半減期が及ぼすビットコイン(仮想通貨)価格の理由

ビットコインに投資を始めてある程度知見が増えてくると「半減期」というものがあるということに気づくでしょう。

半減期とは一体何?良いこと悪いこと?いつくるの?など疑問が多いことと思います。

ビットコインFX歴1年以上の管理人が半減期がどういうもので、それによりどんな良いことがあるのか悪いことがあるのか解説します。

半減期とは実は、悪いことではないことは確かです。

悪いものではない

実はビットコインのネットワークを上手く流動させるために取り入れられた画期的なシステムです。

また半減期を活かして投資利益を得られる可能性もあるので知識としてしっかり理解しましょう。


ビットコイン(仮想通貨)半減期とマイニングの仕組み

ビットコインにおける半減期とは何でしょうか。

ビットコインの半減期に関わるマイニングとは

まずビットコインの半減期というものの說明の前に、ビットコインにおけるマイニング(採掘)について説明します。

ビットコインは、ブロックチェーンと呼ばれるネットワークシステムにより価格などの全ての取引履歴(過去全て)を記録しています。

この記録を実行するためには別々に保存されたデータと取引データが一致しているか検証をしなければなりません。

このようにビットコイン取引が正しいかどうかの検証作業は誰もが参加でき、この検証作業の報酬としてビットコインを受け取ることができます。

関連記事:ブロックチェーンとは

この検証作業をしてビットコインを報酬として得られる行為がマイニング(採掘)であり、マイニングを行う人をマイナーと呼びます。
bitcoinマイニング

マイナーは誰でもなることができますが、コンピューターCPUなど計算作業を有利にするためには高性能なものを使用しなければなりません。

ですので本格的にマイニングをするならば多少の初期投資が必要となります。

一定の検証作業をしてビットコインを受け取れるという感覚が鉱物採掘に似ているということでマイニングという名称が付きました。

関連記事:マイニングとは

ビットコインの半減期とは何?

マイニングを理解した上で、ビットコインの半減期について解説します。

半減期とはマイニングによって得られるビットコインの報酬量が、半分に減少するときのことを言います。

ビットコインの報酬量が、半分に減少するとき

ビットコインの半減期により以下のように報酬が変化をしていきました。

2009年にビットコインが誕生
2009年、マイニング報酬は1ブロックあたり50BTC
2013年、1度目の半減期により25BTCに変化
2016年、2度目の半減期により12.5BTC
2017年と、2018年の3月現時点は12.5BTC

因みに次回3回目の半減期は2020年にくるのではないかと予想されています。




価格上昇、発行量、報酬等の過去との関係や理由まとめ

次は半減期というものがビットコインに組み込まれている理由を解説します。

ビットコインの総発行量がある為に半減期がある

では、なぜビットコインに半減期が設定されているのでしょうか。

ビットコインの総発行量の上限は約2100万BTCです。

これはビットコインシステムのプログラムに規定されているものなので変更することはできません。

条件を変更するならば、ビットコインとは違う別の仮想通貨を作らなければなりません。

2018年3月の時点ではビットコインの発行量は1600万BTCを越えており2140年までに全てのビットコインが発行されるだろうと予想されてます。
マイニングは2140年ごろ2100万BTCに達して終了

発行量の2100万BTCまで達するとそれ以上に発行されることはなくその2100万BTCの中で取引が行われることになります。

なぜ半減期でビットコイン報酬を減らすの?

半減期によりビットコインのマイニング報酬が半分になるということは、それまでのマイニングよりは儲からないものになります。

報酬が高ければ必然的にマイナーたちが競合して盛んにマイニングが行われますが、半減期をくり返すことでマイナーも減り発行されるビットコインも減少します。

つまり半減期の存在意義は、ビットコインの新たな発行を緩やかに減少させながらゼロに近づけていくための仕組みです。

もしマイニングによって発行されるビットコインに半減期がなければ、短期間でビットコインの発行上限に達します。

ビットコインの報酬を半減期により減少させていけばビットコイン自体を一気に世へ放出してしまうことを妨げられます。

ビットコインでは半減期により、発行上限が決められているだけでなく発行スピードのペースもプログラムにより予め決められているということです。

ビットコイン価格上昇と半減期の相関関係

ビットコインには半減期が設定されていることにより、ビットコインの発行量は報酬の減少に比例して同様に減少していきます。

これはビットコインが世に急激に増加しないための仕組みですので、ビットコインが増えすぎることでの価格暴落を防ぐ狙いがあります。

ビットコインが世に急激に増加しないための仕組み

そして半減期によりビットコインの発行量が減少することで、ビットコインの保有者や投資家はビットコインの発行上限が近づいていることを意識します。

その意識により既に発行されているビットコインに対する希少価値を見出し需要を高めることに繋がる可能性もあります。

需要が高まればビットコインの価格も上昇しやすくなります。

2016年の半減期においては半減期を意識した相場チャートでは価格の上昇傾向が見受けられました。




2016の4年後の2020が次と考えられている予想

次は今後におけるビットコインの価格動向と半減期の展望を解説します。

次のビットコイン半減期はいつだろう?

ビットコインの半減期は時期が決められているものではなく、取引を記録していくブロックの数によって決められています。

おおよそ10分ごとの取引が1ブロックに記録されております。

半減期は21万ブロックごとに訪れるように設定されており21万ブロックを10分づつかけるとおおよそ4年です。

半減期は約4年ごとに訪れる

つまり半減期は約4年ごとに訪れるということです。

前回の半減期が2016年であったこともあり次回は2020年ではないかと予想されてます。

半減期が近づくことはビットコインの需要増加に繋がる

半減期が訪れる時にはビットコインの価格が上がる傾向があることをしっておきましょう。

半減期が近づくことにより発行上限の意識が強くなり希少価値に対する人々の心理が需要増加になります。

希少価値に対する人々の心理が需要増加になる

つまりマイナーにとっては報酬量が減っても価格が上がれば半減期がおとずれても大丈夫ということになります。

また価格の値上がりのペースが半減期よりも早ければ報酬自体の価値が上がります。

そうすると半減期がきてもマイニングのペースを抑えることができず発行上限に達する時期が早まる可能性も出てきます。

そのことにより価格上昇を引き起こす可能性もまた高くなります。
投資目的

しかしながらビットコインは誕生してまだ間もないものです。

半減期とビットコインの価格に関する関係を予想することは困難なものです。




仮想通貨なら海外FX会社をおすすめする理由

ビットコインの発行量には上限があり発行されるペースも半減期のシステムによってコントロールされています。

システムによってコントロールされている

発行量の上限や半減期があることによりビットコインは価値が保たれ、価格上昇も期待できます。

しかしながらビットコイン投資をする際には、激しい価格変動のリスクが存在することをしっかりと心に留めておかなければなりません。

リスクを少しでも抑えるためには分散投資をおすすめします。
価格変動には分散投資

アルトコインと呼ばれる他の仮想通貨(イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコイン等)に投資することも分散投資ですが、現状では仮想通貨全体はビットコインの相場に連動しています。

できるならば、分野の異なる株式投資やFXなどに分散させることが賢明ですが管理人としては海外FXが無難であると考えます。
海外FX

海外FXはビットコインにおける投資スキルと非常に似通う部分があるのと税金に関する課税方式も同じです。

因みに、管理人が使っているFX会社は、為替FXがGEMFOREXで、ビットコインFXはBitMEXです。

GEMFOREXは超お得なボーナスキャンペーンが毎月開催されているので、その時だけ狙って掛け金2倍でハイレバレッジ(最大1000倍)の取引をしています。

BitMEXは世界一人気のあるビットコインFXの会社です。

世界最速!たった3分で口座開設 BTCを送って、今すぐ取引開始!


Twitterでフォローしよう