「ビットコインの課題」から学ぶリスク

ビットコインの仕組みは信頼性が高く世界中において決済手段として使われるだろうと期待されています。

そしてその将来性から投資対象としても世界中から注目を集めています。

事実、管理人も仮想通貨FX(ビットコインFX)を始めて早1年、長年に渡ってやってきた外国為替FXトレードとは比べ物にならないほどの収益を上げています。

ビットコインはまだまだ誕生して間もないものであるため様々な課題やデメリットも存在するものです。
ビットコインには様々なデメリットが存在する

ここではそんなデメリットをしっかりと理解して、さらなるビットコインの可能性を見いだせるように投資スキルを向上させましょう。

デメリットを理解していくことは、自身にふりかかるリスクや弱点を改善できるという意味でもあります。

より完璧なビットコイン投資を目指して投資成功を実現させましょう。

2017年、2018年とビットコインは大きくパラダイムシフトし始めています。

投資投機の波に乗り遅れないよう、しっかりとついていきましょう。




採掘の仕組みやリスクのデメリット

ではまずビットコインの代表的なデメリットから解説します。

ビットコインの処理能力のデメリット

ビットコインのデメリットの1つとしてまずスケーラビリティ(仕事量の増加に適応できる能力のこと)の問題があります。

簡単に言うと、ビットコインが多く普及することによって取引量が多くなり取引の処理速度が遅くなるというデメリットです。

ビットコインは普及すると処理速度が遅くなるというデメリット

ビットコインはおおよそ10分間に起こる取引をひとまとまりとして1個のブロックにデータを入れ込む仕組みとないっています。

そしてその1個のブロックには1MBまでのデータを入れることができますが取引が多くなるとその全てを入れることが出来なくなるという課題があります。

さらに取引量が増えることによって取引の検証作業を行うマイニング(採掘)自体が遅れて、反映がもっと遅くなるというデメリットも重なります。

関連記事:マイニング(採掘)とは

これらのデメリットを解決する方法として、ブロック自体の容量を大きくしたりSegwit(ブロックサイズそのままで取引サイズを小さく圧縮すること)と呼ばれる技術を取り入れる方法があります。

しかしどの方法が良いのかの答えが出ないまま議論が重ねられています。

ビットコインネットワークのシステムを技術的に支える技術者たちと取引の検証作業をするマイナーたちとの考え方の意見の違いなどがビットコイン分裂(ハードフォーク)の要因に関わっているとも言われています。

ビットコインは匿名性が高いがゆえのメリットとデメリットがある

ビットコインのメリットの1つとして匿名性が高く保たれているとくことがあります。

この匿名性のメリットは裏を返せば違法な行為を行う者に対しては都合のよいものであり、怖い犯罪目的として使われるというデメリットがあるということにもなります。

ビットコインを犯罪目的に使用される

日本ではそういった犯罪を取り締まる法律に基いて、仮想通貨取引所に口座を開設するような時には本人確認の認証を受けなければなりません。

しかしながら日本以外での仮想通貨取引所の中には本人確認を必要としないで口座開設をすることができるようなところもあり、犯罪を全て抑制させることは未だ出来ていない状態です。

投資家保護制度のようなものがないビットコインのデメリット

日本国内で仮想通貨取引所を開業しようとする時は金融庁からの許可が必要となります。

そして顧客から預かった資産をリスクなく安全に管理することも強く求められます。

しかし仮想通貨取引には、証券会社や銀行が適応している保護基金や保険制度のような顧客を保護するような制度が未だないというデメリットがあります。

仮想通貨取引には顧客を保護するような制度が未だない
つまり取引所へのハッキングや破産などによるビットコインに対する顧客保護が十分に行なわれるかどうかは取引所次第であるということです。




相場チャートのデメリットと課題

その他のビットコインにはまだまだ改善されるべきデメリットが様々にあります。

法的な整備がまだ行き届いていないビットコインのデメリット

日本はビットコインを含めた仮想通貨に対する法的な整備をいち早く進行させています。

2017年の4月には仮想通貨(ビットコイン)を資金決済法に基づき決済手段として認めました。

また2017年の12月には、国税庁により仮想通貨(ビットコイン)取引によって発生した利益(所得)に対する税金の課税方式の分類が雑所得に決定しました。

法律により規制の整備が整いつつありますが、まだまだ完全な整備が行き届いていない部分ビットコインのデメリットです。

ボラティリティの激しいビットコインのデメリット

ビットコインのチャートにおける価格変動は需要と供給の関係によって動きます。

価格変動を起こすこと自体はメリットと言えますが、その価格変動(ボラティリティ)が激しすぎることもデメリットになってしまいます。

関連記事:ボラティリティとは

例えばビットコイン初心者が投資参入した後にその購入したビットコインが暴落することによって大損失を出して失敗することがあります。

ボラティリティが激しいということは知見のない初心者にとってはデメリットと言えるでしょう。

またボラティリティの高さによるビットコインの価格の不安定が決済手段としての発展を妨げているというデメリットもあります。

例えば消費者と商店との間にビットコインの価格(価値)の不安定さが常に発生するのであれば、それは決済手段として使いにくいというデメリットになるからです。

一部の事業者がビットコインのマイニングを独占しているデメリット

ビットコインのマイニング(採掘)に関してもデメリットが存在します。

関連記事:マイニング入門
bitcoinマイニング

マイニングとはビットコインネットワークにおける取引の検証作業を行う報酬として得られるメリットがあります。

ビットコインが誕生して間もなくは、自宅にて自身のパソコンでいくらでもマイニングをすることが可能でした。

しかし2017年ごろからの急激な注目と人気によりビットコインのマニングは競争率が高まり、それ以降相当な設備投資をもってして挑まなければ報酬がえられない状況になりました。

それが原因で、とある一部の事業者によるマイニングが独占的な支配が生じているというデメリットがあります。




ビットコインの分裂はなぜ起こる?

次はビットコインにおける分裂(ハードフォーク)や、そのメリット・デメリットを説明します。

ビットコインは何度も分裂していく

ビットコインは何度も分裂(ハードフォーク)をくり返していき、今後も繰り返されます。

2017年の8月にはその分裂によりビットコインキャッシュ(BCH)が誕生しました。

そして同年の10月にはビットコインゴールド(BTG)が誕生しています。

さらにビットコインダイヤモンド、スーパービットコインなども誕生しています。

ビットコインが分裂する理由とは

ではビットコインはなぜ分裂を繰り返すのでしょうか。

例えば、わざと不正な取引の履歴を入れたブロックをチェーンとして繋げていくとします。

しかしその不正は直ぐに見つけられるのがブロックチェーンの技術であります。

関連記事:ブロックチェーンとは

つまり不正なブロックはつながっていかないと言うことになります。

しかしビットコインのデメリットに関する意見の食い違いなどによるものが原因で枝分かれしていくチェーン(繋がり)は、それぞれを支持する人々がそれぞれのチェーンを正式なものとして支持し続けることになります。

結果的に枝別れたそれぞれのチェーンが正式なものだとし分裂してしまうということになります。

これがハードフォークとなります。

そして新たにビットコインから分裂して誕生する仮想通貨のマイナーとしての利益を狙いながら、わざと分裂を仕掛ける人もいます。

さらには分裂のニュースだけを流して詐欺紛いのことをするケースもあるので注意をしておかなけれななりません。

ビットコインの分裂によるメリット・デメリット

ビットコイン分裂によるメリットもあります。

それは分裂(ハードフォーク)によって新たな仮想通貨が手に入るという可能性があるということです。

ビットコインキャッシュがハードフォークをした際にはたくさんの仮想通貨取引所にて無料での付与が実行されました。

ビットコインの分裂によって新たな仮想通貨を付与される

理論上ではハードフォークにより新たに誕生した仮想通貨の時価総額の分だけビットコインの時価総額が減ります。

しかし同時にビットコインの値上がりによりその減少した分がかき消されたような状態になり、分裂によりビットコインキャッシュによる資産をあわせて自己資産の増加をした人々も多くいました。

このメリットは飽くまで一例で、全てのハードフォークがこうなるとは限りませんが、分裂(ハードフォーク)にはメリットも含んでいるといえるでしょう。

デメリットとしては、ビットコインの発行量上限2100個という価値の損失リスクです。

ビットコインは分裂して新たな仮想通貨を生み出し続けるということによる概念が生まれてしまうという点がデメリットとして生じて、ビットコイン自体の有限価値が失われるということです。




課題が多いのは限りない将来性があるから

ビットコインには様々なメリット・デメリットがあります。

取引の増加に伴い処理速度の遅延が原因で分裂を余儀なくされていますし、投資家保護制度のようなものが未だきちんと整備されていないデメリットがあります。

また税金の規制、マイニングの独占、価格変動のボラティリティの激しさ、違法取引への利用などのデメリットもあります。

このように多くのデメリットがある理由は単純なものであります。

ビットコインの将来性とは

ビットコインは誕生して間もなく、これらのデメリットや課題は「ビットコインの将来」のために通るべき道だと考えなければなりません。

一見デメリットだけを理解しては印象は悪いものの、ビットコインには限りない将来性があります。

今は未だ地球上の数%の人にしか保有されていませんが、必ず私達の生活の中の1つのツールとして重宝されるものであると管理人は考えています。

50年に1度、100年に1度におとずれる革命が起きていると思います。

農業革命、産業革命、情報革命ときた次の革命として、ITと金融が融合された新たな革命ではないかと思います。

人類の文明に深く関る革命であるならば、今まさしく投機投資のチャンスが訪れていると思います。

ビットコインはまだまだ黎明期です。

実用化もまだまだ始まっている状態とはいえません。

おそらく2020年以降に大衆の多くの人々がその必需性に気づくことでしょう。

このサイトを訪れ、この記事を読んでいただけた人ならば理解していただけると思います。

そんな可能性のあるビットコインについての知見を深めて投機投資チャンスを逃さず共に成功しましょう。

ビットコインFXならBitMEXがおすすめ

因みに管理人はビットコインFXに取組みはじめて1年程が経ちました。

取引するFX会社として一番重宝しているのは最大100倍のハイレバレッジ取引のできるBitMEXです。

BitMEXは世界一の人気を誇るビットコインFX会社として、日本、韓国、欧米を始めとする世界中のトレーダーが挙って集結しています。

BTCを送って今すぐビットコインFXをはじめる

もし手持ちのBTCがあれば、それをBitMEXに送って今すぐビットコインFXができます。

その他BitMEXの詳しい内容はこちらをご覧ください。

関連記事:ビットコインFXするならBitMEX


Twitterでフォローしよう