最大レバレッジ高い海外FX業者はハイリスク?

海外FXにおける大きな特徴として最大レバレッジの大きさがあげられます。

国内FXの最大レバレッジが25倍に対して海外FXには上限がありませんが1000倍というような最大レバレッジを許容する会社もあります。

金融商品の投資としては、株、日経225、投信、先物取引、信用取引など様々なものがあるものの、その中でもFXのハイレバレッジはハイリスクであると良く言われます。

では実際のところFXにおける1000倍というようなハイレバレッジはメリットが大きいのでしょうか、それともハイリスクなのでしょうか。

長年に渡り国内FXと海外FXでのトレードを経験してきた管理人がその両者を比較シュミレーションをしながら解説をします。

一般的にはハイリターンを得る為にはハイリスクを承知しなければいけませんが、実はこのハイリスクを小さくしていくことがFXの勝利へのセオリーです。
利益を積み重ねる効率を上げる

つまり好条件で勝ちを積み上げて、負けをひたすらに減らしていくということです。

そのようなイメージを持って読み進めて下さい。


レバレッジ取引の最大を海外FX口座と国内で比較

まず海外FXと国内FXにおける最大レバレッジを比較說明します。

国内FXの最大レバレッジが25倍である理由とは

国内FX業者におけるレバレッジ取引の最大は25倍と規制で決められています。

これは海外FX会社におけるレバレッジ取引の最大と比較して随分小さめですが、国内FXのレバレッジは初めから最大25倍ではありませんでした。

最大25倍に規制されたきっかけは2009年に起きた内閣府令による金融商品取引業に関する法律内容の改正です。

それ以前は最大400倍のレバレッジまでができていた為、FXで数億単位の莫大な利益を産む人がいれば、同様に莫大な損失を被る人もいました。

その安定をはかる為に作られたのがこの法律です。

2010年8月から国内FXのレバレッジは最大50倍に規制されて、さらに2011年には最大25倍までの規制に至りました。

金融当局は投資家の保護の為にという理由で規制導入を行いましたが、自己責任に基づく投資活動に対する姿勢が厳しいとの意見が多くでました。

事実、投資にはリスクが付き物ですので、対立する意見が上がるのは当然でしょう。

では海外FX会社における最大レバレッジはどうなのでしょうか。

海外FX会社は最大レバレッジに上限がない

海外FX会社には最大レバレッジの上限規制はありません。

その為、最大レバレッジ100倍を超えるFX会社は当然で、最大レバレッジが1000倍であるところも存在します。

国内FXにて既に口座開設をしてFXのトレード経験がある人ならば、この最大レバレッジの違いに大きな魅力を感じることでしょう。

もし100万円(1ドル100円の場合)の取引をするとした時、国内FXだと、最大レバレッジ25倍の時に4万円の証拠金が必要ですが、海外FXならば、最大レバレッジ400倍を使えば2,500円の証拠金で済みます。

最大レバレッジの違いにより、「少ない自己資金で大きな取引ができる」というメリットにより海外FXが注目を集めています。
レバレッジ

また国内FX会社には追証制度がある為、自己資金の証拠金がマイナスになると借金を負うリスクがあります。

しかし海外FX会社であればゼロカットシステムを導入しているので、国内FXのような予期せぬ借金が起こる事はありません。

最大レバレッジの上限のメリットを踏まえると、断然海外FXが魅力的でおすすめであると言えます。

関連記事:追証とは
関連記事:ゼロカットとは




同為替レートのシュミレーションを業者一覧比較紹介

国内FXにおけるレバレッジは最大25倍、海外FXにおける上限のない最大レバレッジは必要証拠金に大きく影響します。

必要証拠金=売買における取引金額÷レバレッジの計算式が成り立ちます。

シュミレーションをすると下記一覧のようになります。

USD/JPYの為替レートが1USD=117JPYの場合

25倍(国内FX会社「外為どっとコム」最大レバレッジ)
(117円×1万通貨)÷25倍=46,800円の必要証拠金

100倍(海外FX会社「BitMEX」最大レバレッジ)
(117円×1万通貨)÷100倍=11,700円の必要証拠金

1000倍(海外FX会社「GEMFOREX」最大レバレッジ)
(117円×1万通貨)÷1000倍=1,170円の必要証拠金

上記のように最大レバレッジが1000倍であれば必要証拠金を少額に抑えられます。

FX取引を始めるために大金が必要であれば、気軽に始められませんが、海外FX会社であれば自己資金が少なくても最大レバレッジが大きいのでより気軽に取引開始できます。

最大レバレッジが高く必要証拠金が少なくても良いということは、資金の効率が良くなるということです。




海外FX会社のトレードがリスクという情報は間違い

最大レバレッジの高い海外FXでの取引はリスクが高く、国内FXはリスクが小さいと言われていますが、この考え方は間違っています。

もともとレバレッジとは必要証拠金の金額を決めるためのもので、損失や利益に影響を与えるものではないです。

それにもかかわらず海外FXの最大レバレッジがハイリスクだと言われるのは、資金管理に疎かな投資家がいるためです。
欲を出しすぎて利益を逃す

自己資金の限界ギリギリまでを1000倍などの最大レバレッジで取引をするれば当然ハイリスクがあります。

しかし逆を言えば、もし資金管理をきちんとできるのであれば、海外FXはより大きな利益を出せる可能性が高いと言えます。




海外FXで口座開設しよう。ビットコイン情報や手法も

管理人も海外FXにて長らく取引を行ってきましたが、そこには最大レバレッジを活かした資金効率とゼロカットによるリスク回避のメリットが大きいからです。

FXで稼ぐ為の1番賢明な手段は、FXにまつわる様々な仕組みを知り尽くし適切な取引手法を行い、資金効率を良くすることです。

そうすることによって、「負けを減らして大きく勝つ」ことができます。

当サイトでは、「負けを減らして大きく勝つ」為の様々な知識やFX手法、ランキング情報などを紹介しているので是非参考にして下さい。

管理人が一個人として常時メインに使っている海外FX会社は2つあり、
外国為替のFXは最大レバレッジ1000倍取引のできるGEMFOREXで、
ビットコインによるFXでは最大レバレッジ100倍のBitMEXです。

世界最速!たった3分で口座開設 BTCを送って、今すぐ取引開始!

因みに、最大レバレッジ1,000倍のGEMFOREXでは毎月定期開催される「100%入金ボーナス」のキャンペーンに必ず参加して超お得な裏技を使っています。

BitMEXはビットコインFXで世界一人気のある海外FX会社で、手持ちのBTCがあればそれを送って今すぐ取引開始できます。

たった3分で口座開設

BTCを送って今すぐビットコインFXをはじめる