「仮想通貨FX」の基本知識やトレード

ブロックチェーン技術による仮想通貨が将来的に世の中に必要とされるのは分かった。

じゃなぜみんな仮想通貨に投資しているのだろうか?

それはただ単に将来性に投資をしているのだろうか?そして仮想通貨FXというもの、これはなんだろう?

ここでは仮想通貨の投資としての意味合いや仮想通貨FXについて解説します。

トレーダー歴10年以上、仮想通貨投資歴1年以上の管理人ですが、毎日仮想通貨FXをしながらブロックチェーンの勉強をしております。

仮想通貨というよりもブロックチェーンとは分かりやすく言うと、インターネットが世の中に不可欠となった時のブロードバンドのようなものです。

仮想通貨が世の中に対して不可欠になるためのブロックチェーンを人類は発明しました。

実用化に向けて地球上の開発者たちが日夜様々なプロダクトを生み出し続けています。

まだ多くの人々には知られていないその可能性を秘めた仮想通貨

今まさに先行者優位を活かして仮想通貨自体を投資対象として考えても申し分ないと言えます。

ぜひ理解を深めて先行者優位性を活かし、仮想通貨投資(仮想通貨FX)のコツを学びましょう。




仮想通貨FXトレードの基本とレバレッジ

仮想通貨における仮想通貨FXとはどんな投資でしょうか?

仮想通貨FXってなに?

ビットコインは将来的に資産運用としての投資商品、簡単な決済用途としての通貨として社会に浸透していくと考えられています。

いわゆる仮想通貨というものは、スイカやedy等で知られる電子マネーのようなものとは違い、全く新しい仮想の通貨です。

どこかの国が保有するという概念でもない無国籍な通貨とも言われます。

そんな仮想通貨ですが、実はこの性質を活用して仮想通貨FXというトレードが生まれました。

一般的にFXと呼ばれて浸透しているものは基本的に外国為替(略して外為)を活用して行なわれる外為FXです。

つまり同じように様々な種類の仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、リップルなど)も法定通貨との両替が行えるとして、外国為替のようにチャート分析をしながらレバレッジを掛けて売り買いしてトレードができるということです。

仮想通貨FXは外為FXと同じようにロング(買い)ショート(売り)の注文をすることができて、取引手数料やコストとしてのスプレッド(売り買いをした時に生じる価格レートによる差額の損益)や強制ロスカット(損切り)の条件などもきちんと揃っています。

国内の業者でいうとbitflyer、GMO、DMMなどの会社が仮想通貨取引所として仮想通貨FXを運営しています。

仮想通貨FXの仕組みとやり方

仮想通貨FXといってもどのように取引すれば良いのかわからない初心者の方も多いことでしょう。しかし仕組みは簡単です。

仮想通貨FXといっても仮想通貨には数え切れなほどの数の種類があり、現在では1,000種類以上もあると言われています。

その1,000種類以上のもののひとつひとつの価格が日々変動し続けています。

法定通貨による為替相場が変動するのと同じように仮想通貨も価格変動を繰り返しており、その成り行きの挙動を利用して利益を得ようとするのが仮想通貨取引です。




現物取引との違い、売り買い方法、手数料コストを比較

まず仮想通貨を現物で取引をすることとFXとして取引することの違いを説明します。

仮想通貨現物取引と仮想通貨FXの違い

仮想通貨は通常、取引所にて保有しているビットコインを他のアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)と交換するか、もしくわ新しく仮想通貨を購入するのかというどちらかです。

まず現金から手に入れた仮想通貨を運用していくという現物取引での仮想通貨投資について説明します。

仮想通貨は価格変動が激しいために仮想通貨取引所によって価格が異なります。

その特徴を利用して損失のリスクを分散していきながら投資していくことをアービトラージと言います。

それに対して仮想通貨FXとは現金の移動が取引(トレード)する時には動きません。

前もって買い(ロング)売り(ショート)の注文をしておき決済する時に利益もしくわ損失が確定します。

つまり現金自体の移動はその決済の時点で始めて発生します。

仮想通貨FXとは手形を使って約束をするような取引とイメージして下さい。

外国為替取引と仮想通貨取引の違い

外為FXと仮想通貨FXの違いを理解するならば、現存する法定通貨と仮想通貨の違いを理解すれば良いです。

現存する法定通貨(USD、JPYなど)は全て各国が保有する通貨です。

そして中央銀行と呼ばれるそれぞれの中心機関により通貨の発行などが決定します。

そのためそれぞれの法定通貨の価格変動は各国の地政学の影響が大きく関わってきます。

中央集権のイラスト図

発展途上で経済成長を繰り返している国であれば、メリットを察する世界の投資家により多くの通貨が買われます。

一方、仮想通貨は法定通貨のようにどこかの国に管理されている通貨ではないので本質的に地政学的な影響を受けないものです。

因みにブロックチェーン技術を活かされている仮想通貨には中央集権での管理する機関はないので外為FXのように土日が休みという概念もなく、365日24時間市場が動き続けています。

外国為替FXと仮想通貨FXの違い

外為FXにおける特長としてレバレッジというものがあり、少ない自己資金に何倍もの掛け金を掛けて取引ができるものです。

国内FXでは最大25倍、海外FXであれば1,000倍というFX業者もあります。

仮想通貨FXでも同じようにレバレッジを掛けた取引が可能です。

関連記事:レバレッジとは?

その他にスプレッドと呼ばれるコストもありますが、外為FXと仮想通貨FXでは大きな違いがあります。

仮想通貨FXの特徴は外為FXよりもボラティリティ(為替変動)が激しく上昇トレンドであることから、外為FXよりも相場的には有利であるといえます。

そのためスプレッドや取引手数料が高く設定されています。

つまりスプレッドの負担を大きくカバーしながらキャピタルゲインに大きな期待を抱いて利益を狙わなければなりません。

キャピタルゲインとは保有している資産(通貨)を売却することによって得られる利益のことです。




超短期の損失リスクを回避するメリットでおすすめ

次は仮想通貨FXの魅力を解説します。

先物取引のような取引メリットがある

仮想通貨における取引は仮想通貨取引所や仮想通貨販売所を通して行なわれます。

ここでは現物取引ですので現金を使って仮想通貨を購入します。

仮想通貨は超短期間で価格変動が起きるものですので、購入に手間を掛けていると一瞬の勝負で損失を出してしまう可能性もあります。

一方、仮想通貨FXは現金の移動を最小限にさせることができます。

先物取引と同じように証拠金取引(CFD)での取引ですので、決済するその時まで価格変動の相場を見ながらコントロールする投資法なので、通常の仮想通貨の取引よりは比較的自由度の高い投資と言えるでしょう。

仮想通貨FXなら自己資金が少なくても大丈夫

また仮想通貨FXは前項でも説明したように証拠金取引(CFD)の取引ですので現物交換する必要なく、初期投資のための現金が必要ないです。

通常の仮想通貨取引ですと現金で現物を買うという取引方法ですが、仮想通貨FXはその場での現物(通貨)に対する金銭の支払いを行うものではありません。

利益が確定すれば仮想通貨の運用が成功したことになり現金を用意する必要はなかったという結末で事が終わります。




大損失が危ういGMOよりも海外業者が本気でおすすめ

では最後に仮想通貨FXをするならばどこでするのがおすすめか解説します。

仮想通貨FXの取引所選びの注意点

仮想通貨FXのできる取引所を選ぶ時は慎重にならなければなりません。

必ず儲かる、というような謳い文句で営業しているような業者はまずおすすめしません。

金融や投資を扱う世界において「必ず儲かる」というようなものはありません。

基本的に投資とはリスクを背負わなければリターンを得ることはできません。

そして、業者ごとの手数料や資金状況、セキュリティ、株主の面々をチェックしましょう。

仮想通貨FXは海外業者がおすすめ

仮想通貨FXは非常に需要が高まっていますので現状では国内も海外も取引所が増加しています。

トレーダー歴10年の管理人としましてはゼロカットのない国内業者はおすすめしません。

日本人であるならば日本の国内サービスを使うようになることは否めませんので仕方のないことですが、確実的に利益を狙うならば絶対海外業者をおすすめします。

ゼロカットシステムがなければ大借金を被る可能性があります。

つまりハイリスクにもかかわらず国内業者で取引していると言えます。

ゼロカットシステムや、それにまつわるDD方式やNDD方式についてよくわからない人はこちらをご覧になって下さい。

関連記事:ゼロカットとは
関連記事:DD方式とNDD方式とは
NDD方式の解説図

ということで、管理人がビットコインFXで1番重宝している海外FX会社はBitMEXです。

ビットコインFXを運営するFX会社として世界一人気があります。

日本や韓国、欧米にいたるまで世界中のトレーダーがビットコインFXのためにBitMEXへ集結しています。


仮想通貨FXのまとめ

ブロックチェーン技術の到来により仮想通貨市場がこの世に誕生しました。

インターネットが普及して一家に一台のパソコン、1人1個づつのスマホ携帯というようにブロックチェーン技術による仮想通貨の実用化が着々と進んでいる以上、仮想通貨の通常の取引も仮想通貨FXもこれから市場が自動的に拡大していきます。

現状は価格の安定が低いために仮想通貨決済としての実用化よりも資産運用の投資対象として捉えられています。

管理人もブロックチェーンと仮想通貨のための日々の学びを怠りませんが、ITなどの文明の発展により仮想通貨はより価値を高めていくものだと確信しています。

投資とは、先行者優位性により利益を得るものです。仮想通貨FXや仮想通貨取引への早めの乗り出しをおすすめします。

ビットコインFXならばBitMEXがおすすめ


Twitterでフォローしよう