ビットコインのレバレッジ取引の魅力や特徴を徹底解説

仮想通貨の高倍率取引の魅力やリスク、最大倍率の比較

レバレッジ取引の意味と比較

株式やFXなどの投資でレバレッジという言葉を聞いたことがあると思います。

最近ではビットコインでもビットコインFXというような言葉を聞いたりレバレッジという言葉が頻繁に出てきます。

一体どういう取引をして投資をしているのでしょうか?

簡単に言いますと、現物取引とレバレッジ取引という投資手法の2つがあります。

安心して下さい、そんなに複雑なものではないです。

トレーダー歴10年以上でビットコインのレバレッジ取引歴1年以上のサイト運営の管理人が一つづつ說明します。

仕組みを理解すればレバレッジ取引の魅力を理解できます。
レバレッジの図

テレビやニュースでもよく見るビットコインはまだ誕生して間もないもので、リアルタイムで世の中への実用化に向けて進化を続けています。

それはつまり投資対象としての先行者優位があり、投機的なチャンスが高く、とても有利な状態から投資を始めることができます。

世に金(ゴールド)が未だあまり普及していない時代に、金(ゴールド)を発掘(マイニング)して、いち早く手にした人が、思いがけない利益を得たような感覚と同じようにビットコインも考えられるかもしれません。




高倍率取引の儲かるメリットと計算方法やリスク

まずはビットコインにおけるレバレッジ取引の意味やメリットを說明します。

レバレッジ取引でできること

レバレッジとは少額の自己資金で何倍もの取引を行い大きな利益を得られる可能性のあるシステムです。

レバレッジという用語はテコの原理が由来しており、小さな石でもテコの原理を利用して大きな石を持ち上げられるイメージをしてください。

関連記事:レバレッジとは

本来手元に10万円しかなければ10万円以上の投資はできないです。

もし8倍のレバレッジをかける取引であれば10万円の自己資金が80万円と同じ掛け金で行うことができ利益もその分8倍になります。

レバレッジの魅力とデメリット

レバレッジの魅力は少額の資金で大きな利益を狙えるという部分です。

自己資金が少額であれば期待する利益も少額です。

レバレッジを大きくすれば利益率は同じですが利益価格は大きくなります。

たとえば年利5%の金融商品があったとします。100万円で1年投資すれば5万円の利益ですが10倍のレバレッジであれば1000万円の運用で50万の利益が得られます。

レバレッジの捉え方は様々ありますが初心者と上級者では考え方を変える方が賢明だと管理人は考えてます。

初心者の場合、レバレッジの1番のメリットは自己資金を少額しか持っていなくともレバレッジによって資金効率の良い大きな取引ができること。

上級者の場合でのレバレッジの1番のメリットはレバレッジにより自己資金よりもより大きな資金でハイリスク・ハイリターンの取引ができること。
メリットがある反面デメリットも

レバレッジを掛けないということは1倍の取引と同じ意味をしますので投資した自己資金が損失の上限となってきます。

しかしレバレッジを何倍も掛けた取引では自己資金を越えた損失を出すリスクもあります。

先ほどの例のように100万円で1年投資して5万円の損失が生じたとするならば10倍のレバレッジであったならば1000万円の運用により理論上50万円の損失をもたらすことになります。

レバレッジは諸刃の剣のように扱い方によって大利益を出す反面、大損失を生じることもあります。




ビットコイン倍率取引の意味とやり方

次はビットコイン取引における種類を紹介します。

ビットコイン取引の種類とトレード方法

ビットコインで取引をする際には現物取引とレバレッジ取引と大きく2種類に分けられます。

現物取引は実際の仮想通貨市場において実物のビットコインをいわゆる(キャッシュ)で購入して換金したりしながら取引を行います。

実物と言いますがビットコインは仮想なもので目に見えるものではありません。

つまり現物取引では自己資金の範囲内でビットコインを購入して自分のものとして長期保有しておいて、それを後に売却するという概念です。

bitcoin長期保有

一方、レバレッジ取引とは自己資金の金額を超えて行う取引です。

実物以上の取引が可能ということで現物取引ではできなかった売り注文からの取引も可能になってきます。

それはつまりレバレッジ取引では高い価格で売るという状態から始まり、価格が下がった時点で買い戻すということでの差益を狙うこともできます。

レバレッジ取引の仕組みの說明をはじめてきくと複雑ですが現物ではできないような取引の仕組みを持っています。

レバレッジ取引を行う際には自己資金として担保の役割を果たす証拠金というものを預け入れる必要があるのも現物取引と異なる部分です。

ビットコインの3種類のレバレッジ取引

ビットコインにおけるレバレッジ取引は大きく3種類の方法があります。

3種類のレバレッジ取引

まず1つ目は、証拠金取引(FX)です。現物取引において10万円のビットコインを購入し15万円で売却することは、自己資金で購入し保有したの10万円分の現物のビットコインが15万円になって戻ってきます。

もしこれをFXによって取引を行ったならば、実際に動いた自己資金は10万円から15万円の差額の5万円だけであることになります。この概念を差金決済と呼びます。

2つ目は信用取引です。これは自分の保有するJPY(日本円)やビットコインを担保にしてより多くのJPY(日本円)やビットコインを借りて取引をすることです。ビットコインなどを借りるので返済期限もあります。

そして3つ目は、先物取引です。先物取引とは現状の価格で未来の売買を契約する取引です。

未来契約時より値上がりしたならば先物取引で契約した価格で買って売れば利益が生じる仕組みです。

因みに取引方法が違えど税金は全て雑所得しての扱いになり海外FXにおける累進課税方式と同様の考え方になっています。

関連記事:海外FXにおける税金について




ビットコインのレバレッジ取引のおすすめはGMOやZaif

続いてビットコインのレバレッジ取引を種類別に紹介します。

ビットコインFX

日本国内にてビットコインFXのできるお勧めの仮想通貨取引業者はGMOコインやbitflyerなどがあります。

bitflyerでは最大15倍のレバレッジが可能です。

因みに、ビットコインの取引量とセキュリティにおいての評価でbitFlyerは日本一です。

関連記事:ビットコインFXの業者別の特徴比較

ビットコインの信用取引

ビットコインの信用取引のできる仮想通貨取引業者にはZaifがあります。

取引口座へのログイン後に担保として自己資金を預け入れた後に自己資金の7.77倍までの取引が可能です。

たとえば預け入れる担保(証拠金)が13万円であればおおよそ100万円の取引が可能です。

信用取引により借り入れた資金には借入手数料が1日毎に発生することも注意しなければなりません。

ビットコインの先物取引

ビットコインの先物取引はZaifやbitflyerにて行なえます。

Zaifの先物取引は最大25倍のレバレッジでビットコインの取引が行えます。

bitflyerではlightning Futuresと呼ばれる先物取引が行え、ビットコインの最大15倍のレバレッジ取引が行えます。




最大倍率取引は利益も大きく損失も大きい

次は、様々なレバレッジ取引と比較してみます。

株式やFXのレバレッジとの違い

レバレッジシステムは株式投資や外国為替取引にも用いられており、株式取引の相場では信用取引、外国為替取引相場にはFX取引があります。

資金効率の良いレバレッジ取引はどんな投資においてでも魅力的な仕組みです。

レバレッジにて効率良く取引がおこなえれるならばより有利な投資対象にレバレッジを掛けて取引をすることが賢明でしょう。

ではビットコインのレバレッジ取引が株式取引やFXに比べてどのくらい違いがあるのか説明します。

ビットコイン取引と株式投資の信用取引の比較

株式投資における信用取引は最大レバレッジ3.3倍です。

保証金は現金または株券などにて担保が可能です。

株券は80%などの換算率にて計算されることで担保の評価金額が決められます。

ビットコインのレバレッジは最大25倍ですので株式投資よりは資金効率が良いと言えるでしょう。

さらにビットコインは価格変動が激しいため、ビットコインの方がより少額での期待感が高まることでしょう。

ビットコイン取引と外国為替FX取引のと比較

外国為替証拠金取引のFXは国内では最大25倍ですが、海外業者では100倍レバレッジで取引できるようなところもあります。

為替相場とビットコインのチャート相場を比較するとビットコインの方が値動きが激しいためより期待感が見込めます。

ビットコインの値動きはUSDドル/JPY円よりもはるかに激しく、シンプルに安値で購入し高値で売却した際の利幅は断然に大きくなります。

ビットコインにおけるレバレッジ取引の特徴とは

株式投資やFXのレバレッジとの比較でも述べましたが、ビットコインの相場チャートは値動きが非常に激しいのが特長です。

価格変動率を俗にボラティリティと呼びますが、USDドル/JPY円のボラティリティを1倍とすると、株式は約3倍、ビットコインは約10倍と考えて下さい。

ビットコインのボラティリティが激しいということは利益が大きい反面、損失も大きいということです。

そこにレバレッジをかければさらに損失は大きくなります。

ビットコインのボラティリティは他の取引よりも激しいことに注意し損失に気をつけてレバレッジを設定しましょう。

関連記事:ハイレバレッジの魅力とは

ビットコインのレバレッジ取引のまとめ

ビットコインのレバレッジについて説明しました。

レバレッジにはFX、信用取引、先物取引の3種類があります。

レバレッジには現物取引にはない資金効率のメリットがあります。

取引ごとにより仕組みが異なりますが、どの取引もレバレッジにより自己資金よりも大金な取引で大きな利益をねらうことができます。

様々なビットコイン取引所にてこれらのレバレッジ取引が可能で、ビットコインのレバレッジ取引は株式や外国為替FXよりもレバレッジ効率が高いです。
株やFXと比べ利幅が大きい

ビットコインのボラティリティは非常に激しいために、株式や外国為替のレバレッジの倍率が同じでも、レバレッジ効果における利幅も大きくなります。

関連記事:ビットコインFXとは

因みに管理人がビットコインFXで1番重宝している会社はBitMEXで、ビットコインFXを運営するFX会社として世界一人気があります。

日本や韓国、欧米にいたるまで世界中のトレーダーがビットコインFXのためにBitMEXへ集結しています。


PAGE TOP