FXの元手はいくら必要?

元手最低いくらでFXする?

FXは株式投資などとは違い、自己資金にレバレッジを掛けることで何倍もの金額でFX取引が可能です。

では元手資金としてだいたいいくらあれば、FXでうまく利益を発生させ儲けることができるのでしょうか。

またFX初心者はおおよそいくらくらいから始めるべきでしょうか。

長年FXトレード経験のある管理人の観点からFXの元手金額を考えてみます。

元手金額とFX取引に必要な証拠金の金額のバランスもとても重要ですので、そういった側面からも解説します。

元手金額と証拠金のバランスを把握しておけば、危険なFX投資も避けることも出来て堅実なFXを始められるので確実に勝率も上がります。


投資資金100円以下でもトレード始めることができる

まずFXに必要な元手はおおよそどのくらいなのか説明します。

FXは元出資金が100円以下でも始められる

FXは元手資金が少なくても取引を始めることができ、100円以下で始めることのできるFX業者もあります。

しかし、いくらなんでも元手が100円では証拠金も小さすぎるのでハイリターンなトレードは無理でしょう。

証拠金とは、トレードをする時に担保としての役割のようなものでFX口座に預け入れる自己準備金のことを指します。

証拠金とは担保の役割のようなもの

そしてこの証拠金の範囲内の金額でトレードをします。

つまり証拠金を小さくするとリターンも小さくなりますが、1回のトレードで生じる損失も小さくなるので初心者にはおすすめです。

このようにFXは100円からでも始められますが、本格的な投資利益を狙うのであれば最低50万円程の元手が必要だと考えましょう。




FX取引元手50万での利益

ではFXの元手資金を50万円で始めると具体的にどれほどの利益が得られるのでしょうか。

元手資金50万円で1ヶ月100万円を目指すFX

FXとして本格的にトレーダーとして生活をしていくためにはまず元手が50万円は必要です。

元手が低すぎると利益も小さくなり、それほど稼げないからです。

では50万円を元手に25倍のレバレッジで取引をした場合はどのような感じになるのかシュミレーションしてみましょう。

dmmやGMO等の国内FX会社の最大レバレッジが25倍なので参考がてら見てみましょう。

USDドル/JPY円において元手50万円の全てを証拠金とする場合、1,000,000円(約10万通貨)の取引の為にはおおよそ46,000円の証拠金が必要です。

つまり50万円分の元手(証拠金)でポジションを持つとすれば(50万×25倍=)約1000万円分の取引ができます。

レバレッジ25倍を使い1000万円分のロングポジションを保ったまま予測どおり進みUSDドル/JPY円が0.2円の為替差益で利益が生じれば、2万円の利益を獲得できます。

このような調子で取引を繰り返しながら上手く行けば、元手50万円で大体1ヶ月で100万円以上を稼ぐことも難くないでしょう。

しかしながら元手50万円でも場合によっては損失を出して負ける恐れもあります。

FXを始める時には、まずどのように利益を安定的に確保できる運用方法があるのか、または手法があるのかをよく学びましょう。




初心者が知るべきdmm等の国内業者25倍レバレッジ

FXでは元手資金と取引に掛ける資金を常に把握しておかなければなりません。

FXにおける元手資金とレバレッジと証拠金の関係式

FXで安定的に利益を出そうと思うならば1000万円(10万通貨)から取引をすることが賢明です。

たとえば、USD1ドル=JPY100円で25倍のレバレッジで1000万円(10万通貨)分の取引をする時、

1000万円÷25=400,000円

必要な元手の証拠金は40万円になります。

USD1ドル=JPY100円で仮に1円分の為替差益が生じた場合は、10万円の利益が生じることになります。

但し、1日あたりにはおおよそ0.2円〜0.3円ほどの変動で0.5円も動くこともあまりありません。

1円動くことは1週間に1度あるかないかです。

FXはハイリスクだと言われますが、以外にボラティリティは小さく値動きはとても静かだと気づきます。

しかし、元手の証拠金へ大きなレバレッジを使ってハイリスク・ハイリターンな取引をすることができます。

FXの元手資金と証拠金と証拠金維持率の関係式

FXでは証拠金維持率というものも勉強して理解しておかなければなりません。

証拠金維持率=「元手の証拠金」÷「取引に使われる証拠金」×100

例えば、「取引に使われる証拠金」が40万円で「元手の証拠金」が50万であるとすると、証拠金維持率は125%となります。

そして証拠金維持率が100%よりも下回ると追加で「元手の証拠金」を預け入れるように迫られます。

追加で証拠金を預け入れるように迫られます

これを追加証拠金、略して追証(おいしょう)と通称で呼ばれます。

この追証に対応しなければならないですが、出来ない場合、強制的にロスカット(損切り)され、結果として損失で取引が完結してしまいます。

関連記事:ロストカットとは



長期手法トレーダー向け運用投資の重要な考え方を解説

次に長期的なFX投資をする場合の元手資金の話しをします。

長期的なFX取引(ポジショントレード)で必要な元手とは

短期的でなく長期的にFXトレードをするならば、レバレッジは低く設定しておきましょう。

レバレッジを低く設定

時にはレバレッジなしの1倍でFXトレードする場合もあります。

関連記事:レバレッジなしとは

レバレッジなしの1倍ということは、たとえばUSD1ドル=JPY1円の場合、1万ドルを買うた為には100万円が必要です。

10万ドルだと、1000万円が必要です。

もし元手に余裕があり1000万円で取引が出来るのであれば、低レバレッジでも高い金額のスワップポイントを得られます。

スワップポイントを狙って長期的に投資するのであれば、元手は1000万円あると良いです。

関連記事:スワップポイントとは

どのくらいの元手でFXを始めればよいのかという解説をしました。

FX初心者の方であれば少額の元手で始めることをおすすめしますが、ではどこのFX会社で取引をするのが良いでしょうか?

信用ができて少しでも良心的なFX会社を選ぶことが重要になってきます。

長年に渡りFXを経験してきた管理人が強くおすすめするのは海外FX会社のGEMFOREXです。

国内と海外と様々なFX会社で取引をしてきましたが安心度が高くて自分に一番利益をもたらしてくれるのは、今の所GEMFOREXが1番です。

1000倍取引のできるレバレッジや安心安全なゼロカットに魅力がありますが、なんと言ってもボーナスがとんでもなく魅力的です。
GEMFOREXのボーナスの活かし方を攻略しよう!

ボーナスの魅力のことに関しても詳しく書いていますので是非チェックしてみて下さい。

ボーナスを活用して本来の2倍もの掛け金を受けてお得にFXをしましょう。

管理人の使うFX必勝法も是非ご覧ください。

関連記事:FX必勝法「逆張りスキャルピング」


Twitterでフォローしよう