日本や海外各国のビットコイン普及率は?その理由も

ビットコインというものをニュースなどでよく目にするようになって、より注目されるようになってきました。

では実際ビットコインはどのくらい普及しているのでしょうか?

どのくらいの国や地域に普及しているのか気になるものです。

そして日本においてはどのように普及しているのかも気になるところです。

2017年の年初から仮想通貨に携わる管理人が「ビットコインの普及」について様々な情報を集約してきました。

簡単に言いますと普及は着実に進んでいますが、まだまだ人口の数%しかビットコインを保有していないのが現状です。

そういった部分の明確な見解と今後の展望についても詳しく説明します。

ぜひ仮想通貨投資に役立ててください。




海外のビットコイン事情。欧米国の普及率の増加理由

まずは海外各国におけるビットコインの普及について解説します。

欧米国のビットコイン普及

仮想通貨先進国として世界を引率しているアメリカなどの欧米国ではいち早くビットコインやその他の仮想通貨(イーサリアム、リップルなど)の普及が広がっており、ビットコインを決済手段として取り入れる商店も増えつつあります。
 

決済手段

ビットコイン自体も合法で特に目立った規制もありません。

現状でビットコインを扱う取引所にアカウントを登録しようとするときも厳格な審査が行なわれ、投資家を保護するための様々な環境も整えられている傾向にあります。

つまりビットコイン自体の普及が進んでいる状況だと理由付けできることでしょう。

しかし一方でビットコインなどの仮想通貨が普及していくことで法定通貨や国家の金融政策に悪い影響が生まれると予想する発言もでているのも現状です。

ビットコイン普及どころか規制の厳しい国もある

これだけ注目を集めながら普及しつつあるビットコインに対して世界中で盛んに取引が行なわれているのでは、というイメージが強いかもしれません。

しかし実際はそうではなく、一部の国では非常に厳しく規制を強いられているものでもあります。

例を出しますと中国ではビットコインを扱う仮想通貨取引所自体が認められません。

中国は規制されてる

そしてビットコインなどのマイニングも厳しく規制がかかりつつあり普及とは全く逆方向へ進んでいるのが現状です。

またアイスランドにいたってはビットコインの利用自体が禁止されています。

その他、ビットコインのような仮想通貨は国家の法定通貨を脅かすものだと考える国もあります。

中国などの取引所が閉鎖された国の中で、それ以降個人間同士のビットコイン売買がより活発になっているという状況も見受けられ始め、ビットコイン自体の普及を完全に阻止することは困難であるという見解も出てきています。

このような流れがある以上、今後もビットコインが合法で普及が進んでいる国だとしても、この先予想もできないような突然の規制が掛かることも可能性としてはあるといえるでしょう。




日本は決済法で安心環境へ変化、これからが本番と予想

次は日本におけるビットコインの普及状況を說明します。

日本のビットコイン普及状況

日本においても2017年よりビットコインへの注目が集まり話題をよんだことで普及が進んでいるイメージがあります。

どのくらいの日本人が実際にビットコインを保有しているのかは定かではないので普及率は推測しかできません。

日本にある仮想通貨取引所における口座数から推測するならば普及率は未だ数%にしか満たない状況です。

日本人も保有者は数%程度

しかしながら2017年に入り仮想通貨取引所における口座数は急激に増え始め確実に普及率が上がっていると予想できます。

取引所における取引の実績報告によるとビットコインの取引量の日本のシェア率は50%(2018年2月時点)にも達すると言われてますので着実に保有者が増加していると予想できます。

日本の普及率が人口の数%だということに対して、国の人口の70%が保有していると推定される国もあることをみると日本での普及はまだまだこれからと言えます。

日本は支払手段として認められビットコイン普及は進む

日本でのビットコイン普及率が上がりつつある理由の1つは、ビットコイン取引が安心して行える環境が揃っているということがあります。

反対に国の紛争などの政情不安による法定通貨への不安がビットコインの普及につながっている国もあります。

日本における信用度は基本的に高いので、不安というような要素よりもビットコインの普及と価値の上昇に期待する投機的・投資的な観点から普及が進んでいます。

投資目的

しかし投資への期待が増えても、ビットコインの法的な規制の明確化や取引所の信用安全が強化されなければ投資の実行はなされず普及しません。

2017年のビットコイン人気に拍車を掛けたのは、ビットコインが消費税非対象で支払手段として正式に認められたことです。

改正資金決済法のこの流れにより仮想通貨取引所も金融庁の監督下におかれ更なる規制への整いが進みました。

これらのことからビットコインへの信用安心が進み日本での普及が進んだと言えます。

年齢層から見るビットコイン普及

年齢層に関する普及率の公表も正式なものはありませんが、銀行などでのビットコイン取引ができないことに対してFX(外国為替証拠金取引)トレーダーたちが仮想通貨市場に参入する例が多いのをみると、確実に若年層の普及率が高く、高齢層の普及率は低いと考えられます。

トレーダーたちが仮想通貨市場に参入傾向

因みにもともとFXトレーダーである管理人も2017年の年初から仮想通貨にどっぷりハマってしまっています。

なんといいますか、とにかく投機的で新しいテクノロジーの進化を間近で感じるできるところ、全て総じて魅力しかないと思ってます。

仮想通貨FXでトレードもできますし、これがまたとんでもないトレンドを作って凄いです。

関連記事:ビットコインの誕生
関連記事:仮想通貨FXとは

男女別のビットコイン普及割合

こちらはとあるアンケート結果(2017年9月時点)によるものですがビットコイン保有者の男性割合は4.7%、女性割合0.9%という結果が出ています。

男女別での普及率をみると男性が多いようです。




日本は仮想通貨(イーサリアム等)の投資目的が多い

では続いて、ビットコインは今後どのような将来が予想されるのか解説します。

日本ではビットコインは未だ投資目的が主

日本においてビットコイン決済としての支払手段はまだまだ普及は進んでなく実用化と言う意味でも全く進んでいないです。

ビットコイン決済ができるようになったとは言え、まだまだ先駆けに過ぎません。

日本におけるビットコインや様々な仮想通貨(イーサリアム、リップルなど)の現状は投資目的における保有や取引が完全なる目的であるという状況です。

ビットコイン普及が広がるためには?

日本におけるビットコインの普及をすすめる1番の重要な要素はビットコイン決済のできる店舗の普及です。

店舗の普及

現在使われているsuicaやedyのような電子マネーのように、全国の商店やコンビニなどへの利用可能が増えればビットコインの普及が飛躍的に広がると予想されます。

また2017年に国税庁が公表した情報では、ビットコインの取引により生じる所得に関する確定申告の所得計算の義務が求められる状況になりました。

投資家が取引における所得計算をするために、仮想通貨取引所が所得計算のための取引報告書を投資家へ発行することも必要です。

こういった環境が整うこともビットコインの普及に大きく関わってきます。

ビットコイン普及の今後の動向

2017年12月の時点でビットコインの価格は1BTC≒180万円となっています。2017年の年始に比べると10倍以上の価格上昇が起りました。

この調子から予想すると200万円、300万円とトレンドを上げ続ける可能性もあります。

しかし急激な価格上昇にはそれ相応のリスクもあります。
メリットがある反面デメリットも

例えば予測不能な突然の規制により価格上昇が止まり暴落も起こる可能性もあります。

ビットコインは世に出てまだ間もないもので、正確に予想することは不可能です。

どんな状況も起こりうる可能性があるということに注意しておかなければなりません。




仮想通貨取引なら日本より海外FX業者を推薦する理由

日本では安心してビットコインを取り扱う環境が整いつつあります。

管理人はもともと10年の経歴のあるFXトレーダー出身ですが今では仮想通貨FXでのトレードがメインです。

このサイトを訪れる方々はおそらく既にFXトレードを始めていられると思いますが、FXの傍ら分散投資のリスク回避としてビットコインへの投資(運用投資、レバレッジ取引など)もぜひ検討するのも良いかもしれません。
価格変動には分散投資

例えばビットコインの価格変動は外国為替よりもボラティリティが激しく上昇トレンドです。

税金に関しても海外FXと同じ課税方式です。

関連記事:ボラティリティとは
関連記事:仮想通貨の税金

また仮想通貨FXを既に始めているトレーダーであれば海外FX業者の取引所をおすすめします。

海外FX業者でも日本のbitflyerやGMOコイン同様に仮想通貨FXでの取引が可能ですが、日本の取引所にはないメリットがたくさんあります。

因みに管理人がビットコインFXで1番重宝している会社はBitMEXで、ビットコインFXを運営するFX会社として世界一人気があります。

日本や韓国、欧米にいたるまで世界中のトレーダーがビットコインFXのためにBitMEXへ集結しています。


Twitterでフォローしよう