国内と海外におけるスキャルピングの違い

スキャルピングトレード取引手法の国内と海外FXの違いと例

国内と海外FXのスキャルピングトレード取引手法

スキャルピングは超短期間でトレードを繰り返し小さな利益を積み重ねていく方法です。

ではスキャルピングをするならば国内FX会社と海外FX会社とではどちらがより有利であるのでしょうか。

またスキャルピングのような超短期トレードはFX業者に嫌がられると聞いたことがあるかもしれません。

ここでは、スキャルピングに対する国内FX会社と海外FX会社の取り扱われ方の違いなどについて説明します。


スキャルピングの売買取引は本当に禁止なの?国内の例

まずスキャルピングがFX会社に禁止とされているトレード法なのかどうかを説明します。

国内FX会社のスキャルピング事情

スキャルピングをしていて口座を凍結されたという噂を聞いて、国内FX会社ではスキャルピングを禁止しているのではと思うトレーダーもいると思います。


利用規約などで、「短時間の売買を繰り返す行為」を禁止する会社はありますが、スキャルピングと明記して禁止しているFX会社はありません。

つまりスキャルピング自体が禁止たされている行為とは言い切れません。

国内FX会社がスキャルピングを嫌がる理由

国内FX会社は、トレーダーからの売買注文を全て為替市場に繋げるというわけではありません。

注文の一部を間で相殺しながら損失を被ることを回避しようとしています。

いわゆるカバー取引というものをしています。

つまりカバー取引を行うためには、スキャルピングのように超短時間で頻繁にトレードされるとFX会社としては大変なことになります。

まさにこれが、国内FX会社がスキャルピングを嫌がる理由と言えます。




海外FX会社の投資環境での超短期間取引の基礎知識

一方、海外FX会社のスキャルピングを考えてみましょう。

海外FX会社は国内FX会社とは異なりトレーダーの出す売買注文に対して全て自動的に為替市場に直接つないでいます。

そして取引手数料やスプレッドによる収益構造になっているので、トレーダーの取引量が増えるほど、つまりスキャルピングにより取引量が増えることが海外FX会社にとっては大変なメリットになります。




利益目指す超短時間取引の為の海外FX会社選びのコツ

では次にスキャルピングをする場合の海外FX会社選びのポイントを説明します。

スキャルピングは小さいスプレッドが重要

殆どの海外FX会社においてスキャルピングは嫌がられません。

ですので、海外FX会社にてスキャルピングでトレードできるFX会社を探すことは簡単です。

但し、選択できる会社が増えるということも悩みになります。

スキャルピングをする為の海外FX会社選びにはポイントがあります。

1つ目は、スプレッドが小さいことです。

スプレッドは、海外FX会社が決める為替レートに上乗せされている手数料的なものです。

売買する度に必ずコストとしてかかってきます。

つまりスキャルピングにて何度も売買を繰り返すときに、このスプレッドが大きいと利益は出しにくくなります。

関連記事:スプレッドとは

スキャルピングは約定力が重要

2つ目は、約定力が強いことです。

約定力が強ければ、売買注文を入れて限りなく早くトレードができます。

スキャルピングとは超短時間の相場の変化を予測し売買を行うことで利益を積み重ねていくものです。

中長期的なトレードにおいては約定力の強さはあまり影響を受けませんが、スキャルピングにおいては重要なポイントになってきます。

関連記事:約定力とは

スキャルピングは強制ロスカットを避けろ

3つ目は、強制ロスカットのレベルが高くないことです。

自身の保有しているポジションから損失が決められた証拠金維持率を超えると強制的にトレードが終了します。

関連記事:ポジションとは

つまり強制ロスカットのレベルが高いとほんの少しの価格変動でもロスカットされる可能性がでてきます。

またスキャルピングはハイレバレッジを使ってのトレードが多いです。

ハイレバレッジトレードは強制ロスカットのレベルに敏感なためコントロールも難しくなります。

その為、ハイレバレッジでのスキャルピングを望む場合は、強制ロスカットのレベルの低い海外FX会社を選択しましょう。




レートに関わるスプレッドや約定の動きでFX会社選び

スキャルピングトレードをしようと考えているならば、海外FX会社がおすすめです。

なぜならば国内FX会社はカバー取引を行っているのでスキャルピングに対して不快を示します。

利用規約にスキャルピングの禁止と明確に示されてなくとも、口座凍結が行われる可能性はあります。

一方、海外FX会社でのスキャルピングは殆どの場合歓迎です。

なぜならば海外FX会社の収益源はトレーダーによる取引回数に比例しており、スキャルピングならば尚更喜ばれるからです。

そしてスキャルピングの為の海外FX会社を選ぶポイントは、スプレッド、約定力などです。

そういった点を踏まえて海外FX会社として管理人がおすすめする海外FX会社はGEMFOREXです。

管理人が直近3年ほどで一番重宝している海外FX会社です。

スプレッドも約定力も申し分ないのですが、実はそれよりもこのGEMFOREXをおすすめする一番のポイントは100%入金ボーナスにあります。

以外に知られていませんが、定期的に開催される入金ボーナスキャンペーンを活かせば断然お得です。

なぜならば、その度に掛け金が2倍になります。

詳しくは、入金ボーナスの記事を呼んでみてください。

GEMFOREXのボーナスの活かし方を攻略しよう!

管理人の得意とするスキャルピングの具体的なトレード方法も是非チェックしてみてください。

関連記事:管理人のスキャルピング方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

  1. スキャルピングの魅力
  2. 海外FXのメリットと国内のリスク
  3. 国内と海外におけるスキャルピングの違い
  4. 海外FXボーナスの魅力
  1. ビットコインを無料で増やす裏技とコツ

    仮想通貨取引

    ビットコインを無料で増やす裏技とコツ
  2. ビットコインのレバレッジ取引の魅力や特徴を徹底解説

    仮想通貨取引

    ビットコインのレバレッジ取引の魅力や特徴を徹底解説
  3. ブロックチェーンの仕組みと将来性を徹底解説

    仮想通貨取引

    ブロックチェーンの仕組みと将来性を徹底解説
  4. 海外FXでスキャルピングをすべき理由とは

    海外FX会社おすすめの理由

    海外FXでスキャルピングをすべき理由とは
  5. 海外FXの確定申告逃れにより罰則を受けた前例の紹介

    FX基礎知識

    海外FXの確定申告逃れにより罰則を受けた前例の紹介
PAGE TOP