ビットコインFXが儲かる理由とは?

仮想通貨取引の概念や税金、入金出金について解説

ビットコインFXは海外FX業者の「XM」がおすすめ

巷の海外FXトレーダーのあいだでもビットコインと呼ばれる仮想通貨が「荒稼ぎできる」として注目が集まっています。一体ビットコインにはどんな魅力が隠されているのでしょうか。

市場価値の未だ安定しないビットコイン(仮想通貨)ですが、そのメリットは計り知れません。


海外FX界隈でも2017年からいち早くビットコインFX(仮想通貨取引)が導入され多くの話題になっています。

そこで「海外FXマニア」で「仮想通貨マニア」でもある管理人が鋭い目線からビットコインを様々に解説していきます。 

海外FXトレーダーのあいだでもビットコインが荒稼ぎできる対象として見られるのはズバリ価格変動の激しい相場を利用して短期間で利益を抜き続ける事ができるからです。

海外FX業者におけるビットコインFX(仮想通貨取引)の税金についての考え方や、おすすめな海外FX業者「BitMEX」、ビットコインFXの始め方も紹介しますのでぜひ参考にしてみて下さい。



ビットコインは入金出金で活用される

ビットコインという仮想通貨はボラティリティ(価格変動)がとても激しく現在、市場価値の安定していない未知の通貨と言われています。

しかしビジネスとしての可能性は絶大であるとして、一早く反応する企業ではもう既に入金や出金などの決済用の通貨として取り入れ始めています。海外FX業界でも同様にビットコイン決済(入金出金)の導入が加速しています。

ビットコイン決済(入金出金)としてインターネット上で完結することはスピードと手数料の削減が企業のコストパフォーマンスにつながると考えられるからです。

決済として使われる通貨としてより一般社会に実用化されるには、まだまだ時間がかかりますが更なる実用化に向けて動き始めています。

またビットコインはその通貨自体の価格の高騰ぶりから資産運用の対象としてとても注目が集まっています。

儲かる可能性があると思われながらも未知な部分が多いために投資しにくいという考えを持つ投資家も多いです。

ではビットコインを使ってどうやって投資をするのでしょうか。

仮想通貨取引の特長(レバレッジ、相場予測、銘柄)

ビットコインは銀行などの金融機関を介さないで決済が行なわれるため、その分の手数料が格段に割安になります。海外FXにおいてもほぼ手数料無料なところばかりです。

故に、運用におけるコストパフォーマンスは今まで行ってきた法定通貨のものに比べると非常に大きく改善されます。

このように決済としての仮想通貨で活用されますが、投資としてのビットコインとしても活用することができます。

海外FXのハイレバレッジとしてのビットコインFX

仮想通貨市場はビットコインを円で買い価値が上がった後に再度売ることで差金の利ざやを稼ぐ取引です。そこに海外FXでよく見られるハイレバレッジを効かせて更なる大きな利益を狙えるのがビットコインFXです。

仮想通貨の売買での利ざやでは価格が上がることで利益を得られますが逆にマイナスに動くと損失を出す一方です。

しかし海外FXのビットコインFXのような信用取引におけるレバレッジの機能を活かせば、何も無いところからも利益を狙えることも可能です。

何もないところから資産を増やせる

この特性はFX取引で言うキャピタルゲインと同じものであり様々な仮想通貨自体の価格変動をタイミングよく把握しながら売買します。

ビットコインの値動きは予想できる場合が多い

株式投資の場合では、景気の判断や雇用統計の発表などから相場を予測します。しかしビットコインのような仮想通貨は歴史も浅く価格変動自体も激しいので小さな情報でも敏感に変動します。

そのため値動き自体が、何が原因で起こっているか安易に分かってしまう場合が多いです。

先般のJPモルガンの社長の発言のような影響力のある著名人のポジショントークによる相場の大きい動きも頻繁におきます。

つまりそういった情報に俊敏に反応し予測を読むことが容易です。これはまさにビットコインFXのような短期的なトレードにとって大きなメリットです。

さらに仮想通貨市場は基本的に上昇トレンドであることからも予測を読みやすく上昇に期待する買いが殆どです。

ビットコインだけじゃない仮想通貨の種類

ビットコインだけを例に上げていますが仮想通貨にはビットコイン以外にもアルトコインと呼ばれる無数のコインが存在し、その中でもイーサリアム、リップル、ライトコインなどが主流コインとして存在しています。

仕組みとしてはビットコインと殆ど違いがありませんが、例えばデータ容量が大きく処理速度が非常に早いものであるなど、個々様々な特長を持ちながら仮想通貨市場に混在しています。

つまり仮想通貨市場は無数な通貨ペアにて取引を行えるポテンシャルを兼ね備えているのです。今までのFX取引にはない新たな面白味も隠されています。


税金は海外FXと同じ方式

では海外FXでのビットコインFXによる決済(入金出金)や取引において利益が出た場合には税金は掛かってくるのでしょうか。

実はビットコインFXにおいては海外FXであろうが国内であろうがビットコインで発生した利益は、全て所得として扱われ1年間で得られた利益の合計が「雑所得」として税金の対象となります。

雑所得の課税方式は累進課税とされており利益の額が上がれば上がるほど税率も上がっていきます。
国内FX・海外FXの税金の違い

これは海外FXにおける課税方式と全く同じで、ビットコインを法定通貨に決済する場合はくれぐれも所得がどのくらいになるのかを見ながら行なわなければなりません。

ちなみに海外FX同様日本に居住地がない場合は日本の課税対象にはなりませんので税率の低い国に居住地を構えるのも節税方法の一つと言えます。

関連記事:海外FXの税金について



BitMEXは手持ちのBTC入金で直ぐに取引可能

海外FXでのビットコインFXでは信用取引をしてレバレッジをかけれることが大きな魅力ですが、価格変動が(ボラティリティ)が激しくとてつもなく下落を起こすこともあるため万が一に備えた保険をしておく必要があります。

国内業者でのビットコインFXではこういった下落が起こった場合の例外的な大損失に対して追加での資金投入として借金を請求する可能性があります。

一方、海外FX業者でのビットコインFXであれば「ゼロカット」方式と呼ばれるものが採用されており準備資金の範囲内で必ず損失がおさまるよう制御されているので追加資金投入を請求されることはありません。

関連記事:ゼロカットについて

ビットコインFXするなら海外FX会社のBitMEX

そこでおすすめするのが海外FX会社のBitMEXです。

BitMEXはビットコインFXを運営するFX会社として世界一人気があります。

現在BitMEXには日本、韓国、欧米を中心に世界中のトレーダーが挙って集結しています。

そして、なんとBitMEXは手持ちのBTCを送れば今すぐFX取引を開始できます。

メール登録のみで本人確認も必要ないのですが、ブロックチェーンを活かした技術がそれを可能にしています。

是非チェックしてみてください。
BTCを送金して今すぐFXができるBitMEX

*因みにXMの他にも海外FX業者でビットコインFXをできるところはいくつかありますが「bigboss」という海外FX業者は金融ライセンスも保有していなく、とても怪しいので口座開設には注意して下さい。


キーワードで記事を探す

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

最新記事

PAGE TOP