デイトレードと呼ばれる株やFXで利益を狙うおすすめ投資手法

株やFXでの投資手法、デイトレード

株やFXなどの投資に関心のある人であればデイトレード、デイトレーダーと呼ばれる言葉を耳にしたことがあることと思います。

一体どういった投資手法のことを示すのでしょうか。

デイトレ−ドを含めてトレードには大きく4つのトレード手法がありますが、ここではそれらの違いを理解した上でデイトレード入門とデイトレード手法の研究としてのコツを説明していきます。
デイトレード

トレード歴の長い管理人も頻繁に行うデイトレードにはメリットが多く初心者トレーダーでも直ぐに技術を取り入れられるほど簡単なものです。

デイトレードを自身の引き出しの1つに加えてより本格的なトレーダーとしてステップアップを目指しましょう。




デイトレードとその他おすすめとポイント

まずデイトレードを始めとしたFXトレード手法で代表的な4つを解説します。

FXトレードのデイトレード

俗にデイトレと呼ばれるデイトレード手法があります。

デイトレードとは1日における為替の価格変動を利用して利益を狙うトレード手法です。

1回の取引による価格の変動は小さいですが、1日で何回ものトレードを行うことで利益を積み重ねていきます。

1日に何回もトレード

USDドル/JPY円における1日の為替変動は10銭〜1円程度です。

そしてデイトレードと言うだけあってポジションを翌日に持ち越さないことも特徴です。

関連記事:ポジションとは

寝ている間に為替レートが暴落したりするなどの損失リスクを避けることができる点もデイトレードのメリットです。

スキャルピングと呼ばれるFXトレード手法

スキャルピングというFXトレード手法は数秒〜数分といった超短時間でトレードを行うものです。

その為、1回のトレードで狙える利幅もデイトレードよりも小さくなりますが数多くの取引を繰り返すことで利益をたくさん積み上げていくことが特長です。

パソコンの相場チャートから目が離せないFXトレード手法ですが、自動売買のシステムを利用したりすることもできます。

国内FXなどではスキャルピングトレードを規制しているところもあるのでスキャルピングを規制していない海外FXにて口座解説をすることもポイントです。

関連記事:スキャルピングとは

スイングトレードと呼ばれるFXトレード手法

スイングトレードと呼ばれるFXトレード手法はおおよそ数日間ポジションを保有しながら取引を行う手法です。

デイトレードやスキャルピングなどよりは長いスパンのFXトレードのスタイルと言えます。

USDドル/JPY円における為替変動の1円〜5円程度での差益を狙うことが多いFXトレード手法です。

FXトレードの中長期投資

デイトレードやスイングトレードよりももっと長い中長期投資と呼ばれるFXトレード手法もあります。

期間は数週間から数年です。

長期的な為替の差益狙いと金利(スワットポイント)での利益も狙っていくのが特長で、金利差の大きい通貨ペアでのFXトレードにむいています。

関連記事:スワップポイントとは




基本解説(利益の時間帯、銘柄、チャート分析ツール)

では次にデイトレードについて基本から詳しく解説していきます。

デイトレードに適する時間帯

デイトレードは市場において価格変動があまり起こらない時よりもより大きく変動する時、つまりボラティリティが激しい時がより効果的に利益を狙いやすいです。

関連記事:ボラティリティとは

デイトレードに適している時間帯もあり、1日のうちでも大まかに3つに分けられます。

* 9時〜11時::日本市場において為替が活発に変動する時間帯で、デイトレードに適しています。

*16時〜18時::ロンドン市場が開始し欧州地域の投資家たちが多く参加しトレンドの変化が多いデイトレード狙い目の時間です。

*22時〜24時::ニューヨーク市場が開始し政界中の投資家たちが多く参加し始めて利益を狙いやすいデイトレードい適した時間帯と言われています。

デイトレードに適する通貨ペア

ではデイトレードはどのような通貨ペアでやるのが適しているのでしょうか。

通貨ペアのポイントは3つあり、ボラティリティ、高い流動性、情報の得やすい通貨ペアです。

高い流動性とは取引量が多いことを示します。

流動性が低ければ自分の望む取引価格で成立させることが困難になり頻繁にFXトレードを行うデイトレードには有利とは言えません。

また相場に影響を与えるような情報を得ることが難しかったり為替変動の要因を推測しにくい通貨ペアもデイトレードに有利であるとは言い難いです。

デイトレードにおけるチャート分析

どのようなトレード手法でも様々な分析が必要ですがデイトレードにも相場の分析は欠かせません。

デイトレードは1日に何回ものトレードを行う手法だと説明しましたが、主に1時間足、30分足、5分足のローソクチャートでの相場分析を行います。

関連記事:ローソクチャートとは

注文を入れてポジションを持つ際には5分足に注目してタイミングを見極める分析を行うことをおすすめします。

デイトレードにおける売買のタイミング

デイトレードは売買取引のタイミングが非常に重要です。

中でも多くのトレーダーが活用する方法としてボリンジャーバンドというものがあります。

ボリンジャーバンドとは、移動平均線(一定期間の終値平均をグラフ化してなめらかな曲線で表した指標)を基準に上下の値幅を示すための線を標準偏差1つ分ずれた線、2つ分ずれた線で構成されている指標のことを言います。

ボリンジャー氏が提唱した指標で「価格の大半はこの範囲(バンド)の中に収まる」という統計を応用したものです。

値上がりでの利益を狙う時は、移動平均線から標準偏差2つ分ずれた線よりも上に上昇してきたら投資対象を買います。

そのあとに、為替レートが移動平均線や上の標準偏差1つ分の線を突破して上にある標準偏差2つ分の銭の手前で反発を開始したら売りに入ります。




FX初心者必読のコツ(損失リスク回避の自分ルール)

次はデイトレードのコツを解説します。

デイトレードにおけるエントリー、利確、損切りのポイント

デイトレードのコツはズバリ「エントリー」「利益確保」「損切り」をしっかりと根拠(ルール)付けて決めることです。

上で説明したようにボリンジャーバンドなどを活用してエントリーしたり見極めることはできます。

しかしながら初心者トレーダーの場合、利益確定のタイミングに入っても「もう少し利益がでそうかな」というような気持ちで判断が遅れてタイミングを逃してしまう例もあります。

毎回トレードを行う前にはエントリーポイントや利益確定の価格をしっかりと決めるなど自身のルールをしっかり守りリスク回避をすることが大切です。

損切りも同じように予め設定をしておき、そういった部分を機械的に動作を行うことがデイトレードでの勝ちに繋がります。

デイトレードはスプレッドも重要

デイトレードをより有効に活用するためにはスプレッドの狭い海外FX会社を選ぶ必要があります。

1日に何回ものトレードを行うデイトレードはスプレッドによるコスト幅が大きれば利益を積み上げることも困難になります。

スプレッドの幅が利益と相関性が高いことを強く理解しておきましょう。

関連記事:スプレッドとは




損失軽減が重要。その他ランキング、仮想通貨投資入門

海外FXで勝率を上げていくためには多様なトレード手法に精通しておくことは損失を軽減させる立ち回りができるため、断然に有利です。

そして様々なトレード手法を1つ1つ理解して習得していくことはトレードにおける面白味が広がるものだと管理人は考えています。

有利な時間帯、有利なトレンドなどちょっとした知識により様々な手法に応用できることと思います。

様々なトレード手法を学んだ上で自身最強のトレードスタイルを磨き上げていきましょう。
強者のトレーダー

当サイトではトレーダー歴10年以上の管理人が自身の経験から得られた情報と、様々な教材から得られた情報を集約しています。

FXの基礎知識、様々なトレード手法、仮想通貨の基礎、仮想通貨FX、業者格付けランキングなど様々な情報を載せていますので是非参考にしてみて下さい。

関連記事:様々なFXトレード手法
関連記事:仮想通貨FXとは
関連記事:たった5分で1000倍FXが始められるGemForex




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

  1. スキャルピングの魅力
  2. 海外FXのメリットと国内のリスク
  3. 国内と海外におけるスキャルピングの違い
  4. 海外FXボーナスの魅力
  1. レバレッジ最大1000倍の海外FX会社はハイリスク?

    アクセスの多い記事

    レバレッジ最大1000倍の海外FX会社はハイリスク?
  2. ビットコイントレードの種類やコツの紹介

    仮想通貨取引

    ビットコイントレードの種類やコツの紹介
  3. ハイレバレッジが一番稼げる理由とは?

    FX必勝法

    ハイレバレッジが一番稼げる理由とは?
  4. レンジ相場を活用して勝てるトレード手法

    FX専門用語

    レンジ相場を活用して勝てるトレード手法
  5. スキャルピングの基本とコツ

    FX専門用語

    スキャルピングの基本とコツ
PAGE TOP