利益の為のビットコイン投資と税金(課税、確定申告)

2017年の暮れ頃からビットコインに関するニュースなどの話題が増えて、投資を開始しはじめた人も多いことと思います。

しかしながらビットコインを購入する辺りまではなんとか自力でできたものの、より利益が得られるためにはどうしたら良いのか悩む方々が多いようです。

事実、ビットコインを購入するだけよりも、そこから派生する他の仮想通貨での取引や信用取引、先物取引、証拠金取引など様々な投資においても利益の可能性が広がります。

bitcoinは利益の可能性がある

またビットコインの投資で得た利益は課税対象となり確定申告が必要になります。

ビットコインによる投資も仮想通貨と呼ばれる通貨で行なわれるので、外貨で行なわれる外国為替取引に非常に似通う部分があります。

因みに管理人は仮想通貨での通常取引と証拠金取引(仮想通貨FX)も1年以上の経験を積み重ねました。

ここでは、ビットコインでの投資による利益のための取引手法と、その利益による課税制度について説明します。

管理人はもうほぼ毎日仮想通貨に関する勉強に励んでいます。

それほど仮想通貨には可能性があり、大きな利益を狙えると自負しています。




ビットコイン投資で利益を得る仕組み(購入売却)

まずビットコインでどのように利益を上げるのかという部分から説明します。

ビットコインの価格挙動を利用して利益を出す

ビットコインというものは仮想通貨市場にて常にリアルタイムの市場価格で取引されています。

需要と供給のバランスにより常に相場の価格は変動しておりビットコインの仮想通貨市場は365日24時間取引が行なわれているので価格変動は常に動いています。

ビットコインの価格が上がる時は供給よりも需要が上がっている時です。つまり利益を見込んで購入したいと思う人が多い場合です。

bitcoin を購入したい

利益を見込んでビットコインが欲しくてたまらない時は、ビットコインの価格が高くても欲しいと考えます。

そういう心理が取引に反映されて価格が上がっていくという相場やチャートの仕組みになっています。

ビットコインの価格が下がっていく減少はその反対に、購入したいと考える人よりも売却したいと考える人が多いということです。

この場合は利益を見込むこともありますが損失を見込んで取引をする場合も考えられます。

ビットコインの価格はこれまで上昇トレンドを辿ってきましたが、株式や外国為替(USDドル/JPY円など)の金融商品と同様に上下動をくり返しながら上がってきました。

この価格の挙動を利用してビットコイン取引による利益を上げることができます。

買い(ロング)売り(ショート)で利益を狙う

ビットコインを購入して値上がりの利益を狙う投資ではロング、ビットコインを売却して値下がり後に買い戻して差額の利益を狙う投資方法はショートという用語を使います。

後者の「先に売却」という部分が若干複雑ですが、信用取引、FX取引、先物取引をする場合にビットコインを借り入れて先に売るという事が可能です。
空売りイメージ

このようにビットコインの取引には現物での売買の他に様々な取引を取引所ごとに設けています。

単純にビットコイン価格が上がると予想した場合、ビットコインを50万円で購入し100万円に価格が上がった時点で売却すれば50万円の利益が生じます。これがロングです。

反対に、ビットコインの価格が下がると予想した場合、まず80万円で売却しその後60万円に下がったところで買い戻してその差額により20万円の利益を得ます。これがショートです。




手数料あっても儲かる会社間換金投資法の計算カラクリ

ビットコイン取引を利用してアービトラージと呼ばれる手法があります。

これは価格の歪(ひずみ)を利用して利益を狙うものです。

ビットコインの売買取引はほぼ全てインターネット上で業者によって運営される取引所にて行なわれるのが一般的で、日本をはじめとする世界中の様々な取引所にてビットコインの売買は行なわれています。

取引所は様々な業者によって運営されるので同じビットコインでも取引所ごとに多少価格の違いが現れます。

bitcoinのアービトラージ

しかし市場原理から考えると、より利益の狙いやすい有利な取引所に注文が集中するので、その価格の差は知らぬ間に均一へと向かいます。

アービトラージとは取引所間で発生するその価格の差額を利用して安い価格の取引所からビットコインを買い、高く売れる取引所からビットコインを売って換金するという投資手法です。

この手法は一度の取引で得られる利益は少ないものの利益を狙える確実性が高いとされています。




売却益が確定したら税金は総合課税で確定申告が発生

次はビットコインで利益を出して、どのような形で税金が発生するのかを説明します。

ビットコインにおいてどういった場合に確定申告をするの?

自分が購入したときよりも価格の上がったビットコインを売却した場合、それによって生じた利益に対して税金を課税されます。

会社に努めている給料の所得者でビットコインの利益とその他の投資などの利益における所得が年間20万円未満ならば確定申告は必要ありません。

しかしその利益が20万円以上の場合、もしくわ給与の年収が2000万円以上の場合、給料を2箇所から受けている場合などは確定申告の必要があります。
自己資金に応じた取引量の管理が必須

もし会社員でなければビットコインでの利益から所得控除を引いた課税所得がプラスの場合、確定申告が必要になります。

ビットコインの利益は総合課税

ビットコインの取引によって発生した利益は雑所得として総合課税されます。

雑所得は売却した利益から手数料や必要経費を差し引いて計算されます。

総合課税とは雑所得、給料の所得、事業の所得などの合計し課税総所得金額を算出し、その金額に累進課税率を適応させて税額を出す課税方式です。

累進課税率が適応される場合、所得金額が大きくなるに連れて適用税率が上がります。

売却益が確定した時に課税される

ビットコインの取引により課税対象になるパターンは2つあります。

1つ目はビットコインを売買することで利益が発生した場合です。

2つ目はビットコインを使った場合です。

使った金額がビットコインを購入した時の金額よりも値上がり利益分だけ多くなる場合は、値上がりでの利益を手に入れたことになるとして課税対象になります。

またビットコインを保有しているだけの状態で含み益が出ていても課税対象にはなりません。

難しい部分が多いので疑問点がある場合は税務署や税理士に問い合わせてみましょう。




投資方法や税金の課税方法は海外FXとほぼ同じ仕組み

次はビットコインで利益をあげていくための心得を説明していきます。

チャンスを逃さず日々の勉強に励む

ビットコインの取引で利益を出すために重要なことはビットコインの価格相場を日々観察することが大切です。

相場のチャートを見続けることで価格変動のクセがわかり大きなトレンドが見えてきたりします。

そして利益を出すためにもう一つ大切なことはビットコインについて勉強を欠かさないことです。

新しいニュースの情報を継続的にキャッチアップをくり返すことで投資チャンスを捉えながら利益を出すことができるようになるでしょう。

ビットコインだけでなく様々な仮想通貨(アルトコイン)にも目を向ける

ビットコインは紙幣や貨幣などの現物がないために仮想通貨と呼ばれます。

そして仮想通貨にはイーサリアム、リップル、ライトコインなど様々な通貨が存在しています。

それはつまり、ビットコイン以外の通貨にも目をやると新たな利益としての可能性が広がるかもしれません。

全く新しく有望な仮想通貨に投資することで大きな利益を期待できる可能性もあります。

しかし将来的に淘汰されて不利益になることも考えられますので、より慎重である必要があります。

法律の改正・規制の動向へ常に注意

ビットコインは2017年に法的な位置づけが大きく変わりました。

4月に改正資金決済法にて支払手段の1つとして認められました。

そして7月にはビットコインは物ではなく通貨として「支払手段」になったことで消費税としての税金は非課税となりました。

ビットコインは新しく誕生した技術としてこれからの将来に様々なものに利用されていくことが予想されています。

それはつまり、今後も継続的に法改正によるビットコインの位置づけが急変化を起こす可能性があるということです。

そういった動向に注目しておくことも利益への可能性を高めることでしょう。

ビットコインでの利益と税金のまとめ

ビットコインの取引において利益を上げる方法として、値上がりによる利益狙いのロング(買い)、値下がりを狙うショート(売り)、取引所間の価格差を利用して利益を狙うアービトラージなどがあります。

そしてビットコインの利益は雑所得に分類され総合課税とされます。

さまざま説明してきましたが、これらの取引方法や課税方法は、実は海外FXとほぼ同じです。

つまりビットコイン投資を考えているならば、そのノウハウがそのまま海外FXにも活かせることができます。

もしビットコインFXに関心があれば、こちらも御覧ください。

関連記事:ビットコインFXとは

因みに管理人がビットコインFXで1番重宝している会社はBitMEXで、ビットコインFXを運営するFX会社として世界一人気があります。

日本や韓国、欧米にいたるまで世界中のトレーダーがビットコインFXのためにBitMEXへ集結しています。