「両建て」とは?やり方やメリットについて

両建てはメリットの多いFX手法

FXトレードをしながらちょくちょく耳にする「両建て」という言葉。気になりませんか?FXの両建てって一体なんだろう?FXトレードでの必勝手法なのかな?

ここでは「両建て」というものが一体何なのかを理解して、どういう手法なのかをFXトレーダー歴10年以上の管理人が初心者向けに解説します。 

FXの両建てには思いがけないメリットがあるので知って得することでしょう。5分もあれば概念を理解できるので、この際理解してしまいましょう。

両建ては多くあるFXトレード手法の1つだと考えて良いです。これを理解できれば今までの負け率を大幅に下げることができ大利益の可能性も広がります。

また両建てを行う上でのルールやボーナスキャンペーンなどの有効利用なども紹介します。

FX手法の両建てのメリット

そもそもFXにおける両建てというものは一体どういうものなのでしょうか。

両建てとはどんなトレード手法?

FXトレードは大まかにレートの安い通貨を購入してその価格が高くなったら売ることにより利益を得るトレード手法と、売りのポジションからその通貨が安くなったタイミングで買いを入れることで差益を得ようとするトレード手法の2つの方法があります。

関連記事:ポジションとは?

普通はこれらどちらか一方のポジションを持ちながらFXトレードをすることになりますが全く同じ通貨ペアの買いと売りの両方を同時にトレードする手法を両建てといいます。
両建てイメージ

同じ価格の買いと売りを同時にすると、レートが変動すると、どちらかのポジションにおいて含み損が発生しますが、同時にもう一方のほうでは同額の含み益が発生することになりトータルの損益はプラスマイナスゼロということを意味します。

ここでの含み損では取引手数料やスプレッドによるコストが発生することで、両建てのFXトレードには一見メリットがないように、寧ろ変なリスクがあるように見えることでしょう。

関連記事:初心者向けスプレッド解説

両建てのトレード方法とその魅力

一見メリットのない両建てトレードに思えますが使い方によってはとても大きなメリットに変わる可能性があります。

たとえば、ドル円にて201円の買い注文を入れて保有し、200円に下がり含み損が発生している場合で、200円の売りのポジションで保有すると1円の含み損をキープすることができます。

これ以上損失を大きくさせないで相場の状況を見るメリットが得られます。

また逆に利益がある状態で相場トレンドが反転し損失が生じてしまうかもしれないリスクを回避するために両建て状態を作ることで利益確保をしている状態を継続させることもできます。

関連記事:トレンドとは?

さらにはこう着した状態のFXの相場トレンドで両建てを行い上昇トレンドに転じた時点で売りポジションを解除したり、逆に下降トレンドにて買いポジションを解除させるというトレード手法もあります。 

FXの相場トレンドの状態がわからない場合でも両建てにてポジションを持ちながら様子見をできるメリットがあります。




禁止のポジション手法で利益を得る方法は業者から罰則

次は両建てによる規制などに関する說明です。

国内FXでは両建てができる?

海外FX会社の殆どが両建てでのトレード手法を認めていますが国内FX会社の場合は両建てを禁止としている会社も多いです。

日本国内規制により両建ての推奨は法律違反だと考えられています。

国内FX業者で両建てが可能となっている場合は、両建てにおける証拠金が不要な場合、片方の分の証拠金が必要な場合、両方の証拠金が必要な場合があるので、業者ごとにおけるガイドラインをしっかりと確認しておかなければなりません。
ガイドラインなどを改めて確認しておくことが大事

国内FX業者に規制があるのは、トレード失敗により証拠金の範囲内を越える大損失が生じないようにトレーダーを保護するためだと言われています。

しかしながら海外FX業者では、ゼロカットシステムがあるので証拠金の範囲内を越えて損失が生じることはありません。

そのため両建てトレードでの大損失のデメリットもないので両建てトレードは問題になりません。

関連記事:ゼロカットシステムとは

また海外FX業者はトレーダーのFX口座における取引量が増加すると収益が増加する事業構造になっているのでポジションの増加が収益の増加に繋がります。

そのため両建てを禁止する意味はないということにも繋がります。

複数口座の両建てルールについて

海外FX業者の殆どで両建てによるトレード手法が認められてますが禁止されている両建てトレードもありますのでよく理解する必要があります。

禁止されている両建てのトレード手法はアービトラージと呼ばれる両建てのトレードです。

たとえば、会社Aにて買いの注文を入れ、会社Bにて売りの注文のポジションを保有した状態において為替変動すると、どちらかのポジションはゼロカットによって証拠金と同額の損失が確定して、もう一方でのポジションでは利益が生じます。

この両建てトレードを倍率の高いハイレバレッジで行うと、一方では少額の損失が生じて、もう一方では確実な利益が簡単に得ることができます。

そのため両建てトレードを認めている海外FX業者でも複数口座による両建てトレードの禁止をしているというわけです。

複数の口座で両建てのトレードを行っていることが発覚するとペナルティが課せられ出金拒否などの処置が課せられるので十分に注意しましょう。



会社毎のボーナスの意味や使い方を理解して損失を防ぐ

次は海外FXの両建てにおけるキャンペーンボーナスの有効利用について説明します。

両建てトレードにおけるボーナスの種類と出金条件の注意

海外FXのメリットは多様ですが、ボーナスキャンペーンの種類や金額の高さもメリットです。

海外FXにおけるボーナスは大きく3つあります。

まず口座の開設によるボーナスです。口座の開設が完了した時点でボーナスが付与されるものです。しかしトレードをする前に出金はできないというような条件がありますので確認が必要です。

2つ目に入金ボーナスというものがあります。

口座開設後に始めて入金をすると付与されるボーナスで、入金金額に対して100%分のボーナスを付与してもらえるなど国内FXと比較したときのメリットとしてはとても大きいです。

3つ目はトレードしたときに得られる取引ボーナスです。実際にトレードを行うことによって付与されるボーナスで、こちらも証拠金としてしか使うことができないなどの条件が付くことが多いです。

しかしながら両建てのトレードを行ってポジションを保てばボーナスを使った上で取引手数料などのコストを除けば損失なしにポジションの解除ができてボーナス分のお金を出金できてしまいます。

ですので両建てのできる海外FX業者でもボーナスを利用して両建てのトレードをすることを認めていないところが殆どです。

違反の両建てトレードでのペナルティー

解説した複数口座の時と同様にボーナスを証拠金にして両建てのトレードをした場合はペナルティーが課されます。

海外FX会社によってペナルティーの種類は様々ですが主に3つがあげられます。

まず全額没収されることがあります。これはボーナスだけでなく口座にある自己資金が全て没収されます。

2つ目は出金拒否です。口座を凍結させられるまではいきませんが、出金不可になります。利益が発生しても自分の手元にお金は戻ってきません。

そして3つ目は口座の凍結です。口座の機能が停止して入金も出金もできなくなります。

口座開設した海外FX業者のガイドラインをしっかりと確認して、どういった場合にペナルティーを受けるのか理解したあとにトレードを開始しましょう。




通貨ペアやスプレッドのリスクを避けて失敗をなくそう

海外FX業者では両建てのトレードが可能ですが、きちんと理解が行き届いてないと通貨ペアなどによっては取引手数料やスプレッドにおけるコストばかりがかかり利益を得ることができないという状況になります。

ですので両建てのトレードを行う時は効率の良い方法でトレードをする必要があります。

また複数の口座での両建てのトレードやボーナスを利用した両建てのトレードなど禁止されている取引の仕方も忘れてはいけません。

ガイドラインのルールを守った上で両建てをし、効率良く利益を得るための研究が必要になってきます。

海外FX会社で管理人の一押しはGEMFOREXです。

自己資金ゼロでFXを始められるボーナスキャンペーンも定期的に開催しているのでぜひチェックしてみて下さい。

ちなみに管理人も100%入金ボーナスキャンペーンに毎月欠かさずエントリーしています。


Twitterでフォローしよう