。

スキャルピングとレバレッジの相性

またスキャルピングは、地道に小さい利益を積み重ねていくものですが、
レバレッジ取引を利用することで一つ一つの小さい利益をさらに拡大することもできます。

レバレッジとは、テコの原理を意味する言葉で、賭け金の何倍もの取引が可能になる取引方法です。

関連記事:レバレッジとは

つまりレバレッジは、スキャルピングの小さい利益(デメリット)を獲得するというところを補填してくれる役割を果たしてくれます。

小さい利益をコツコツ積み上げて大きく

国内FX会社は最大25倍のレバレッジに対して、海外FX会社ならば数百倍ものハイレバレッジをかけることも可能です。

例えばスキャルピングをしていく中でスキルが上がってきたならば、何百倍ものハイレバレッジをかけて自分のスキルを試してみるのも良いかもしれません。



初心者でも十分に損なしにトレードを駆使する方法

人にはそれぞれ性格や生活環境で向き不向きがあると思います。

そこで次はスキャルピングに向いている人
を簡単に説明します。

様々なテクニックを駆使

スキャルピングとは他のトレード方法と違って、短期間の売買で利益を獲得する取引なので、ファンダメンタルズ分析というような経済的・政治的要因から将来を予想する難しい分析は必要ありません。

関連記事:ファンダメンタルズ分析とは

そのため、スキャルピングは情報をキャッチアップしてくる分析能力や技術はそれほど重要視されなく、テクニックを駆使してゲーム感覚で楽しめるような人が向いています。



利益を出しやすい海外FX会社を選ぶコツとポイント

ここまででスキャルピングは、短期間で売買することにより為替相場の影響を受けにくいことや、ゲーム感覚でできることなど、様々なメリットを説明してきました。

では実際にスキャルピングをするためにどのような海外FX会社を選べばよいか説明します。

実は海外FX会社ではスキャルピングができるという魅力があるだけでなく、自己資金が5万円でもその金額の2倍の掛け金、つまり10万円で始めることもできます。

自己資金もレバレッジで増やして取引できる

実は管理人は、いつも使っている海外FX会社で月に1,2回行われている掛け金が2倍になるキャンペーンの期間だけでスキャルピングを行います。

それはGEMFOREXの100%入金ボーナスと呼ばれるキャンペーンです。

ちなみに、GEMFOREXは業界トップクラスの約定力(99.97%)を持っているので、スキャルピングトレードするには申し分ないです。

そして、取引時には最大1000倍
のハイレバレッジを行えるのもGEMFOREXの特長です。

海外FX会社でスキャルピングを始める際は、管理人御用達のGEMFOREXで始めて見るのはいかかでしょうか。

関連記事:スキャルピングってどうやるの?