「ブロックチェーン」の仕組みと技術応用の解説

ビットコインや仮想通貨に興味があればブロックチェーンという言葉を良く聞くことと思います。

ブロックチェーンとは一体なんのことでしょうか?

どのようにビットコインや仮想通貨に関わってくるのでしょうか?

ブロックチェーンとは技術の名前です。

ここではブロックチェーンと呼ばれるその名前の由来から将来性まで仮想通貨初心者でも分かるように解説します。

管理人は2017年にビットコインが注目を集める前から仮想通貨に関心をもちブロックチェーン技術の細かな部分まで理解を深めています。

ブロックチェーンの理解を高めれば高めるほど、将来への可能性が開けて投資対象としての分析にも身が入ります。

仮想通貨への投資を考えているならば、不可欠な知見だと思いますのでぜひ参考にしてみて下さい。

ブロックチェーンへの未知なる可能性を広げましょう。




ブロックチェーン技術。ビットコインへの仕組み解説

ビットコインを主とする仮想通貨はブロックチェーンと呼ばれる技術に支えられています。

ブロックチェーンとは簡単に說明すると仮想通貨の送金などの取引を記録する台帳のような仕組みです。

分散されたコンピューター間のネットワークの連携においてそれぞれが共有できる仕組みになっており、取引の情報を入れ込んだブロックが無数のチェーン状になっていいることからブロックチェーンと呼ばれます。

ビットコインにおける取引は10分単位ごとにひとまとめにされており、マイニング(採掘)と呼ばれる検証計算に参加している人々がその取引における改ざんなどの不正がないか承認を行っている仕組みです。

関連記事:マイニングとは

そして承認を受けた複数の取引が1つのまとまりとしてブロックになります。

検証計算によって正当性を承認されたブロックはシステム上の時系列的に前のブロックに繋げられていく仕組みになっています。

これがチェーン状に伸びていき、ブロックチェーンと呼ばれる意味を指します。

ブロックチェーンは世界中のビットコインネットワークに参加する端末によって共有されながら分散管理が行なわれています。

ビットコインでの取引が最低10分かかると言われているのは、このブロックチェーンの仕組みにおける承認までの時間との相関性があるからです。




マイニングとは?その活用やメリット、投資への利用等

次にブロックチェーンの構造を解説します。

ブロックチェーンの構造と仕組み

新しいトランザクション(コンピューターシステムで取引情報などのデータ処理の要求)を10分単位でブロックに納めようとするためには膨大な検証計算を行ってハッシュ値と呼ばれる256桁の数値を得なければなりません。

そしてそのハッシュ値を得るためにその手前においても「3つの値」を得なければなりません。

*1つ前のハッシュ値
*新しいブロックにおける取引固有の値
*ノンスと呼ばれる32桁の値

これらの3つの値をハッシュ関数と呼ばれる数学の数式に入れて新ブロックのハッシュ値を算出します。

この過程においてノンスの値が少しでも間違うと正当性を承認することができないので、適切なノンスの値を模索しながら検証計算が時間を掛けて行なわれるということです。

ブロックチェーンのマイニングとは?

マイニング(採掘)とは厳密にいうとハッシュ値を得るためのノンスの値を探す作業です。

探すために膨大な計算を行なわなければならなく、他のマイニング参加者よりも検証計算を早くして正解を導かなければなりません。

ビットコインが誕生して間もないころには個人のコンピュータを活用してマイニングを行うことは簡単なものでした。
bitcoinマイニング

しかしながらビットコインの取引の増加に伴い計算の難易度も高くなるシステムになっているので、マイニングでより早く検証計算の正解を出すためにはマイニング専用のコンピューターを用意して膨大な計算を本格的に行なわなければならない状況になりました。

その為、そういった設備投資のコストのために捻出できる大きな資金力のある会社や事業主などがその市場を牽引していると言われています。

とはいえ、個人でマイニング用の部品を購入してパソコンを改造してマイニングに参加する人もいるにはいます。

またマイニングを行っている会社や事業者へ投資することでマイニングにおける配当を受けるようなクラウドマイニングとよばれるシステムを利用する方法もあります。
クラウドマイニングに参加

マイニングで報酬が得られる

ノンスの値を見つけるためには膨大な検証計算をすることがマイニングですが、このマイニングに参加する最もなメリットは報酬です。

1ブロックにおいて最も早く正解を出した人が報酬を受け取れるとう仕組みになっています。

ビットコインの発行はこのマイニングによる発行のみです。

またこのようにマイニングに参加する人をマイナーと呼びます。




特徴とメリット、仮想通貨以外の本格的な応用の說明

次はブロックチェーンの特長を解説します。

ブロックチェーンの分散管理による安全性

ブロックチェーンの特長として分散管理があります。

その反対の意味合いとして中央集権型管理というものがあります。

中央に管理をする機関があるネットワークで、万が一この中央の管理する機関がハッキングされた場合には管理する全てのデーターが容易に改ざんされるリスクがあります。

データが容易に改ざんされる

役所や学校などの機関が稀にハッキングされることを考えても中央集権型の安全性を守る事が非常に困難であることがわかるでしょう。

一方ブロックチェーンは分散管理が行なわれているためブロックに納められているデータを改ざんすることは不可能です。

分散して管理しているため改ざんするためには分散されている全てのデータを改ざんしなければならなく現実的にできるものではありませんのでビットコインネットワークは正確性と安全性が保たれていると言えるでしょう。

ブロックチェーン技術の応用

ブロックチェーンはビットコインネットワークのシステムとして世に誕生しました。

しかしブロックチェーンはビットコインのような仮想通貨だけの技術だけではありません。

事実上改ざんが不可能とされて安全性の高いブロックチェーンという技術に地球上が注目しています。

改ざんが不可能

金融業界ではコスト削減と高速度の送金システムへの応用が期待されています。

不動産などの所有権管理への応用も期待されています。

またブロックチェーンにはスマートコントラクトと呼ばれる仕組みも含まれます。

スマートコントラクトとはある一定の要件を満たすことで自動的にプログラムが実行されるという仕組みです。

これはビットコインのシステムには入っていませんが、このようなブロックチェーンの技術は将来的にも様々な分野でますます応用されることでしょう。




技術と仕組みの未来への可能性

ビットコインの価格は需要と供給の関係から成り立っています。

この需要と供給を活発にさせることが市場の成長に繋がりビットコインの価値を上げていきます。

そして、ビットコインや仮想通貨市場の成長の背景に正当性と安全性の高いブロックチェーン技術があります。

ブロックチェーン技術を理解することこそがビットコインや仮想通貨への将来性を実感することができ更なる投資対象を見つけられるきっかけになるかもしれません。
ビットコインと人類の未来

当サイトは海外FXの総合情報サイトですがビットコインや仮想通貨FXなどの様々な金融商品に関する情報も豊富に掲載しています。

もしビットコインFXに関心があれば、こちらも御覧ください。

関連記事:ビットコインFXとは

因みに管理人がビットコインFXで1番重宝している会社はBitMEXで、ビットコインFXを運営するFX会社として世界一人気があります。

日本や韓国、欧米にいたるまで世界中のトレーダーがビットコインFXのためにBitMEXへ集結しています。