FXのレバレッジはコツを掴めば勝てる!

もっとお金を稼ぎたいと思っても本業に支障なく最大限にお金を稼ぐのはなかなか難しいものです。

でも実はFXの「レバレッジ」というシステムを利用することで効率よくお金を稼ぐことができるのです。

さらにレバレッジは海外のFX会社では最大1000倍などの倍率を利用することでより大きな利益を期待することが可能です。

レバレッジを利用して大きな利益を得る

今回はFXの最大の魅力とも言えるレバレッジについて管理人が初心者向けに紹介していきます。

それではまずはFXのレバレッジというものが何なのか解説していきます。


レバレッジとは一体何なのか?

FXのレバレッジとは何か?

レバレッジとは、トレーダーが実際に入金した金額よりも大きな取引を可能にするシステムです。
これを利用することにより、変動が小さいFXのレートでもトレーダーがFXの取引口座に入金した金額以上のFXの為替取引ができます。

レバレッジは外為の国内FXの会社であれば最大25倍という倍率の規制があります。
しかし海外FXの会社であれば最大1000倍等の倍率でFXの取引が可能であり、海外のFX会社ではレバレッジの倍率の規制に上限が無いようなものです。

レバレッジの倍率を上げる

このレバレッジという倍率を変動させるシステムを利用することで、資産運用を効率的に行うことが可能になります。
なぜなら変動の少ないFXの為替レートでもレバレッジを利用することによって、一度に得られる利益を最大限にすることが可能だからです。

それではなぜこのレバレッジをFXの取引に利用できるのか説明します。


FXのレバレッジの仕組みとは?

FXの取引を行っているトレーダーは、国内や海外のFX会社を通して外貨を売買(外為)しています。
その際に生じた差額はFXの業者が各トレーダーへ利益として支払ったり損失として請求したりしています。

しかしFXは差金決済という取引をした際に生じた差額分のみを決済するという計算方法を用いています。

FXは差金決済という取引方法を用いている

そのため毎回トレーダーが取引をする金額分のお金がFX会社から直接移動しているのではなく、為替取引が終わった後のに生じた差額のお金が移動しているということです。

このFXの仕組みによって取引する金額が実際に個人の手元になくても、最大1000倍などの大きな金額の取引がFX上でできるようになっています。これがレバレッジの仕組みです。


倍率に比例した取引金額の比較

それでは、レバレッジに比例したFXの取引金額や利益がどのように推移するのか、下記の例を参考にし比較していきましょう。

ここでは資金10万円とFXの為替レートが下記のようにそれぞれ”変動”したと仮定します。

購入時:1ドル=100円
    ⇓
売却時:1ドル=102円 

それでは実際に確認していきましょう。

FXのレバレッジを利用した際の利益の計算


レバレッジ1倍(無し)の場合の計算方法

レバレッジ1倍(無し)は国内FX会社や海外FX会社で有効な倍率です。

・取引可能金額
10万円×1倍=10万円
レバレッジが1倍(掛けていない)ので入金した同額10万円がFXでの最大の取引可能金額です。

・利益
購入時:1,000ドル=10万円
       ⇓
売却時:1,000ドル=10.2万円(0.2万円の利益)

レバレッジ1倍の図

つまり、FXの為替レートに応じて2,000円の利益が出ました。


レバレッジ10倍の場合の計算方法

レバレッジ10倍は国内FX会社や海外FX会社で有効な倍率です。

・取引可能金額
10万円×10倍=100万円
レバレッジの倍率を10倍にしたので、10万円の10倍の100万円分がFXでの最大の取引可能金額です。

・利益
購入時:10,000ドル=100万円
       ⇓
売却時:10,000ドル=102万円(2万円の利益)

レバレッジ10倍の図

つまり、2万円の利益が出ました。
レバレッジを掛けてない1倍の時に比較すると、レバレッジの倍率と同じ10倍の利益が出ています。


レバレッジ1000倍の場合の計算方法

レバレッジ1000倍は海外FX会社でのみ有効な倍率です。
(国内FX会社では個人では25倍、法人では50倍のレバレッジの規制があります。)

・取引可能金額
10万円×1000倍=1億円
レバレッジの倍率を1000倍にしたので、10万円の1000倍の1億円分がFXでの最大のの取引可能金額です。

・利益
購入時:1,000,000ドル=1億円
       ⇓
売却時:1,000,000ドル=1億200万円(200万円の利益)

レバレッジ1000倍の図

つまり、200万円の利益が出ました。
レバレッジを掛けてない1倍の時に比較すると、レバレッジの倍率と同じ1000倍の利益が出ています。

3つの例を通して分かったことは、FXの取引でレバレッジは掛けた倍率分の利益が出るということです。
しかし反対に損失が出ればレバレッジで掛けた倍率分、損失も大きくなってしまいます。

レバレッジを最大にすれば最大の利益を得られますが、最大にしたことによって最大の損失が出てしまう可能性もあります。

このように、ただレバレッジを最大の倍率で設定すれば儲けられるということではありません。

レバレッジはとても便利な仕組みですが、倍率やFXのレートの動きにも注意しながら設定しなければなりません。


FXの最大の特徴とは

それでは次に、レバレッジのメリットとデメリットについて説明していきます。

レバレッジの特性を理解することで、FXで取引していく際にも効果的に利用することができるようになります。

レバレッジの倍率をかけることによって、どのようなメリットまたはデメリットがあるのか比較してみていきましょう。


レバレッジの最大のメリット:少額な資金で投資可能!

レバレッジの最大のメリットは初期費用が少なくて済むことです。
レバレッジの倍率に応じて取引額が変動するため、レバレッジの倍率を大きくした分、少額な資金でも大きな金額の取引ができる手法です。

少額の資金でもレバレッジを利用してFXの取引が可能

株のように何十万円からスタートしなければならないということもなく、FXではレバレッジを利用することにより、数千円単位で初めることが可能です。
FXの初期費用を抑えられるのは、レバレッジの最大の魅力とも言えます。

とくに投資を始めてみたいけどまだ多額の初期費用が用意できないというトレーダーや、感覚を掴むまでは少額で挑戦してみたいという人はFXのレバレッジを低い倍率で利用することがおすすめです。


レバレッジの最大のデメリット:ハイリスク

注意すべき点として、レバレッジは倍率に応じて利益も損失も比例するという点です。

利益追求に目が行ってしまい、レバレッジを利用し少額で大きな利益を狙うことはもちろん可能です。
しかし、反対に大きな損失をするかもしれないというハイリスクが潜んでいるのです。

レバレッジを利用して損失した人

例えばレートが悪い方向へ傾き、損失が3万円出てしまったとします。その時点で入金した額が仮に5万円であれば、5万円から損失分は差し引かれます。
つまり残金が2万円に減ってしまうということです。


FXのトレーダーを守るシステム:ロスカット

それでは実際にFXをする際のレバレッジの倍率をどのようにしたら良いのかと疑問を抱いた人もいると思います。レバレッジを最大にすれば利益は最大になりますが損失が出た時のリスクも最大になります。

このようなデメリットもありますが、実はFXのあるシステムのおかげでデメリットをフォローすることができます。

トレーダーが効率的に資金を運用ができ、また資金を守るためのシステムといっても過言ではありません。

それは「ロスカット」というシステムです。
ロスカットとは、投資した金額よりも大きな損失を出さないようにするためのものであり、ポジションを保有していたとしてもロスカットによってその時点での取引はFX会社によって中断させられます。

マイナスが起きないように歯止めをかけてくれる

例えば、FXの取引のための入金額が1万円と仮定します。レバレッジの倍率を大きくして取引を始めましたが、レートが悪い方向へ傾いてしまいました。
このまま行けば10万円の損失が出てしまうかもしれないという状況とします。

ところがトレーダーに負債(借金)をさせないようFX会社がロスカットが発動させますが、予め自らロスカットの設定をしておくこともおすすめです。

結果、危ない状況に陥ったとしても10万円の負債は負わずに、損失が最大でも入金金額の1万円のみで済むことができるということです。


特性を最大に活かしてトレードをしよう

FXの最大の特徴とも言えるレバレッジにはメリットやデメリットもありますが、それぞれの特性を知っておくことで効率よく利益を得ていけるようになります。

FXの最大の魅力のレバレッジのまとめ①

レバレッジのメリットとは

FXにおけるレバレッジのメリット
・レバレッジを利用して少額からFXを始められる
→大金は必要無く、手持ちのお金で利用が可能。

・トレーダーの資金を守ることができる
→損失があっても負債を背負うことはない。

・効率的にお金を稼ぐことができる
→金融機関の外貨預金の金利より効率的に利益を得られる。

FXにおけるレバレッジのデメリット
・リスクは大きいがフォローあり
→相場を誤って読んでしまっても、ロスカットで損失を最低限に抑えられる。


FXの最大の魅力のレバレッジのまとめ②

いかがでしたでしょうか?FXのレバレッジを利用することは、デメリット以上にメリットと感じる点が多くて魅力的なシステムと言えます。

ハイリスクとは言え、万一損失をしても最低限に抑えてくれるロスカットというシステムも備わっているので、負債を抱えるといった不安もありません。

資金管理をしっかりと行うこと

しかし、FXを行っていく際には無理のないような資金管理をする必要があります。
またFXが初心者であれば高額な元手は初めは用意せず、必要最低限の金額だけを入金しておくことも重要なポイントです。

さらに、初めて行うトレードでは高い倍率のレバレッジを設定するのではなく、FXのトレードに慣れるまでは低い倍率のレバレッジを用いて練習をしていきましょう。
経験値がついてからはレバレッジを最大にして効率良く稼いでいくという方がリスクも減り安心です。

管理人が愛用している海外のFX会社の「GEMFOREX」ではレバレッジの倍率を1000倍にもできるので、中上級になってからハイレバレッジでぜひトレードに挑戦して効率良く利益を得ていきましょう。

GEMFOREX

今すぐ口座開設 手順を見ながら口座開設

今回は、FXの基礎用語のレバレッジについて学んできましたが、初心者向けの必勝法も紹介しています。

初心者が知っておきたいポイントについて詳しく書いた記事もありますので、気になる人はぜひ参考にしてください。
参考:初心者向けの必勝法

Twitterでフォローしよう