リスク回避でビットコイン(仮想通貨)投資の成功へ

ビットコイン(仮想通貨)に投資をしたいけれどリスクがありそうでなかなか一歩が踏めない、と考える人もいるでしょう。

ビットコイン(仮想通貨)を知って早1年。仮想通貨の運用投資と短期トレードにて投資中の管理人がビットコイン(仮想通貨)のリスクについて解説します。

当たり前の話ですが、ビットコイン(仮想通貨)に潜むリスク(価格変動リスク、ハッキングリスクなど)を全てリスク回避できるならば投資で成功します。

つまりリスクを全て理解し、全てのリスクを回避できれば投資で利益を出せるということです。

実際言葉で単順にこう言っても難しいものですが、とにかくリスクを少しでも理解することから投資成功への道を切り開いていきましょう。

ここではビットコイン(仮想通貨)にまつわる様々なリスクを紹介するとともに、株式投資やFX投資についてのリスクも紹介します。

照らし合わせながらビットコイン(仮想通貨)についての知見を深めて参りましょう。

ビットコイン(仮想通貨)にも様々なリスクがありますが、リスクを承知で参入するほどの価値は十分にあります。




ビットコイン(仮想通貨)投資の相場チャートリスク

まずは、ビットコイン(仮想通貨)にまつわる基本的なリスクから解説います。

ビットコインウォレットがハッキングされるリスク

ビットコイン(仮想通貨)におけるウォレットとはその名のとおり保管をしておく財布と同じようなものです。

仮想通貨取引所にて口座を開設するとそこに自分専用のウォレットが作成されます。

ウォレットは取引所にあるものだけでなく、自身のパソコンやスマートフォンにも設置することができます。

取引所にあるウォレットにビットコイン(仮想通貨)を保有しておくと取引を迅速にするメリットがあります。

しかし取引所にあるウォレットは常にオンラインでネットワーク接続されているためリスクヘッジできなく、ハッキングをされるリスクがあります。

ウォレットがハッキングされる

つまりハッキングによってリスク回避できなくビットコイン(仮想通貨)を盗まれる可能性があります。

その為、必要がなければ取引所にある自身のウォレットにビットコイン(仮想通貨)を置かないことがリスク回避となります。

そして自身のパソコンやスマホのウォレットを使用している場合でもハッキングのリスクはゼロではありません。

より安全なセキュリティを構築するためにセキュリティソフトを入れるなどの対策も欠かせません。

ビットコインの価格変動リスク

ビットコイン(仮想通貨)には相場チャートによる価格変動のリスクもあります。

2017年にビットコイン(仮想通貨)は価格が暴騰しましたが、その反動で1日で20%以上も暴落したこともあります。
仮想通貨暴落

ビットコイン(仮想通貨)を買ったあとに価格が上がることで売却益を狙うことができます。

しかし反対に買ったときよりも下落すれば大損が発生します。

ビットコインの価格変動は非常に激しいため、思わぬ瞬間に大損失を受ける可能性もあります。

ビットコインに投資する時は価格変動リスクがあるとこと十分に注意しておきましょう。

ビットコイン詐欺のリスク

ビットコイン(仮想通貨)は未だ誕生してまもなく弱者を狙う詐欺のリスクもあります。

「ビットコイン投資は必ず儲かる」という謳い文句で詐欺をはたらく事件が多数発生している報告がたくさんあります。

詐欺被害防止のためには信頼のおける情報だけを頼りにしていくような心がけが必要不可欠です。

ビットコインはハイリスクハイリターン

ビットコイン(仮想通貨)は価格変動も激しく、他の投資対象に比べてとてつもない高利益を得られる可能性がある一方、大損失のリスクも抱えています。

リスクとリターンは表裏一体でそれはまさにハイリスクハイリターンそのものです。




その他のLISKはなにがある?

その他のビットコイン(仮想通貨)におけるリスクも紹介します。

ビットコインは取引の取り消しでができないリスクがある

ビットコイン(仮想通貨)の取引は取り消しの出来ない仕組みであるというリスクもあります。

ビットコインは取り消しができない仕組みである

銀行における送金処理や証券会社での株式の売買処理にはそういったリスク低く、取り消しは一定の時間内であれば可能な場合があります。

しかしビットコイン(仮想通貨)では送金の取り消しをするという仕組みがないため、取引きを行った後には再度送金し返すなどして別の方法にて処置する必要があります。

送金し返す間に価格変動を起こしますので事実上の取り消しとは言えないでのでビットコイン取引においては取り消しできないリスクを抱えています。

さらに送り先の相手が返金に同意しなければ返してもらえないリスクもあります。

ビットコインにおける透明性と匿名性のリスク

ビットコイン(仮想通貨)における残高や取引履歴は、ビットコイン(仮想通貨)のネットワーク上で常に公開されています。

このような透明性があるのもビットコイン(仮想通貨)の特徴です。

またビットコインアドレスは何個でも生成することができ取引所によっては取引の度に新しいビットコインアドレスを生成してリスク分散をつるような仕組みを導入しているところもあります。

ビットコインアドレスは暗号化されているため、そのビットコインアドレスから個人を特定することは不可能で、第三者に悪質に知られるようなリスクは匿名性で守られています。

ビットコインアドレスから個人を特定することはできない

しかしながら取引所にてアカウントを作り口座開設をするときは本人確認をされますのでハッキングがあったり税務署からの指示によりやむを得ず取引履歴や残高は把握されます。

完全な匿名性としての仕組みではないというリスクがあることを覚えておきましょう。

ビットコインのオフチェーンによる取引仕組みのリスク

ビットコイン取引の1つ1つは一定の時間分の取引が1つのブロックにまとめられています。

このブロックの中の取引が正確なものであると承認されるためには、ビットコインネットワークに参加している第三者の承認が必要です。

第三者の承認が必要

この承認には最低10分がかかり、これが完了するまでは送金処理も完了できなく着金待ちの状態になります。

このタイムラグを一切なくして行う仕組みをオフチェーンと言います。

オフチェーンとはブロックチェーンの外と意味するように、それぞれの取引をブロックチェーンの外で行うことにより即座の取引対応が出来ます。

つまり時間差でまとめてブロックチェーンにつなぐことになり即座に承認がされず後回しになるリスクが残ります。




上場銘柄や国内FXのバカならない投資大損の危険は?

それではビットコイン投資意外の投資商品のリスクはどういったものがあるでしょう。

ビットコインと比較すると株式投資のリスクは?

ビットコイン投資と同様に株式投資にもリスクがあり、価格変動リスク、信用リスクがあります。

信用リスクとは株式を発行する会社への信用を意味しており、その会社が倒産して株の価値が消滅するリスクです。

株を売りたいとときに売る事ができない流動性リスクもあります。

人気のない株銘柄は流動性がないリスクを背負い、人気の株銘柄でも株価が暴落してしまえば売りが集中し売ることができません。

外国の上場株式銘柄であるとその国の政情によるカントリーリスクや為替リスクも生じてきます。

ビットコインと比較するとFXのリスクは?

FX投資のリスクを解説します。

まず為替変動リスクがあげられ、外国為替を利用して投資をするので為替の急変動による損失リスクを常に抱えます。

海外FXであればゼロカットシステムが導入されているので証拠金範囲内を越えた損失を被ることはないですが、国内FXではゼロカットがないために、バカにならない大損失を被ったり、大借金を背負う可能性もあります。

株式投資と同様にカントリーリスクと流動性リスクもあります。

関連記事:ゼロカットとは

新興国の通貨や政情の不安定な国の通貨を扱う時は、リスクオフなどを念頭に入れておき十分に注意を払いましょう。




仮想通貨投資に潜む様々な危険との今後の向き合い方

ビットコインへ投資する際には様々なリスクが存在します。

1つ1つのリスクもしっかりと理解をして1つ1つ気をつければリスクは回避できるものです。

またリスクがあるからこそリターンのチャンスがあるわけで、投資とはいかにリスクを回避できるかで勝ち負けが決まります。

単純な話として言ってしまえばリスクを全て回避できれば勝つことができて富を得ることが出来るということです。
bitcoinは利益の可能性がある

当サイトではハイリスクな投資手法やハイリスクな投資情報もありません。

投資に対する危険なリスクを細かく拭いとり、少しでも投資を楽しめるように目指しましょう。

管理人は、投資はゲームのように楽しくやることがモットーです。

もちろんお遊びのようにゲームをするわけではないですが、ゲームに夢中になるかのように情熱を注いで真剣に取り組もうという気持ちです。

共に勝ちましょう。

関連記事:ビットコイン誕生の歴史
関連記事:ビットコイン入門
関連記事:仮想通貨FXとは