取引ツールMT5

海外FXでトレードをするとなったときにまず関わってくるものにMT4/MT5と呼ばれる取引ツールがあります。

しかしMT5というものがバージョンアップしているにも関わらずMT4というものが未だに取引で重宝されています。

ではどちらで取引したら良いのでしょう。

ここではそんな疑問を解消できるようにMT5のメリットとデメリットをまとめ、MT4とMT5の違いを比較しました。

他のブログでは解説していないことを書いています。

自分自身にはMT4が良いのかMT5が良いのか明確に見えて来ると思いますので、期待を込めながら読み進めて見てください。

7年目のFX取引ツールがダウンロード設定されない

MT5(MetaTrader5)の原型であるMT4(MetaTrader4)はFXをはじめとする世界の様々な自動売買などの取引ツールのプラットフォームとして定番となっています。

そして2011年にその最新版としてリリースされたのがMT5(MetaTrader5)です。

MT5がいまだに普及しない理由はなに?

MT4に限らずどんなシステムツールやアプリケーションでも、新しい商品や新しいバージョンが登場すれば、それを使用する人々はより新しい方を好み使ってみたくなるものです。

しかしMT5がリリースされて既に6年目となるにも関わらず、未だにFX業者や証券会社はMT4を標準のシステムツールとして採用しMT5をあまり推薦していない状態が続いています。

それ故に多くのユーザーたちはMT4を使い続けMT5にあまり関心を向けずにいる状況です。

つまりMT5はMT4のアップグレード版であるにもかかわらず全く普及が進んでない状況で停滞をしているということです。

実際にMT5を推薦している海外FX業者はあまりないです。

ではなぜMT5は人気がないのでしょうか。

そしてトレーダーたちは将来MT4を使い続けて行くのでしょうか、それともMT5に乗りかわっていくのでしょうか。

MT4とMT5どちらにするべきか?



3分足、8時間足等9種類増えたテクニカルなチャート

まずMT5のメリットをあげてみます。

具体的にMT5はMT4よりもどの辺りが優れているのでしょう。

時間足の追加で高精度なチャート分析ができるようになったメリット

まずMT4からMT5のバージョンアップにより、取引時のチャート表示の機能での時間足の数が多く追加されました。

これによってより精度の高いチャート分析ができるようになりました。

今まで9種類であったMT4での時間足がMT5では12種類が追加されて合計で21種類になります。

今まで多少大雑把に見ていた部分をより詳しく見ることができるようになるので、より細かな値動きをチャート分析できます。

それは短期的なものから長期的なものまで様々な投資スタイルにたいして多様なチャート分析をすることができるようになったというMT5の大きなメリットです。

インジケーターを追加して整理できるようになったメリット

MT5のメリットは他にもあります。

MT5では取引ツールのなかにあるナビゲーターウィンドウへ新しくフォルダーを追加して整理できるようになりました。

一見ちょっとしたバージョンアップにしか思えませんが、MT5ではない他のプラットフォームを利用しながら、いくつもの指標を使ってテクニカル分析をするトレーダーにとってはかなり便利な機能が加わったことになります。

このフォルダーを自ら作ることができて自分の取引スタイルのインジケーターを追加し整理ができることになりトレード環境が向上しました。

特徴 MT4 MT5
時間足 1分足、5分足、15分足、30分足、
1時間足、4時間足、
日足、週足、月足
1分足、2分足、3分足、4分足、5分足、6分足、
10分足、12分足、15分足、20分足、30分足、
1時間足、2時間足、3時間足、4時間足、
6時間足、8時間足、12時間足、
日足、週足、月足
動作
低スペックのPCでも大丈夫

高スペックのPCでなければならない
インジケーター
増え続けている
対応業者 ほぼ全て まだ少ない



トレードに関るインジケーター移せず導入会社が少ない

どのような取引ツールでも過去から考えれば多くの改善を経てより良いものに進化を続けています。

しかしながら進化も変化、どこかには必ず不満が出てくるものです。

MT4からMT5へ進化を経たもののデメリットとして残る問題点がいくつかあいります。

先ほど述べた通りMT5は時間足とナビゲーターウィンドウに機能が加わりましたがインターフェイスにおいてはMT4となんら違いがあいりません。

つまりMT4からMT5へ乗り換えたとしても操作性における問題はありません。

MT4からMT5へインジケーターを移行できないデメリット

しかし問題はここです、MT5における内部でのシステム構造は様々変更されておりMT4で使用することができていた機能がMT5で使えなくなってしまう現象が起きてしまいました。

これはMT4で使わなくなった機能を切り捨てて新しくMT5にて加わった機能が現れたからです。

たとえば、インジケーターにおいてMT4で重宝していたものや自動売買システム(EA)がMT5で使えなくなってしまったということです。

つまりMT4からMT5にインジケーターのデータをそのまま移すことができないという状態です。

すなわち自分のトレードスタイルを意味するインジケーターを移せないということはMT4からMT5に乗り換えるためにトレードスタイルを変えざるを得ないということになります。

トレーダーにとってMT4は長い間使い慣れた取引ツールであり、インジケーターを増やしたりしながらMT4をまるで育てるかのようにトレード環境を整えてきたわけです。

ところがMT5に乗り換えるためには時間を掛けて様々なプログラムを変えながら再びトレード環境を作っていかなけなければなりません。

ということでわざわざMT5に乗り換える必要はないのだと考えるわけです。

MT4が使えなくなったということはないので、MT5が普及していかない要因が露呈しました。

海外FX業者もわざわざMT5を推し進めるメリットもそんなにないのでMT4のままというわけです。

MT5は機能のバージョンアップをしたがメモリの消費速度が上がったデメリット

もう一つMT5にはデメリットがあります。

MT5はバージョンアップにより動作が速くなった反面メモリの消費スピードも速まってしまったということです。

本格的なトレーダーであればトレード環境がそれなりだと思いますが初級中級トレーダーであればパソコンのスペックが低いことでMT5の取扱が非常に困難な状況に陥ります。

パソコンのスペックが低いと動作低下に


つまりはこういったマイナスな問題点があることと、従来のMT4でも十分困らないでトレードが行っていけるということからMT5が普及しない現象が起きています。



GEMFOREXの口座開設ボーナス利用のすすめ

ではMT4かMT5のどちらを使うべきなのでしょうか。

MT5の将来性

初心者であればMT5を利用することから始めてみても良いかもしれません。

MT4からMT5へ乗り移るときに生じる問題が大きいので、はじめからMT5を使用してそれに慣れてしまえば良いという考え方です。

しかしまだまだMT5を使える海外FX業者が少ないということも現実です。

MT5のようなツールのことだけでなく、様々なサービスやFX業者の中のシステムを前もって確認しておかなければなりません。

MT5を使うことを先に決めてしまったものの自分に合う業者でなければ元も子もありません。

いずれにしてもMT4がバージョンアップしてMT5が現れました。

いずれはMT5が主流になっていくのは必至ですし、開発元のMetaQuotes Software社は継続して普及活動に取り組んでいます。

インジケーターは増え続けプラットフォームの環境もどんどん整っていきています。

MT5を普及させようとMT4の性能にも制限をつける動きも出てきているようですので将来的にもMT5をチェックし続けておく必要があるようです。




MT5解説のまとめ

結論を言えば、どちらも一長一短があるようです。

管理人も長年トレーダーを行ってきましたので今更MT5に移行することにはとてもエネルギーがいります。

おそらく、MT4をこのまま使い続けているとMT5の欠点は継続的にアップデートされていき10年後くらいに、MT4の全てを上回るMT5に全員が一気に移行するのではないかと予測しています。

ですので初心者の方はMT4で始めるのが無難だと思います、ぜひ参考にしてみて下さい。

因みに管理人は5年以上も前から最大1,000倍のできるGEMFOREXのMT4を重宝しています。

GEMFOREXは、毎月2回ほど必ず開催される100%入金ボーナスキャンペーンというものがあります。

管理人はその「お知らせ通知」を受取り、毎月必ずキャンペーンにエントリーしてトレードしています。

自分の準備した金額分、つまり2倍の掛け金で勝負できるかなりお得なボーナスキャンペーンです。

あまり知られてないの裏技なのでチェックしてみて下さい。

関連記事:GEMFOREX100%入金ボーナスの超お得な裏技GEMFOREXのボーナスを使った裏技