ビットコインとリップルの違い。

仮想通貨BTCとXRPの違い。チャートの価格推移等

仮想通貨ビットコインとリップル。チャート価格推移等

仮想通貨の始まりはビットコインです。

しかしビットコイン以外にも注目度の高い仮想通貨としてリップルがあげられます。

ビットコインはよく知っていてもリップルについて良く知らないという人も多いでしょう。

ここではビットコインと比較しながらリップルの事について紹介します。

そしてリップルの将来的な予測についても説明します。

ビットコインとリップル、仕組みや取引、連動の違い。

まずビットコインとリップルの違いについて説明します。

ビットコインとリップルの比較、開発者

ビットコインとリップルの違いを理解するために、まず開発者の違いです。

ビットコインを生んだ人はサトシ・ナカモトと呼ばれる謎の人物か団体で正体不明です。

2009年にビットコインによるネットワークを稼働させています。

初期段階に大量にマイニングを行った取引履歴が残っており、ある考えとして価格高騰による大量の資産を築くことになったため安全を理由に名乗り出てこないと言われています。

一方リップルは開発は明確になっており、Jed McCalebが代表のOpenCoinが作りました。

Jed McCalebは、有名なビットコイン取引所のマウントゴックス作った人でもあります。

ビットコインとリップルの比較、仕組み

ビットコインとリップルは仕組みも違います。

ビットコインのシステムはP2Pネットワークによって運用されており、中央で管理されていなく世界中のデバイスがネットワーク状に繋がって運用されています。

ですので、一部のデバイスがダウンしても問題は起きないことからP2Pは信頼度を支える重要な役割を担っています。

一方、リップルは資金取引サービスの為のトークンであり、ビットコインとは異なった仕組みです。

リップルは単一の電子通貨としては存在していなく、リップルを支払いJPY円やUSDドル等の法定通貨やビットコイン、アルトコインの送金が可能です。

つまりリップルはトークンを使用した送金システムです。

ビットコインとリップルの比較、発行上限

ビットコインとリップルは共に通貨の発行量が限定されています。

ビットコインは2100万BTCで、リップルは1000億XRPです。

しかしながら発行ルールは全く異なります。

ビットコインは発行量ゼロからスタートして、上限に近づいていくシステムの設計になっています。

一方リップルは新たに発行はされません。

1000億XRPは既に存在する状態でスタートしています。

その為、リップルにはビットコインのようなマイニングの必要はないです。

ビットコインとリップルの比較、価格の推移

ビットコインもリップルも2017年に大幅に価格が上がりました。

上昇ペースには違いがあります。

ビットコインは2010年に始まり価格が上昇し、2017年1月の価格は1BTCが約10万円になりました。

2017年を通して一気に価格上昇が続き年末には200万円を超えます。

しかし2018年8月頃には一時70万円を割るところまで下げました。

一方リップルは2017年の前半で1円にも満たない価格でしたが年末には400円にまで価格高騰しました。

2018年8月頃にはビットコインに合わさるように40円を割るところまで推移しています。

ビットコインとリップルの比較、入手方法

ビットコインとリップルは入手する方法も違います。

ビットコインは、マイニングか購入か譲り受ける3つです。

リップルは購入と譲り受ける方法のほか、World Community Gridと呼ばれるガン研究開発に貢献すると入手できます。

マイニングという概念はありません。




将来予想。現状システムを超えるならどっちも有望?

次にビットコインとリップルの将来についてお話します。

ビットコインの近い将来

ビットコインは2017年と2018年で大きく変化を起こしました。

2017年にアメリカの先物市場にビットコインが上場し、日本でも法的にビットコインが決済手段として認められて人気が高まりました。

しかし2018年にクレジットカードでのビットコイン購入停止やビットコイン支払いを停止する関連企業が増えて、中国やインドでビットコイン取引規制が強まります。

それにより2018年2月時点でビットコイン価格は一気に調整が入って、ビットコイン市場は縮小すると予想する見方もあります。

ビットコインが決済手段として本格的に進めばビットコイン市場は拡大の可能性があります。

また法規制が進んでも投資家が守られる仕組みが強化され安全にビットコインが取引できるならばビットコインの市場はより活性化するでしょう。

ビットコインとは異なるリップルの近い将来

リップルの将来は国際送金の市場で優位に立てるかどうかで可能性が決まります。

ビットコインと違い、リップルは送金システムの一種です。

リップルが現在のスイフトの国際送金システムに変わる存在になればリップルの価値はさらに上がっていくでしょう。

銀行などの金融機関もリップルに注目し、送金システムとして利用しようと検討することも増えています。

送金プラットフォームとしてリップルが導入されても、通貨としてリップルが使われるかどうかは未だ分からないところで、動向に注目が集まっています。




仮想通貨投資ならば、イーサリアム等も理解しよう

仮想通貨はビットコインだけでなくビットコイン以外にも様々な通貨が存在します。

その中でもリップルは金融サービスとして注目されています。

仮想通貨投資を考えているならば、ビットコイン以外のイーサリアム等のような通貨も理解を深めましょう。




まずは外貨建ての為替取引がおすすめ

これからビットコインやリップルのような仮想通貨投資を考えている人ならば、しっかりと情報を収集して投資を始めましょう。

価格変動が激しいので仮想通貨は同様な取引でも外国為替取引よりもリスクが大きくなります。

その為、まずは手慣らしに外国為替取引で練習をしてから、その後に仮想通貨取引をすることをお勧めします。

国内FX会社と海外FX会社を含めて何年も外国為替取引(為替FX)をしてきた管理人は、まず海外FX会社のGEMFOREXでの取引を推薦します。

GEMFOREXは海外FX会社であることからハイレバレッジがとても魅力的に一見感じるかもしれませんが、実はもっと魅力的なのはボーナスです。

とんでもなくお得なボーナスなので是非チェックして下さい。

GEMFOREXのボーナスの活かし方を攻略しよう!

管理人の得意技と合わせてで是非取引してみて下さい。

関連記事:管理人のFX必勝技


キーワードで記事を探す

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

最新記事

PAGE TOP