マイニング(採掘)の基本知識

ビットコインのことに多少精通していれば、ビットコインとはマイニングによって発行されるものだということを知っていることと思います。

マイニングとはビットコインを採掘して自分でビットコインを得られるものですが、一般的にビットコインに投資をして取引をしているのであれば特にマイニングに関心は沸かないと思います。

しかしマイニングを始めとするビットコインの技術的な側面に対してより理解を深めることによって価格変動の理由を知り得たりしながら取引を有利にすることができる可能性も広がります。

bitcoinマイニングで取引を有利にする可能性

管理人も仮想通貨への投資をはじめて1年以上がたちましたが、マイニングとは仮想通貨に欠かせないシステムの1つです。

物理的な方法で仮想通貨の安全が守られていたり、以外にシンプルで興味深い仕組みになっています。

マイニングやブロックチェーンへの知識を深めることにより、仮想通貨への可能性投資意義を少しでも見いだせることでしょう。

マイニングの仕組みと理解を深めてぜひビットコイン投資への可能性を広げていきましょう。




ビットコイン採掘て何?基本(検証計算)

そもそもビットコインにおけるマイニングとは何なのか?どこからもらえるのか?を説明します。

ビットコインのマイニングて何?

ビットコインにはマイニングと呼ばれる通貨を発行させる動作があります。

そもそもマイニングとは採掘をすると言う意味の言葉です。

ビットコインとはブロックチェーンと呼ばれる技術を利用して、膨大な量の情報による計算を行うことで取引記録を残していくという仕組みを保っています。
関連記事:ブロックチェーンとは

そしてこの計算作業はパソコンのシステムに接続することでができれば誰もが参加することができ、取引ごとに計算の検証作業を最も早く完了した人が報酬としてビットコインを受け取ることができます。

つまりは検証作業が優れていればいるほど報酬額も積もり積もっていくということです。

膨大な計算量の作業の成果としてビットコインを受け取るイメージが採掘のようだということでマイニングと呼びます。

ビットコインはこのマイニングの作業のみで新たに通貨が発行されていきます。

ビットコインでマイニングをする理由は?

マイニングという仕組みがビットコインのシステムに組み込まれている理由は、ビットコイン自体の取引の安全性を保つためです。

マイニングに参加する人をマイナーと呼びますが、マイナーたちは最も早く検証計算を行いビットコイン報酬を取得したいと考えています。

このように多くのマイナーが競争し合いながら参加することで信頼性が高まります。

というのも、いち早く検証計算が完了しても計算の答えが間違っていたりすれば、その検証は無視されるようになっており、最終的に取引の信頼性が高く保たれる仕組みになっています。

ビットコインは各国に管理されている法定通貨(USDドル、JPY円)などとは異なり、中央銀行のようなものはありません。

誰でもすべての人々がコンピュータを介して簡単に取引の記録を確認できる相互的な管理システムです。

分散管理

ビットコインの採掘量には上限がある

またビットコインは通貨の発行量(採掘量)の上限が2,100万BTCと予め決められており、それ以上マイニングすることはできません。

この点は法定通貨と異なっています。

ビットコインにおける取引は10分単位ごとの時間でわけられており、その取引における承認が完了したのちにビットコインが発行(マイニング)されるというシステムの手順になっています。

ビットコインの取引量が増えると検証計算自体の難易度が大きくなりビットコインの採掘量自体も減少するようになる仕組みです。

ちなみに2140年ごろに発行量(採掘量)が上限に達してマイニングもできなくなると予想されています。

マイニングは2140年ごろ2100万BTCに達して終了




マイニング方法(個人、クラウド)

次は具体的にビットコインのマイニング参加方法を説明します。

自分のパソコンで個人的マイニング

ビットコインのマイニングは、マイニング専用のコンピューターが無くても自身のパソコンがあれば個人でも参加してビットコインを稼ぐことが可能です。

参加にあたっては情報の計算をするものだと言いましたが、実は特に計算式や計算方法を学ぶ必要もありません。

計算用のシステムツールを自身のPCへ導入して放置して計算をしてもらうというニュアンスで捉えてください。

そして自身のパソコンのCPU(GPU)をマイニング用に改良したり、linuxと呼ばれるOSを使用してスペックを上げることで、マイニングに適した環境を整えることも可能です。

マイニングをする場合には常に電源を入れておく必要があるため電気代が多く掛かるという欠点があります。

電気代が掛かる

以前よりは取引量が増えて発行量も減少していることもあり一般的なパソコンでは報酬を受け取りにくい状況になっているのも事実です。

クラウドマイニングとは

ビットコインのマイニングに参加することは非常に簡単ですが、より儲かるための工夫も様々です。

例えばクラウドマイニングというものがあります。

クラウドマイニングとはマイニングを行っているところにに投資することによりマイニングに参加する方法です。

クラウドマイニングに参加

マイニングをする企業やサービスにお金を預入れ、そのマイニングにより得られる利益を投資金額に応じてビットコインが配当されるというようなクラウドシステムの仕組みです。

株式投資の運用によって配当を受けるといったイメージに似ております。

この方法でマイニングに参加することで個人的にマイニング用の機材などを揃える必要もありません。

しかしながらそれ相応の料金を支払うことになるので、クラウドマイニング会社自体が投資詐欺ではないのかなどの信頼性に注意しなければなりません。

ビジネス的なビットコインマイニングについて

ビットコインのマイニングに優れたコンピュータを多数設置して、本格的にマイニングをビジネスとして事業のように行うという方法も1つです。

ビットコインなどのマイニングに適したコンピューターをASICと呼びます。

ASICはマイニングなどのように特定の用途のために複数の機能回路を1つに集約したものです。

1台の価格はおおよそ数万円で売られていますが、本格的にする場合は数千台ものを取り揃えてマイニングを行っている日本企業もあります。

ビジネスとしての事業規模でマイニングを行うならば、そのランニングコストとしていくらの電気代が掛かるのかなどの資金的な問題を乗り越えていく必要が出てきます。

ビジネスとしての資金的な問題

大きな資本の投資によってASICをきちんと取り揃えることができるならば、マイニング競争に勝ち残り、ビットコインの報酬も増大することでしょう。




ビットコイン採掘投資で稼ぐのは簡単でない

次にビットコインマイニングにおける近年のデメリットについて説明します。

個人的なビットコインマイニングでは難しくなった

ビットコインのマイニングは2010年ごろのシステム開始時期の頃には個人のパソコンにて十分に稼ぐことのできるものでした。

しかし年々ビットコインへの注目が増すにつれて、個人レベルでCPUを何倍にも改善させてマイニングを行っても稼ぐことが難しい状況になってきました。

個人レベルでは難しい

マイニングはずばり、早いもの勝ちで報酬を手にできる仕組みになっています。

ですので大規模なマイニング環境の整っている事業者に個人レベルでは太刀打ちできなくなってきました。

ビットコインマイニングは大電力消費

ビットコインなどのマイニングには膨大な電気量が必要とされます。

競合に対して検証計算に打ち勝つためにコンピューターを常に稼働させることで大電力を消費します。

大電力を消費する

またマイニングによるコンピューターの発熱を制御するためのエアコンを稼働させる電気量も必須です。

マイニングを行うとコンピューターの稼働時間は必然と長くなり、フル稼働によりマイニングは大電力を消費してしまいます。

ビットコインマイニングの難易度が上がれば、参加者が減る?

ビットコインの取引においてひとつひとつの取引記録の単位をブロックと呼びます。

マイニングにおける対象はこのブロックです。

実にマイニングとはこのブロックの中身にある取引の記録が正しいかを検証計算をしてチェーン状にブロック同士繋げていく行為です。

1つのブロックのマイニングにおける取引検証時間は最低10分と言われています。

マイニングに参加する人数やコンピューターの性能の変化があっても最低10分が変わらない理由は、マイニングの難易度がおおよそ2週間に一回自動的に調整されるようになっているからです。

2017年12月時点ではマイニングの難易度が18%上がると予想されてマイニングへの参加者の減少が懸念されました。

難易度が上がって参加者減少

マイニングへの参加者数が増加してコンピューターの性能が向上することによりマイニングの難易度が上昇するのは普通です。

しかしマイニング難易度が過度に上がればマイニング離れが起きると心配されています。




採掘もいいが仮想通貨FXや海外FXも利益出て儲かる

ビットコインはマイニングのみによって新しく通貨が発行されていきます。

上限は2100万BTCで、マイニングとは誰でも参加資格があり計算競争に勝つことで報酬のビットコインが受け取れます。

ビットコインの注目度が上がったことによりマイニングの難易度も上昇し、マイニング専用のコンピューターを購入してマイニングを行なわなければ報酬を得ることも難しくなってきました。

ビットコインのマイニングに参加を考えているならば、マイニング関連の情報をキャッチアップし本格的に参入して採算をとることができるかどうかを検討することをおすすめします。

当サイトは海外FXの総合情報サイトですが、ビットコインなどの仮想通貨は外国為替証拠金取引(FX)と非常に密接な関係があります。

ちなみに海外FXと仮想通貨の税金の課税方式も同じです。

外国為替がUSDドルやJPY円の売買取引であるならば、仮想通貨もビットコインやUSDドル、JPY円との売買取引であります。

ビットコインなどの仮想通貨市場は価格変動に激しいリスクがあるものの、外国為替取引よりも非常に有利な投資であるとされています。

外為よりも有利な投資

仮想通貨においては、現物での売買取引が多いですが、その他にも信用取引、先物取引など様々な取引に活かされております。

海外FXの中においても2017年より仮想通貨FXとしての取扱銘柄も増加傾向にあります。

ビットコインなどのようにボラティリティの激しい相場では大暴落による大損失も懸念されますが、ゼロカットの搭載されている海外FXであれば断然に安心して取引ができます。

仮想通貨FXを検討されているならばぜひ海外FXをおすすめします。

関連記事:仮想通貨FXとは
関連記事:ゼロカットとは
関連記事:仮想通貨の税金

Twitterでフォローしよう