ビットコインの仕組み

仮想通貨の構造や簡単基礎知識。取引とFXの関係も

仮想通貨取引とFXの簡単知識。ビットコインの仕組み

最近ではビットコインに関するニュースも増えてきたこともありビットコインに関心のある人も増えてきたことでしょう。

ビットコインは投資の対象としてもメリットがあり、決済としての仕組みも兼ね備えています。

ビットコインに投資したりしながら活用したいと考えているならば、まずはビットコインがどのような仕組みをしているのか等の基本を理解しましょう。

ここではビットコインのメリットやデメリット、仕組みについて説明します。


ビットコインの仕組み。ブロックチェーンを詳しく

まずはビットコインの仕組みの基礎知識を説明します。

ビットコインの前に仮想通貨の仕組みを理解しよう

ビットコインの仕組みを理解する前にまず、仮想通貨を理解しましょう。

ビットコインをはじめとする仮想通貨は実物が見えないインターネット上の通貨で、JPY円やUSDドル等の法定通貨とも交換できる仕組みがあります。

需要と供給の関係から仮想通貨(ビットコイン)は価格が変動するため投資の対象にもなります。

そして仮想通貨の仕組みを支えているのがブロックチェーンという技術です。

ビットコインはブロックチェーンの技術により取引データの安全と信頼が守られている仕組みになっています。

仮想通貨(ビットコイン)の取引データは取引の正当性を誰もが見ることのできる仕組みになっています。

仮想通貨(ビットコイン)の仕組みは不特定多数の人々によって分散して支え合っていることが特長です。

ビットコインの仕組みは仮想通貨の原点

ビットコインは仮想通貨として最も最初に誕生した元祖といえます。

サトシ・ナカモトと言う謎の個人もしくわ団体によってブロックチェーン技術を介したビットコインの仕組みの論文を出し、2009年にビットコインを誕生させました。

ビットコインの仕組みのプログラムは公開されている状態であり、自由に誰もが利用できます。

ビットコインに関するアプリケーションを作ったりビットコインを基盤に異なる仮想通貨を生み出したりするような仕組みもあります。

電子財布であるウォレットを保有していればビットコインの送金や決済ができる仕組みがあり、銀行口座がなくてもこのようなことが世界中でやり取りすることができる仕組みを持っています。

ビットコインは中央管理が居ない仕組み

ビットコインに関わる開発者たちは、国などの中央管理が存在する法定通貨のように国の意向に左右されない特長をビットコインの仕組みとして取り入れることを目指したといわれています。

法定通貨は国の金融緩和政策によって大量に発行されることがしばしばあります。

金融緩和政策の仕組みは経済活動を活発化させるところにあります。

しかし逆に通貨の過剰発行により通貨の価値下落を起こしてインフレを発生させるデメリットもあります。

一方、ビットコインは中央管理が不在の仕組みで、発行量の限りも決められています。

中央管理を保有しない為、世界中にてビットコインの仕組みに参加ができて、且つ不特定多数の人々によって運営されているのがビットコインシステムの仕組みなのです。

ビットコインの仕組みの人気が高まった推移

ビットコインがの仕組みができたのは2009年ですが、実際に使われ始めたのは2010年からです。

インターネット上でピザ2枚を1万BTCで取引されたのが初めての取引だとされています。

因みに当時の価格では1BTCは1円にも満たない価値だったとされています。

その後、ビットコインの仕組みに注目する人々が増えだして、2018年には1BTCの価格は70万円を超えるようになりました。

日本ではビットコインなどの仮想通貨を決済手段であると法律で定め、一気に人気が高まりました。




電子マネー・法定通貨というお金の違いと基本

次に、ビットコインと電子マネーと法定通貨の仕組みの違いを説明します。

ビットコインと電子マネーの仕組みの相違点

ビットコインはインターネット上にだけでの仕組みを持つ電子通貨です。

電子マネーも似ていますが仕組みの異なる点も多いです。

1つ目の異なる点は、管理者が居るか居ないかです。

電子マネーで言えばサービス提供している事業者が存在している仕組みです。

一方、ビットコインは先程説明したように不特定多数の人々が分散して管理する仕組みです。

2つ目の異なる点は、法定通貨と自由な交換が可能かどうかの仕組みです。

電子マネーで言えば、チャージしたお金を別の人へ送金したり現金に換金することはできない仕組みです。

しかしビットコインは、様々な法定通貨と別の仮想通貨への交換もできる仕組みを保有しています。

3つ目の異なる点は、価格変動が起きるかどうかです。

電子マネーと法定通貨で言えば、1ポイント1円といったようにレートが固定されている仕組みが一般的です。

しかしビットコインと法定通貨の交換の際にはレートが適用されて価格が変動する仕組みを保有しています。

ビットコインと法定通貨の仕組みの相違点

ビットコインに関心があるならば、JPY円やUSDドル等の法定通貨との仕組みの相違点も理解しなければなりません。

それは中央管理者がいるか否かです。

法定通貨は中央銀行によって発行を決定する仕組みですが、ビットコインは中央管理者のいない仕組みです。

通貨発行に関してもプログラムによって定められている仕組みです。

またビットコインは電子通貨なので、法定通貨に比べて携帯の機能性が高いと言えます。

そしてビットコインは分散して管理されている仕組みであることから偽造、改ざんの観点のリスクは法定通貨と比べ物にならないほど低いです。




システムのメリット・デメリットの詳細を理解しよう

次は、ビットコインの仕組みからメリット・デメリットを理解しましょう。

ビットコインの仕組みのメリット

ビットコインには様々なメリットがあります。

まず世界中で使える仕組みがあるというメリットです。

ビットコインがあれば今まで海外旅行に行って高い外国為替手数料を銀行の仕組みを介して払っていたものの、より将来的には通貨交換がなしで支払いができるようになります。

2つ目のメリットは取引偽造や改ざんが困難で安全と信頼が高いということです。

ビットコインの取引履歴は世界中の人々により分散管理されている仕組みなので、改ざんは事実上不可能です。

3つ目のメリットは手数料が安いということです。

JPY円などの法定通貨を金融機関の仕組みを通して海外に送金すると高い手数料が掛かります。

一方、ビットコインは海外送金する場合も手数料が安く済ませれる仕組みです。

金融機関は送金の為の安全と信頼を保有するために莫大な対策費用を掛けています。

一方、ビットコインはインターネット上で取引される仕組みなので国境も関係ないです。

送金相手と直接つながりながら送金する仕組みなので低コストでの送金が実現できます。

ビットコインの仕組みのデメリット

ビットコインの仕組みには数多くのメリットがありますが、デメリットも存在します。

ビットコインは価格変動が激しく保存手段としての仕組みとしてはまだ不十分だという意見もあります。

自分の持っているビットコインの価値が激しく変動していては、仕組みとしては未だ不安だと感じる人も多いことでしょう。




値上がりで儲かることができるが、下落リスクにも注意

ビットコインにはコストが低く、安全で信頼が高い仕組みを保有しながら、投資の対象になるという特長があります。

しかし価格変動が激しい為に価値が下落するリスクがあることを理解しておきましょう。

そしてビットコインには投資の対象としてのメリットがあります。

ビットコインへの投資はFX投資と取引の方法や適用される税金の制度が似ています。

そういった意味でもまずは、為替FXに慣れて、その後からビットコインFXも取り入れることをお勧めします。

為替FXでは口座の開設時や入金時にボーナスを受けられる場合もあるので初期投資リスクも抑えられます。

管理人が常に使っている為替FX会社はGEMFOREXです。

安全性と信頼性は間違いないですし、何よりもボーナスが最強です。

必勝法のスキャルピングトレードを使ってGEMFOREXで取引をしてみてはいかがでしょうか。

関連記事:GEMFOREXの評判や魅力GEMFOREXの様々な評判や魅力


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

  1. スキャルピングの魅力
  2. 海外FXのメリットと国内のリスク
  3. 国内と海外におけるスキャルピングの違い
  4. 海外FXボーナスの魅力
  1. FXのダウ理論とは一体なに?

    FX基礎知識

    FXのダウ理論とは一体なに?
  2. 仮想通貨のスキャルピング手法で勝つコツ

    FX必勝法

    仮想通貨のスキャルピング手法で勝つコツ
  3. FX投資で年収を増やす為には?

    海外FX会社おすすめの理由

    FX投資で年収を増やす為には?
  4. GEMFOREXのボーナスを使った裏技

    アクセスの多い記事

    GEMFOREXのボーナスを使った裏技
  5. FXと株どっちが簡単に儲かるの?

    FX基礎知識

    FXと株どっちが簡単に儲かるの?
PAGE TOP