仮想通貨ビットコイン購入のすすめ

ビットコインてなにが凄いの?儲かるの?世の中に不可欠なものなの?

気になることがたくさんあることと思います。

そんな時はビットコインを作った人がどういう意図で、なぜビットコインを作ったのかを理解することが大切です。

仮想通貨投資歴1年を経過した管理人は「ビットコインの始まり」に着目してビットコインを学びはじめました。

一言でビットコインは人類の未来のためにとても便利なものであると言えます。

ビットコインと人類の未来

そしてそこには、様々な魅力もあり問題点もありますが、日々進化を続けています。

管理人が学びはじめて改めて認識したことは、ビットコインとは、まだまだ未来への実用化を目指し突き進んでいる段階です。

つまり、まだ見えぬ未来への可能性が大きいということです。

ここではビットコインの仕組みと投機的な可能性について解説します。




ビットコイン、仮想通貨の仕組みの誕生

ビットコインを作り創り上げたのは「サトシ・ナカモト」と言われる人です。

2008年にP2P(peer-to-peer)型電子現金システムと題された論文が暗号通貨技術専門家たちの集うメーリングリストに配信されました。

その論文に記載されていた名前こそがサトシ・ナカモトでした。

SATOSHI・NAKAMOTO

論文の内容は今まさに実現化し利用されているビットコインの仕組みに関する情報が說明されています。

これがビットコインの始まりです。

2009年にサトシ・ナカモトはビットコインネットワークの稼働を開始させて、ビットコインを世に生み出しました。

サトシ・ナカモトという名前は日本人のようですが日本人であるかどうかは未だに分かっていません。

もしかすると個人でなく団体である可能性もあります。




キャッシュレス購入取引など円より金ゴールド並の価値

ビットコインが実際に実用化された最も最初のお話をします。

ビットコインの始まりはピザとの交換

ビットコインが世に生み出されて実際に通貨の決済手段として取引れたのは2010年5月だとされています。

ビットコインの初めての実用化から現在までおおよそ7年あまりしかまだ経ってないということになります。

ピザ2枚を1万BTC(当時の価格で約10000円)で販売購入の取引をしたというのがインターネット上で行われたそうです。

ビットコインでピザ購入

仮想通貨やビットコインに精通している人ならば、現在の相場価格から比較すると目が飛び出るほどの取引ですね。

たった7,8年前のことなのに、なんとはなしに行なわれつつも、なんとも感慨深き一幕です。

ビットコインの魅力ってズバリなに?

ビットコインには様々な魅力があります。

簡単に挙げますと、取引される履歴は改ざんできないシステムが取り入れられ、発行される通貨の量にも上限が決められているので世に出るビットコインの量が増えすぎてビットコイン自体の価格が下がってしまうというリスクが低いです。

それはつまり金(ゴールド)をイメージすると、金(ゴールド)が限りなく存在すればその希少価値が下がってしまうことと同じだと理解できるでしょう。

bitcoinの魅力

ユーザー側としての魅力は、ビットコインの価値の上昇に伴うキャピタルゲインでの投資利益(相場チャートによるトレード等も)を期待できることや、銀行などの機関を介さずに送金が可能な点があげられます。

また一部の国を除き、世界各国にて現金の換金両替を介さず、手数料も安くキャッシュレスな決済手段として利用できることも大きな魅力です。

キャピタルゲインという用語は、自分が保有している資産や仮想通貨(ビットコイン)を売却することによって得られる利益のことです。




消失価格28億JPYの大ニュース、マウントゴックス

次はビットコインの歴史上の初期段階で世界に衝撃を与えた事件を説明します。

マウントゴックス事件とは?

ビットコインにはデメリットやリスクもあります。

ビットコインのシステム自体のリスクだけでなく、取引を仲介する取引所の運営業者やそれを利用するユーザー側、ビットコインを発掘(発行)するマイニング側にも起因します。

それらが顕著に現れたものとして、ニュースでも大きく取り上げられたマウントゴックス事件が有名です。

2014年の2月に当時、世界最大級の取引量を誇っていたマウントゴックス仮想通貨取引所にて大量のビットコインが消失しました。
マウントゴックス破綻

マウントゴックス事件の経緯と詳細

マウントゴックスによる說明では、顧客の75万ビットコインと預かり金額28億JPYが消失し事業破綻したということです。

マウントゴックス側によるとどちらもハッキングによる可能性が高いとして被害届と刑事告発を行いました。

しかしその後の調査により社長のマルク・カルプレスCEOは、事件とのリアルタイム時系列で自社システムにログインし顧客の預金を自分の残高と調整し改ざんした疑いが浮上しました。

その行為による業務上の横領の可能性が高いとして、2015年8月に社長は逮捕されました。

マウントゴックス事件から見れるビットコインの問題点とは?

マウントゴックス事件のビットコイン消失の出来事から、いくつかの問題点に注目できます。

問題点の見直し

まずビットコインの取引所としての管理体制です。

事件当時はビットコインの取引所を規制する法律は整っておりませんでした。

ハッキング、業務上の横領、税金規制、投資家保護体制などが整っていないビットコインの取引所であったということです。

また顧客はビットコインの取引所に預けているビットコインを全て失う可能性があるということです。

これについては自身のオフラインのウォレット(コールドウォレット)へビットコインを移すことでリスク回避できます。

ビットコインが認められ金融庁への監督下になる

そういった状況から時が経ち現在では十分な管理体制を施すビットコインの取引所も徐々に増えてきて対策が取られるようになりました。

2017年の資金決済法の改正とビットコイン取引所に義務付けられる金融庁への届け出です。

これらによりビットコインは正式に決済手段として認められることになりました。

金融庁がbitcoinを認める

法的に規制されることが明確になりビットコイン取引所は金融庁の監督下になったということです。

マウントゴックスがビットコインのイメージに与えた影響とは?

マウントゴックス事件は世界でも稀な超大規模な破綻となり、ビットコインに対する様々な大きな影響を出しました。

紛れもなくビットコインに対するネガティブなイメージを増やしてしまったと言われています。

只、より大きく見れば新しいものが生まれれば必ず様々な問題が生まれるもので、その1つに過ぎないものだとも言えます。

その後、日本は世界に先駆けてビットコインの利用者が安心して取引のできる環境になったとなりながら、マウントゴックス事件以来のネガティブなイメージも払拭されつつありました。

しかし2018年1月26日にコインチェック取引所における5億2300万XEMの不正流出事件も起きてしまいました。

ビットコインはまだまだ過渡期と言えるでしょう。




日本の歴史情報から見る相場の現状と未来の利用価値

では、これからビットコインは一体どういう未来を描いていくのでしょうか?

現状のビットコイン普及率

マウントゴックスやコインチェックの事件を乗り越えこの先ビットコインはどうなっていくのでしょうか。

bitcoinの普及

ビットコインの普及率はビットコイン取引所の口座開設数から推測するとおおよそ、ビットコイン保有者数は全人口の数%にしかまだ満たないと言われています。

ビットコインを決済として導入している商店は増加してますが、まだ需要が追いついていません。

そして現状のビットコイン保有者の多くはまさに投資対象としてビットコインを保有しているとされています。

ビットコイン。未来への需要は?

2017年にビットコインの価格は驚くほどの高騰を示したことにより世界中の人々からの関心を集めています。

bitcoinのこれからは?

ビットコインの需要はこれから高まり、その技術を活かした実用化はまだ始まってもいないと言えます。

そしてある時点を向かえるとビットコインでの決済の需要が供給を上回る状況も起きる可能性もあります。

ビットコインの需要が供給を呼び供給がそのまた需要を生むということです。

ビットコインのすすめ

ビットコインには魅力が耐えませんがリスクも忘れてはいけません。

信頼できるビットコイン取引所を選択すること、ビットコイン取引所にビットコインを保管するためのセキュリティ対策にも注意をしなければなりません。

また価格変動へのリスク対策も欠かせません。

リスク回避

それには分散投資がおすすめです。

ビットコイン投資には現在ビットコインを始めとする様々な仮想通貨(アルトコインなど)を運用投資する方法と、ビットコインFX(仮想通貨FX)と呼ばれるビットコイン相場チャートを活かした証拠金取引(CFD)で、大きく2つあります。

ビットコインの運用投資もビットコインFXによる投資も取引所や投資商品も多様なので、そういったものに分散させて投資をして複利を狙うことが王道であると思います。

ぜひより多くの情報を収集して挑戦してみて下さい。

関連記事:ビットコインFX(仮想通貨FXとは)
関連記事:海外FXでの仮想通貨

Twitterでフォローしよう