「海外FX業者」おすすめランキングも

このページではサイトを通じて寄せられる海外FXに関する問い合わせの中でも、よくある質問内容を抜粋して一問一答していきます。

「海外FX業者は悪徳業者が多い?」
「海外FX業者は入金出金がきちんと行われるの?」
「税金はどう違って、どっちがお得?」 

管理人はサイト内で紹介する海外FX業者に関して全ての業者で口座開設をしています。

トレーダーとしても熟知している海外FXの知識で根拠を打ち出して質問に答えていきます。

その流れで海外FX業者を比較できるようなおすすめランキングなども紹介します。

海外FXを始める上での不安や悩みを少しでも解消して、より良い海外FX業者選びにつながると思いますのでぜひ参考にしてみて下さい。



海外FX業者の高いスプレッドの真意

海外FXは真面目なの?胡散臭く思う

Q:本当に真面目な海外FX業者はいないのでしょうか?日本のプロトレーダーの多くが、海外を多く利用しているようですが、彼らは、そんな胡散臭い業者でもリスクを承知で取引しているのでしょうか?

A:海外FX業者も国内FX業者同様、FXが世に浸透してから長い年月を経て、あり方が変わってきています。日本のプロトレーダーが海外FXを多く利用するのも、信用がなければ成り立たない話でもあります。当サイトで紹介している海外FX業者はどこも信頼性が高く、きめ細かなサポートサービスを提供する海外FX業者です、ぜひ参考にしてみて下さい。管理人も実際にトレードを行い何度も入金出金を繰り返していますが、一切問題なく行なわれています。

関連記事:海外FXの業者評判

海外FX業者は悪徳業者なの?

Q:海外FX業者って本当に悪徳なんでしょうか?ふと疑問に思ったのですが、FX取引にはDMMやGMOを始めとした国内FX業者と海外FX業者があります。国内はレバレッジ規制で25倍になっていますが、海外FX業者は1000倍のところもあります。ネットで検索したブログなどを見ても海外FX業者=悪徳というような考えが蔓延しているように思えるのですが、本当にそうなのでしょうか!?日本人以外の人は所謂海外FX業者で取引をしているはずですし、一概に悪徳とはいえないように思うのです。実際どうなのでしょうか?私の先生は、FXDD(//www.fxdd.com/)とLion Sight Treasuryというところ(www.lst-fx.com)というところで取引をしているそうです。以前はペッパーストーン(pepperstone.com)でやっていたそうですが、日本人は排除となってしまったそうです。先生曰く、「確かにいわゆる海外FX業者で悪徳な業者で悪徳なところは出金拒否をしたりというのはあるが、きちんと業者の選別を行えば、高いレバレッジを掛けられるので、資金効率も良く運用できる。私自身は10年以上前に多少そういった業者に勉強代を払ったことはあるがそれ以降はない。」とのことです。

A:先生の仰るとおりだと思います。悪徳な海外FX業者は出金拒否をするなど顧客満足という概念すらありませんが、それも一昔の話であり悪徳業者は近年ではあまり見受けられません。信用できる海外FX業者とは業者としてそこそこの老舗感があることが信用に繋がっていることと思います。そういった意味では悪徳であるかどうかも直ぐに見分けることができます。当サイトで紹介している海外FX業者に関しては管理人が全て取引口座を開設して何度も入出金をしていますので自信を持って悪徳業者ではないと断言できます。ぜひ参考にしていただければと思います。

関連記事:海外FXの業者評判

海外FX業者を使うと可笑しいとネットで叩かれる

Q:色々考えたのですが海外FX業者がいいように思うのですがどうでしょうか?国内・海外両方のFX口座持ってます。色々使ってみて、スプレッド・税金のこと以外国内業者のいいところが思い浮かびません。あと一番の懸念材料といえば信頼性とかでしょうか?でも追証が発生する可能性のある国内業者も正直信用できないような気がします。ネットで検索しているとブログなどで海外FX業者を使う人は可笑しいと叩かれているのですが、どうしてでしょうか?

A:海外FXは国内FXに比べてスプレッドが大きいのは確かです。しかしそれにはきちんとした理由があり、国内FX業者と海外FX業者における取引構造の違いが関係しています。FXトレードをする際には1FX業者、2トレーダー、3カバー先(銀行や証券会社)の3つの関係によって取引が成り立っています。カバー先はFX業者へ為替レートを提示しておりその値をもとにFX業者はトレーダーにレートを示して取引が行われます。国内FXではDD方式(Dealing Desk)と呼ばれるシステムが採用されておりカバー先が示した為替レートをトレーダーに直接提示しないでFX業者の中で修正した為替レートがトレーダーに提示されます。つまり見えないスプレッドを割増して提供することもできます。トレーダーに不利で業者に有利な取引を起こす可能性も考えられます。一方海外FX業者はNDD方式(No Dealing Desk)が採用されておりトレーダーはカバー先の提示する為替レートで直接取り引きをします。海外FX業者はスプレッドだけを業者の収入源としていますのでトレーダーの取引回数が増えれば増えるほど業者の収入源となりますので、トレーダーが利益を生み出しwinwinな関係を望むというわけです。そのため海外FX業者は少しでもトレーダーが勝てるようにトレーダーに有利なボーナスキャンペーンなどを多く実施してくれるというわけです。国内FX業者の低スプレッドは一見良心的に見えますが本質的に言えば海外FX業者のようにトレーダーの勝ちよりは、負けを望んでいるということを知っておきましょう。

関連記事:負けを望む国内FX業者、勝ちを望む海外FX業者

初心者ですズバリ国内FX業者と海外FX業者はどちらが良いですか?

Q:FXの海外業者と国内業者は、どちらを使うべきなのでしょうか?私は完全に初心者です。追証の問題、海外業者だと倒産のリスクが、FXの手法が、、、とか初心者には判断するのが難しいです。ご意見をお聞かせください。

A:断然海外FX業者を使うべきだと思います。海外FX業者に対する倒産のリスクや不安が付きものというのは当然であると思います。まず倒産リスクは信託保全が行なわれている業者であるかどうかで判断ができます。これは国内FX業者も海外FX業者も同じことでありますのでぜひ注意するべき点として覚えておかなければなりません。そして重複しますが、国内FX業者はDD方式で、海外FX業者はNDD方式あることを深く理解しておかなければなりません。

関連記事:負けを望む国内FX業者、勝ちを望む海外FX業者



出金詐欺への安全や評判。BTC出金ならXMがお勧め

大切な資金が失われないか不安

Q:海外のfx業者で入金して取引した場合ですが日本の業者なら日本にあるし、日本語も話せる、金融庁の日本の登録もあれば最悪、出金したい時に応じてくれずとも、自分から日本に住んでいる以上で見たら、出向いたり裁判したり対応できそうですが、海外fx業者だと海外の口座に入金しているから最悪出金に応じてくれないと、英語話せないとか、住所もわからない、あッているかもともかで、海外いッたこともないとかで想定したら最悪のケース見たら海外fxの利用は避けるべきでしょうかね・・・?資金を持ち逃げされるとどうすることもできないとみてですが・・・・。日本業者ならまだしも。法的に見たらどうなりますかね・・・?やはり海外fxの利用は最悪を見て避けるべきでしょうかね・・・?

A:大切な資金が失われないかとても気になることと思います。英語も話せなければどうにも対処もできないのではないかと考えてしまうことでしょう。しかしながら最近の海外FXは安心できる面がたくさんあります。ホームページにおいてはほぼ全ての業者が日本語に対応しています。またメールサポート、ライブチャット、電話サポートまで導入している業者がほとんどです。つまり国内FX業者となんらかわりないサービスレベルと考えても問題ないです。海外FX業者どうしも顧客獲得競争下にありますので日本語に対応しないことが逆にデメリットを抱えいます。なぜなら世界の全FX取引の57%は日本人トレーダーだからです。また国内FX同様、海外FX業者もほぼ全ての業者が信託保全を導入していますので倒産リスクによる資金消失という懸念も問題ありません。では海外FXが完全に安全かといえばそうでもありません。中には、信託保全などを提示しないで怪しすぎる業者もありますので気をつけなければいけません。より安全な業者のポイントはズバリ、老舗業者であり業者としての経歴が長いかどうかとうことが重要であると思います。そういった基準からトレーダーに評判の良い業者を当サイトでは紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事:海外FXの業者評判

出金は問題なく行なわれる?

Q:fxの海外業者に興味があります。近々国内業者のレバレッジが下がるので海外でなんとかならないか考えてます。しかしながら出金詐欺の部分で不安が残ります。100万単位でも問題なくおろせている人はいるのでしょうか?

A:きちんとしたFX業者であれば問題なく出金できます。当サイトで紹介している海外FX業者は全て老舗であり信頼がもてる業者であります。出金できない悪徳業者はいわゆる詐欺紛いな行為をしている業者のことを指すと思いますが、そのような業者は金融ライセンスをまず保有してもいなく、すぐ破綻してFX業者としては生き長らえません。当サイトの海外FX業者の評判や概要を是非参考にしていただいて業者選びの参考にしていただければと思います。

関連記事:海外FXの業者評判

業者による入金出金の規制がされたことで不安が生じた。

Q:海外のFX業者への入金はクレジットカードか、銀行振り込みだと思います。以前、どこかのブログで海外のFX業者への入金が規制されたとかいう話を聞いた記憶があるのですが、自分で調べてみても情報が見つからなかったのです。実際、規制はされているのでしょうか。

A:海外FX業者での入金出金ではクレジットカード、銀行振込の他に電子マネー決済やビットコイン決済があります。また銀行振込に関しましては国内銀行への振込もできる業者がほぼ全てです。入金方法の一部が規制されているということにつきましては「Skrill(スクリル)」「NETELLER(ネッテラー)」による電子マネー決済を取り扱わなくなった業者が出てきたことだと思います。これらの電子マネー決済はオンラインカジノやマネーロンダリングで悪用されイメージが良くなくなりました。FX業者としてはそれほど需要の高くない決済方法ならば無くしてしまう方が得策ではないかと考え行ったものだと思います。

関連記事:ビットコイン決済ならXMがおすすめ



税金関連(ボーナスキャンペーン節税、確定申告等)

税率を考えると海外FXは不利なの?

Q:海外業者は総合課税(雑所得)なので50%。国内業者は申告分離課税なので一律20%。 国内業者を利用しない手はないですよね?

A:海外FXは累進課税ですので正確に言えば330万円以上の利益が出た時点で国内FXよりも課税率が上がっていきます。税金だけを見れば国内FXが有利のように思えまが、トレード自体に勝たなければ元も子もないです。管理人としては上項目でも述べたように国内FX業者はトレーダーの勝ちを望まず、負けを望んでいます。そういった意味では税率が高くても海外FXをするメリットは大きいと思っています。また課税率が高くても節税できる方法(必要経費の捻出、居住国の変更、両建てトレード、ボーナスキャンペーンを利用した節税など)は多様にあります。課税率ばかり気にして他のデメリットに気づかないようにならないように気をつけましょう。

関連記事:海外FXにおける税金の仕組み



まとめ(スキャルピング向ランキングや格付評価一覧)

一問一答形式で様々な疑問に答えてきました。少しは海外FXへの不安解消や業者選びの参考になることともいます。

さらに業者を比較できるようなおすすめランキングなどの関連記事なども参考にしていただければと思います。

関連記事:格付評価の一覧
関連記事:おすすめ総合ランキング
関連記事:スキャルピング向けのスプレッド比較ランキング

海外FX業者にて口座開設をご検討されていて、気になることがあればツイッターのほうへぜひ直接メッセージいただければと思います。

関連リンク:お問合わせはツイッターへ