ビットコイン(仮想通貨)

仮想通貨という言葉をテレビや巷でよく耳にするようになりました。

仮想通貨はなぜこんなに騒がれているのか気になることと思います。

仮想通貨投資歴1年以上がたった管理人は仮想通貨FXによるトレードをくり返しながらブロックチェーン技術に関して日々勉強中です。

仮想通貨とはズバリ、人類の未来に欠かせないツールです。
ビットコインと人類の未来

インターネットによる情報革命が起きているのと同じように、金融革命が起こるといっても過言ではないです。

仮想通貨があれば海外旅行で、現地の銀行を介した手数料の高い両替換金もなくなるかもしれません。

世の中はお金により経済が成り立ち文明が発展します。

そういう意味では仮想通貨という「お金」の一種がもたらす未来への影響は計り知れません。

ここでは、仮想通貨の投資対象として人気の理由について說明をしていきます。

仮想通貨は実用化としては殆どなにも始まっていない状況です。

先行者優位を活かした投資チャンスの大きい仮想通貨に期待をよせましょう。




仮想通貨、ビットコイン誕生

仮想通貨の始まりであるビットコインそのものの仕組みを作ったのはサトシ・ナカモトという人物ですが、その人物が日本人であるのかまた個人なのか団体であるのかという情報は未だに謎に包まれています。

現在世界中に存在する法定通貨(USDドルやJPY円など)は、中央銀行のような中央集権による管理のもとにおかれています。

中央集権とは財源が国の中枢機関に集中している体制のことをいいます。

しかし仮想通貨とは各国による法定通貨の権利独占に依存しないようにするため、その権利独占の危惧を払拭するために開発されたと言われています。
中央集権のイラスト図

法定通貨は、発行の増減によって金利をコントロールし物価や景気を管理するメリットがある反面、発行を増やしすぎることでインフレを起こしたりなどコントロールが難しいことが分かります。

一方、仮想通貨は発行量が限られていることと、発行されるスピードなど一定に保たれる仕組みになっています。




世界に広がる信用・安全技術と投資の魅力、本質的価値

具体的に仮想通貨というものはどういった部分が優れているのでしょうか。

仮想通貨の仕組み、ブロックチェーンてなに?

ビットコインを始め他の様々な仮想通貨(アルトコイン)における仮想通貨のシステムはブロックチェーン技術に支えられています。

仮想通貨の取引のデータが1つのブロックに収まる時間はおおよそ10分ほどです。

マイニングをするマイナーと呼ばれる人により計算が施され、取引の承認が実行されます。

実行に問題がなければブロックがチェーン状に繋げられていき、利用される仕組みです。

そして仮想通貨におけるブロックチェーンの管理方法は既存の銀行などの金融システムなどとは方式が異なります。

仮想通貨自体の価値は、ブロックチェーン技術によるセキュリティーの高さと深い関係があります。

また仮想通貨におけるブロックチェーンは人の判断を用いずに自動的に実行されるプログラム、スマートコントラクトと呼ばれる技術を含んでいます。

特にこの技術には人的なミスを排除したり人的な手間を省いたりすることができ、契約事項や権利の管理に応用できる期待されています。

つまりブロックチェーン技術自体が仮想通貨の価値と直結していると言えます。

仮想通貨が安全である2つの理由

仮想通貨が安全な資産であると言われる理由は大きく2つあります。

まず取引における履歴の改ざんは不可能です。

仮想通貨取引の内容は全てブロックとしてチェーン状に繋げられており、システムに参加してつながっている端末で分散的に管理されています。

つまりは分散して管理されているため仮想通貨取引の内容を改ざんしようがないということになります。

改ざん不可

もう一つは国の管理で運営されてはいないということです。

USDドルやJPY円などの法定通貨は、国の金融政策により発行量が人間の判断により左右されます。

また国の大事が起きる際には、地政学的にその法定通貨の価値と価格は下がってしまいます。

一方、仮想通貨は国の管理下ではないため経済状況などに左右されないメリットがあります。

このような点から仮想通貨は安全な資産であると言われています。




2018年も人気上昇中。円よりも簡単送金のメリット

次は仮想通貨のメリットについて触れてみましょう。

仮想通貨はとにかく簡単に両替、送金ができる

ビットコインをはじめとする仮想通貨は2017年に価格相場が大きく高騰しました。

仮想通貨取引所に口座を開設して、仮想通貨を購入したり換金したり、送金したりすることができます。

相場の価格は需要と供給によってきまるので仮想通貨の人気は非常に高まっていると言えるでしょう。

仮想通貨の人気が高い理由にはやはり仮想通貨のリアルタイムでキャッシュレスな決済機能の便利さがあげられます。

仮想通貨の便利さ

仮想通貨を保有していることで、様々な国において手数料も安い仮想通貨決済による商取引が可能になります。

海外旅行や出張などで現地の法定通貨に換金することを面倒だと思う人も多いことと思います。

しかし仮想通貨ならば面倒な換金から解放されるメリットがあります。

仮想通貨なら365日24時間、手数料安く海外送金もできる

その他仮想通貨における人気の理由としては、そのスマートで効率の良い仮想通貨送金を金融機関や業者を通さずに行えることです。

JPY円を送金する時、一般的には銀行などの金融機関を使います。

しかし既存の金融機関では仮想通貨は取扱がないのが現状です。これは言い換えると仮想通貨の送金を行う時に既存の金融機関は必要ないということと同じことです。

送金に金融機関の必要なし

金融機関を介して送金する場合は土日は基本的に次の営業日に回され夜間も難しくなってきます。

それだけでなく海外送金には高い手数料があります。

一方、仮想通貨での送金は365日24時間処理され、手数料も格段に安いというメリットがあります。

仮想通貨の人気が上がる理由を理解していただけると思います。



ビットコインならマイニングによる利益も狙える

仮想通貨は利益を期待できる反面、リスクもあることを心に留めておきましょう。

仮想通貨は利益も期待できてマイニングもできる

仮想通貨には将来的な価値に対する投資対象としての魅力もあります。

2017年も2018年も仮想通貨の価格は上昇傾向にありますので安い時に買って高い時に売ることでの差益を狙いやすい環境にあります。

そしてニュースにもなりましたが仮想通貨は改正資金決済法により法定通貨のJPY円と同じような決済手段のある通貨であると認められました。
金融庁がビットコインを認める

決済手段として認められたことで仮想通貨取引は消費税とそての税金は掛からない取引であると認められました。

それはつまり相場チャートを利用した証拠金取引のFXや株式投資と同じように消費税としての税金を気にする必要はなくなりました。

また仮想通貨ならではの魅力として、マイニングと言われるメリットもあります。

マイニングとは仮想通貨のシステムに参加することで、この作業を請負いシステムにおける計算処理を成功させた人に報酬として仮想通貨が支払われるというものです。

仮想通貨の発展を信じてマイニング活動に力を注いでいる投資家も多くいます。

リスクにも注意しよう

仮想通貨投資によってキャピタルゲインを狙える魅力があるものの投資である以上リスクは存在します。

仮想通貨の代表的なリスクとして価格変動があげられます。

仮想通貨は上昇基調であるものの価格が下落する局面も多くあり1日で50%以上も暴落することもあります。

仮想通貨暴落

仮想通貨取引履歴における改ざんに関しては不可能であるものの、仮想通貨取引所や仮想通貨ウォレットへの不正ログイン、いわゆるハッキングにより盗まれるリスクもあります。

仮想通貨とはいえ投資をするからには、様々なリスクが存在することを今一度理解しておきましょう。

仮想通貨の魅力とリスクのまとめ

仮想通貨には投資対象としてのメリットや決済手段としての魅力があると説明しました。

投資をする以上ではリスクがついてきますのでリスク回避の対策も重要となってきます。

価格変動によるリスクに対しては分散投資が有効です。

価格変動には分散投資

仮想通貨には銘柄も多く仮想通貨取引所も多いです。

さらに仮想通貨FXと呼ばれる仮想通貨の相場チャートを利用した証拠金取引(CFD)もできます。

仮想通貨における投資の種類も多種多様ですので分散投資によるリスク回避を高め、且つ複利を目指していきましょう。

関連記事:仮想通貨FXとは

Twitterでフォローしよう