損失が出たビットコイン投資への対処法まとめ

2017年にビットコインが注目を集めその価格が十何倍にも跳ね上がりました。

このことにより初期から投資をしていた人たちの中にも巨額の富を手にした人も少なくありません。

まだまだビットコインには投資対象としての可能性が高いとして今からでも参入しようという人々も多いことと思います。

しかしながらビットコインは価格変動が激しいためにいざ投資をしたものの大損失を抱えるのではと不安になるのではないでしょうか。
仮想通貨暴落

管理人は2017年に仮想通貨投資をはじめて1年以上がたち様々な局面を見てきました。

ビットコインは未だ投機チャンスのある投資対象であると言われますが、事実として投機チャンスであると思います。

しかしながら間違った解釈をしたまま投資をして大損失を起こすリスクもあります。

ここではビットコインによる大損失をするパターンを解説し、また大損失を出した場合の対策法を紹介します。

ビットコインの価格変動はたった1日でも50%の変動を起こしたりするものです。

もっとも大切な事は冷静さを失い誤った判断をしないことです。

前もって知見を増やしてビットコインの投機的な可能性を最大限に活かしてぜひ投資成功の道を切り開いて富を築きましょう。




ビットコイン大損失の仕組みやデメリットまとめ

まずビットコインで大損失を出してしまうパターンを紹介します。

他人の意見が根拠でビットコインが大損害

ビットコインを主とする仮想通貨で大きく損失を出すパターンを4つにまとめます。

まず1つ目は噂や他人の言うことを根拠にビットコインを高値で大量に購入して、その後の急激な価格の下落に驚いてしまって狼狽売りをして損するパターンです。

噂や他人の意見を根拠にして信じて投資すること

ビットコインを始めとして様々な仮想通貨は上がる下がるという根拠のない発言がSNSなどでたくさん出回ります。

なかには「芸能人、芸人なんかも買っている」などと、それらしい嘘の噂を広く流して価格を操作するほどのやり方もあります。

そのような他人の言動だけを根拠にビットコインを高値で購入してしまうと大損害を起こします。

ハッキングでビットコインが大損失

2つ目の大損失のパターンはビットコインの盗難にあうことです。

ビットコインを安い価格のタイミングでうまく購入して、その後の価格の高騰により大きな含み益が出たとしてもそのビットコインが盗まれれば大損失を被ります。

取引所のウォレットにて保有している時にハッキングによってビットコインが盗まれる可能性もあります。

ハッキングで盗まれる

自身のパソコンやスマートフォンのウォレットにビットコインを保有していてもそれらへのハッキングによって大損失を被る可能性もあります。

ビットコインのデメリットで大損害の可能性

3つ目のパターンは、ビットコインネットワークの問題による価格の暴落での損害です。

ビットコインのようなブロックチェーンを用いた仮想通貨の魅力は予てから改ざんできない仕組みでできているということと、国家などの中央集権体制には価値が依存されないというようなことがあります。

しかしビットコインはまだまだ黎明期のシステムです。

今まだ発見されていないシステムの欠陥が見つかった際に、大衆からの大きな信頼が一気に失われることも無きにしもあらずです。

そのような事態に陥れば当然ビットコインが暴落し大損害が起きる可能性も大きいです。

関連記事:ブロックチェーンとは

取引所によるビットコイン横領での損害の可能性

最後の4つ目は、取引所による顧客資産の横領での損害です。

顧客資産の横領

考えにくいですがそのような過去の事例もあります。

日本では数年前とは違い、取引所は金融庁の監督下におかれるようになり法体制が改善されつつありますが、それでも取引所による顧客資産の横領は考えられます。

このようにビットコインの投資とは儲かると言われる反面、様々な損失リスクの可能性があり注意をしておかなければなりません。




儲かる!と購入した仮想通貨の暴落時対処のやり方

ビットコインを購入したものの価格が下落したものに対する対処の方法を説明します。

ビットコインで損失が生じそうでも冷静さが重要

まず1つ目は、購入した時に自分の意思で損切りをする価格を予め決めておくということです。

2つ目は、価格の下落は一時的なものと捉えて再び上昇することを待つことです。

どちらの対処法も自分の予めの冷静な意思が重要です。

損失が生じそうになると、なぜこんなに下がるのか?と、とても焦って狼狽売りをしてしまいそうになります。

狼狽売り

しかし焦って狼狽売りをしてしまったものの後に自身が売った価格は相場での底値だったということもありえます。

損益・損得感情へ容易に流されず、何があろうと常に冷静沈着な意思を持って行動をすることを心がけなければなりません。

含み損で不安になったらビットコインを客観視する

ビットコインへの投資で含み損が生じている状態では、ビットコインの将来性をしっかりと考えてみることも大切です。

ビットコインの将来性が有望であれば、一時的な価格の下落により含み損が生じてもいずれは上昇に転じて購入した時の価格を再び上回ることでしょう。
ビットコインを利用したFXなら有利な取引が可能

ビットコインの将来性が有望だという自身の根拠があれば、それを信じて損切りをする必要もありませんし動揺することもないです。

価格が再び上回るまで狼狽売りをせず保有し続けましょう。

ビットコインの損失を避けるために短期的な視点から長期的に切り替える

ビットコインの価格が下がろうとも動揺せず自身の冷静な意思と判断で損失を避けることは可能です。

しかしながらそのような判断が出来ない時もあります。

短期的な利益を上げようと考える場合に大損失を起こす事があります。

短期的な利益を狙っているような時でも長期的な値上がりの狙いに投資方針を切り替えた時に、そういった焦りの動揺から解放されることもあります。

長期的な値上がりの狙い

短期的な目線がデメリットと感じた時に長期的な目的に転換することも損失防止対策の1つとして考えられます。

ビットコインの将来性が明るければ?

ビットコインを長期的な目線で投資をする時にもっとも重要になるのはビットコインの将来性です。

ビットコインの将来性が明るければ、需要が高まり必然的にビットコインの価格は上昇していきます。
bitcoinのこれからは?

短期的な価格変動に流されず、様々な情報をキャッチアップし続け長期的なビットコイン投資をするのも有効です。




分散投資や他を切り捨てる集中型投資等の戦略まとめ

次はビットコイン投資で大損失を出さないための投資戦略を說明します。

ビットコインの損失リスクのために全く別の投資対象に分散投資

まず1つ目は分散投資です。

分散投資は価格変動などによる損失リスクを軽減させる有効的な投資方法です。

ビットコイン以外の様々な仮想通貨に投資することも分散投資です。
価格変動には分散投資

しかしこの分散方法では仮想通貨市場全体の下落による損害リスクからは逃れられないため、全く別の投資対象への分散投資を考えることも有効です。

例えばビットコインと並行してFXトレードへの分散投資などです。

外国為替による海外FXであれば仮想通貨FXとも似通う部分がおおいことと確定申告のための税金の課税方式も同じです。

FXトレードも同時並行で行うことで、トレードスキルをいつでも仮想通貨の取引に活かせるのでおすすめです。

管理人はもともとトレードを10年以上してきたこともあるのと、仮想通貨の将来性と相場の分析はFXの技術が存分に活かせるのでかなり有利な状況で投資をしています。

関連記事:仮想通貨FXとは

集中型投資も損害リスク回避への有効な戦略の1つ

2つ目の戦略は集中型投資です。

この集中型投資にも2つのパターンがあります。

まず1つ目は1つの銘柄に対して有望だと確信を結論づけて集中投資することです。

この方法は価格下落で損害リスクの可能性のある銘柄に資金が分散しないようにすることと、そして信じる1つの有望銘柄にのみに集中して1点張りをすることです。

集中投資

もう一つは時間的な集中投資です。

価格上昇する可能性が高いと判断するタイミングで資金を一気に投入することで利益を狙う可能性を高めます。

この方法も冷静沈着に情報や将来性などをキャッチアップしながらタイミングを正しく判断することが非常に重要です。

短期で積み重ねて欲を大きく持たない取引戦略

3つ目の戦略は、短期的に適したやり方で取引をすることです。

短期的なビットコイン投資をする時は、1回1回の取引における損失をなるべく小さくさせて、少ない利益だとしてもそれを積み重ねることで利益を膨らませるということがポイントになってきます。

自分自身で損切りポイントを予めしっかり決めておき、コンスタントで欲を大きく持たない売却利益の目標設定を立てることが重要です。

ビットコインを信頼して含み損をきにせず長期保有

4つ目の戦略は長期保有です。

短期的なビットコイン投資も有効的に利益を積み上げていけますが、常に情報をキャッチアップして相場の動向を気にしておかなければなりません。

自身の時間を余裕持って維持することができない場合は短期的な取引を頻繁にすることは困難で損失リスクがあるため、長期的なビットコイン投資をおすすめします。

ビットコインの将来性を信頼し確信する人は長期保有がもっともおすすめです。



仮想通貨と海外FXは税金の確定申告のやり方が同じ

ビットコインの投資において含み損が発生した場合はまず冷静になりましょう。

動揺して焦ると間違った判断を起こし、より大きな損失を出しかねません。

そして損失リスクを抑えるためには特に分散投資が有効になってきます。

例えば海外FXであればビットコインの投資のスキルと似通った部分が活かせることと、確定申告のための税金の課税方式も同じです。

当サイトには海外FXを始め仮想通貨FXや仮想通貨における情報などを集約しています、ぜひ参考にしていただければと思います。

関連記事:仮想通貨FXとは
関連記事:ビットコイン取引の始め方
関連記事:海外FXの魅力とは